「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

Tinker Tailor Soldier Spy (10)

原文:
In the same course of that same summer term, the boys paid Jim the compliment of a nickname. They had several shots before they were happy. They tried Trooper, which caught the bit of military in him, his occasional, quite harmless cursing and his solitary rambles in the Quantocks. All the same Trooper didn’t stick, so they tried Pirate and for a while Goulash. Goulash because of his taste for hot food, the smell of curries and onions and paprika that greeted them in warm puffs as they filed past the Dip on their way to Evensong. Goulash for his perfect French which was held to have a slushy quality. Spikely of Five B could imitate it to a hair: ‘You heard the question, Berger. What is Emile looking at?’ – a convulsive jerk of the right hand – ‘Don’t gawp at me, old boy, I’m not a juju man. Qu’ est-ce qu’il regarde, Emile, dans le tableau que tu as sous le nez? Mon cher Berger, if you do not very soon summon one lucid sentence of French, je te mettrai tout de suite a la porte, tu omprends, you beastly toad?
But these terrible threats were never carried out, neither in French nor English. In a quaint way, they actually added to the aura of gentleness which quickly surrounded him, a gentleness only possible in big men seen through the eyes of boys.
Yet Goulash did not satisfy them either. It lacked the hint of strength contained. It took no account of Jim’s passionate Englishness, which was the only subject where he could be relied on to waste time. Toad Spikely had only to venture one disparaging comment on the monarchy, extol the joys of some foreign country, preferably a hot one, for Jim to colour sharply and snap out a good three minutes’ worth on the privilege of being born an Englishman. He knew they were teasing him but he was unable not to rise. Often he ended his homily with rueful grin, and muttered references to red herrings and red marks too, and red faces when certain people would have to come in for extra work and miss their football. But England was his love; when it came down to it, no one suffered for her.
‘Best place in the whole damn world!’ he bellowed once. ‘Know why?’ Know why, toad?’
Spikely did not, so Jim seized a crayon and drew a globe. To the west, America, he said, full of greedy fools fouling up their inheritance. To the east, China-Russia, he drew no distinction: boiler suits, prison camps and a damn long march to nowhere. In the middle ...
Finally they hit on Rhino.

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。フランス語の部分は流石に翻訳されていません。

その同じ夏学期の同じコースで 少年たちはジムにあだ名の賛辞を送りました 気に入るまでには何度か試してみた。 トルーパーを試してみたが、これは彼の中にある軍人的な部分と、時折見せる無害な罵声、そしてクアントックスでの孤独な放浪を表現したものだった。 トルーパーは、同じようにはいかなかったので、彼らは海賊を試し、しばらくの間、Goulashを試してみました。 グーラッシュは熱いものが好きなので、カレーや玉ねぎ、パプリカの香りを嗅ぎながら、エベンソンに向かう途中のディップを通り過ぎたときに、温かいパフで迎えてくれた。 彼の完璧なフレンチのためのGoulashは、スラスラとした品質を持っていると開催されました。 ファイブBのスパイクリーは髪の毛まで真似できました。 エミールは何を見ているのか」-右手を痙攣させながら-「じろじろ見ないでくれよ、おやじさん、俺は魔法使いじゃないんだ。 Qu' est-ce qu'il regarde, Emile, dans le tableau que tu as sous le nez? Mon cher Berger, if you do not very soon summon one lucid sentence of French, je te mettrai tout de suite a la porte, tu omprends, you beastly toad?
しかし、これらの恐ろしい脅しは、フランス語でも英語でも、決して実行されませんでした。 それは、少年の目から見た大男にしかできない優しさだった。
しかし、グーラッシュも彼らを満足させなかった。 それは力強さのヒントを欠いていた。 ジムの情熱的な英語力も考慮に入れていなかった。 トード・スパイクリーは、王政を軽蔑するようなコメントをしたり、どこかの外国、できれば暑い国の喜びを褒めたりするだけで、ジムは色めき立って、イギリス人に生まれた特権について3分間の価値があることを口にしました。 ジムは、彼らが彼をからかっていることを知っていましたが、彼は立ち上がることができませんでした。 しばしば彼は悔しそうなニヤリとした表情で説教を終え、レッドニシンやレッドマークについても言及し、特定の人々が特別な仕事で出社しなければならず、サッカーを欠席しなければならないときには顔を真っ赤にすることを呟いていた。 しかし、イングランドは彼の愛だった。
"世界で最高の場所だ!"と彼は叫んだことがある。 "なぜかわかるか?" "なぜかわかるか?
ジムはクレヨンを握りしめて地球儀を描いた。 西にはアメリカ、遺産を汚す貪欲な愚か者でいっぱいだと彼は言った。 東には、中国とロシア、彼は区別せずに描いた:ボイラースーツ、収容所、どこにも行かずに長い行進をしている。 中央では...
最後に彼らはRhinoにヒットします。

解説:
In the same course(期間) of that same summer term, the boys paid Jim the compliment(賛辞) of a nickname.
■the boys paid Jim the compliment(賛辞) of a nickname:少年達はJimに敬意を表してあだなをつけた

They had several shots(試み) before they were happy.

They tried Trooper, which caught the bit of military in him, his occasional(たまの), quite harmless cursing(ののしること) and his solitary(ひとりだけの) rambles(逍遥) in the Quantocks(カントック丘陵).
■Trooper:trooper=騎兵、騎兵馬

All the same(にもかかわらず) Trooper didn’t stick(説得力がある), so they tried Pirate and for a while(しばらくの間) Goulash.
■Goulash:goulash=牛肉と野菜をパブリカで味付けしたハンガリー風のシチュー

Goulash because of his taste for hot food, the smell of curries and onions and paprika that greeted them in warm puffs(吸入) as they filed(1列で通りすぎる) past the Dip on their way to Evensong(英国国教の夕べの祈り). Goulash for his perfect French which was held(考える) to have a slushy(感傷的でくだらない) quality. Spikely of Five B could imitate it to a hair(寸分たがわず): ‘You heard the question, Berger. What is Emile(男の子の名前) looking at?’ – a convulsive(けいれん性の) jerk(急にぐいと引くこと) of the right hand – ‘Don’t gawp(ぽかんと口を開けて見る) at me, old boy, I’m not a juju(呪物) man.

Qu’ est-ce qu’il regarde, Emile, dans le tableau que tu as sous le nez? Mon cher Berger,
■What is he looking at, Emile, in the painting you have in front of you? My dear Berger, (www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳)

if you do not very soon summon(召集する) one lucid(わかりやすい) sentence of French, je te mettrai tout de suite a la porte, tu omprends, you beastly(野蛮な) toad(あわれなやつ)?
■je te mettrai tout de suite a la porte, tu omprends:I'll kick you out right away, you understand... (www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳)

But these terrible threats were never carried out, neither in French nor English. In a quaint(面白い) way, they actually added to the aura(雰囲気) of gentleness which quickly surrounded him, a gentleness only possible in big men seen through the eyes of boys.
Yet Goulash did not satisfy them either. It lacked the hint of strength contained. It took no account(考慮にいれていなかった) of Jim’s passionate Englishness(英国人らしさ), which was the only subject where he could be relied on to waste time. Toad Spikely had only to venture(危険を冒して試みる) one disparaging(けなす) comment on the monarchy(君主政治), extol(激賞する) the joys of some foreign country, preferably(もしできれば) a hot one, for Jim to colour sharply and snap out a good three minutes’ worth on the privilege(特権) of being born an Englishman. He knew they were teasing him but he was unable not to rise(怒る).

Often he ended his homily(お説教) with rueful(悲しそうな) grin, and muttered(をつぶやく) references(引用) to red herrings(ニシン) and red marks too, and red faces when certain people would have to come in for extra work and miss their football.
文字通り訳すと次の通りとなりますが、申し訳ありませんが、著者には解説不能です。
「多くの場合、彼は悲しそうな笑顔で彼のお説教の終わりを迎えました、そして彼は赤いニシンと赤いマークへの言及もつぶやきました、そしてある人々が余分な仕事のために入って来て彼らがラグビーを逃さなければならないときには赤い顔への言及もつぶやきました。」
red herrings / red mark / red faces とredが続いていることに何か意味があるのかも知れません。
red herringsには「something that distracts attention from the real issue」という意味もあります。

But England was his love(愛人); when it came down to it(イギリスの話になると), no one suffered(悩む) for her.
‘Best place in the whole damn world!’ he bellowed(といってどなる) once. ‘Know why?’ Know why, toad?’
Spikely did not, so Jim seized a crayon and drew a globe. To the west, America, he said, full of greedy(慾深い) fools fouling up(台なしにする) their inheritance(相続). To the east, China-Russia, he drew no distinction: boiler suits, prison camps and a damn long march to nowhere. In the middle ...

Finally they hit on(思いつく) Rhino.
■Rhino:rhino=サイ

春のうららの隅田川

滝廉太郎作曲の「花」ができたのは明治33年。作詞は、日本女子大学教授で歌人の武島羽衣(はごろも)が担当。その一番の歌詞は、

『春のうららの隅田川 のぼりくだりの舟人が
櫂のしづくも花と散る ながめを何にたとふべき』

「うらら」は「うららか」の意。「舟人が」の「が」は主格(主語を示す)ではなく。いわゆる連体格の「が」で、「舟人の(手にしている)櫂」の意。

実はこの歌詞には、どうやら『源氏物語』胡蝶巻が踏まえられているようなのです(私が大学受験の頃は、『源氏物語』の明石の巻までは必読でしたが、胡蝶巻は出てきませんでした)。胡蝶巻というのは、光源氏が築いた六条院の春の御殿が舞台となっています。その女主人である紫の上が龍頭鷁首(りゅうとうげきしゅ)=<船首にそれぞれ竜の頭と鷁(中国で、想像上の水鳥。白い大形の鳥で、風によく耐えて大空を飛ぶといわれ、船首にその形を置いて飾りとした>の二隻一対の船を池に浮かべて船楽を催し、そこに秋好中宮付きの女房を招待し、春のすばらしさをこれでもかと見せつける趣向になっています。見物にやってきた女房達はただもううっとりとして、本来はライバルであるはずの紫の上が住む春の御殿を讃える和歌を詠じてしまいます。

その最後の歌が、
『春の日のうららにさしていく船は 棹(さお)のしづくも花ぞ散りける』です。

一見しただけで、「花」の一番の歌詞と類似していることがわかります。

こいういのを本歌取(ほんかどり)というのだそうです。本歌取とは、歌学における和歌の作成技法の1つで、有名な古歌(本歌)の1句もしくは2句を自作に取り入れて作歌を行う方法。主に本歌を背景として用いることで奥行きを与えて表現効果の重層化を図る際に用いたのだそうです。盗作だと非難する人もいるようです。

Tinker Tailor Soldier Spy (9)

原文:
‘You’re a good watcher, anyway, I’ll tell you that for nothing, old boy. Us singles always are, no one to rely on, what? No one else spotted me. Gave me a real turn up there, parked on the horizon. Thought you were a juju man. Best watcher in the unit, Bill Roach is, I’ll bet. Long as he’s got his specs on. What?’
‘Yes,’ Roach agreed gratefully, ‘I am.’
‘Well, you stay here and watch then,’ Jim commanded, clapping the safari hat back on his head, ‘and I’ll slip outside and trim the legs. Do that?’
‘Yes, sir.’
‘Where’s damn marble?’
‘Here, sir.’
‘Call out when she moves, right? North, south, whichever way she rolls. Understand?
‘Yes, sir.’
‘Know which way’s north?’
‘That way,’ said Roach promptly and stuck out his arm at random.
‘Right. Well, you call when she rolls,’ Jim repeated and disappeared into the rain. A moment later Roach felt the ground swaying under his feet and heard another roar either of pain or anger, as Jim wrestled with an off-side prop.

DeepL 翻訳:今回は簡単なところで誤訳しています。

'どうせ見てても上手いんだから、何のために言ってんだよ、おっさん。 俺たち独身者はいつもそうだ、誰も頼る人がいない、え? 誰にも見られてない 地平線に車を停めていて 驚いたよ 呪術師かと思ったよ ビル・ローチが一番の監視員だろう。 彼のスペックが高ければな 何だって?
'そうだ。'ローチは喜んで同意した。
ジムはサファリハットを頭にかぶりながら命令した。「じゃあ、ここにいて見張ってろ。 いいな?
"そうします
"大理石はどこだ?
ここです
彼女が動いたら声をかけろ 北か南か どっちに転がってもだ わかったか?
"はい
'北はどっちだかわかるか?'
'あっちだ'とローチは素早く言って、適当に腕を出した。
'そうか そうか、彼女が転がったら電話してくれ」とジムは繰り返すと、雨の中に消えていった。 しばらくしてローチは足元で地面が揺れるのを感じ、ジムがオフサイドの支柱と格闘しているときに、痛みか怒りかの別の轟音を聞いた。

解説:
‘You’re a good watcher(監視人), anyway, I’ll tell you that for nothing, old boy.
■I’ll tell you:I can tell と同じ。I’ll tell you that for nothingは「私はそのことを何も求めずに告げることができる」の意。You’re a good watcher(監視人).という発言には下心はないといっているわけです。

Us singles always are, no one to rely on, what?
■Us singles always are:We singles are always a good watcher.

No one else spotted(見つける) me.

Gave me a real turn up there, parked on the horizon.
■Gave me a real turn up there:You gave me a real turn-up(予期しないできごと) thereと理解しました。
■parked on the horizon:thereの説明と理解しました。「水平線に接して囲まれている(のに)」⇒他の場所からは見えない。

Thought you were a juju(呪物) man.

Best watcher in the unit, Bill Roach is, I’ll bet.
■the unit:寮生活をしている集団を単一の集団としてみています。

Long as he’s got his specs(めがね) on. What?’
■Long as:As long as

‘Yes,’ Roach agreed gratefully(喜んで), ‘I am.’
‘Well, you stay here and watch then,’ Jim commanded, clapping(すばやく置く) the safari hat back on his head, ‘and I’ll slip outside(そっと外に出て) and trim(削って仕上げる) the legs. Do that?’
‘Yes, sir.’
‘Where’s damn marble?’
‘Here, sir.’
‘Call out(大声で叫ぶ) when she moves, right? North, south, whichever way she rolls. Understand?
‘Yes, sir.’
‘Know which way’s north?’
‘That way,’ said Roach promptly and stuck out(突き出す) his arm at random(でまかせに).
‘Right. Well, you call when she rolls,’ Jim repeated and disappeared into the rain. A moment later Roach felt the ground swaying under his feet and heard another roar(吠え声) either of pain or anger, as Jim wrestled(取り組む) with an off-side(反則の位置の) prop(支柱).
Archives
記事検索
livedoor プロフィール

eigoakahige

Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ