「happy」と「glad」

和英で「嬉しい」を引くと「happy」「glad」「pleased」「grateful」「delighted」等が表示されていますが、今回は「happy」と「glad」を取り上げます。

辞書によると、日本語で「・・・が嬉しい」「・・・して嬉しい」「喜んで・・・する」と言う場合には、両者はほぼ同じに使われ、「・・・して嬉しい」の構文では「happy」、「happy」は嬉しい原因・理由を言うときに用いることが多い、とあります。著者も「I’m happy.」と
「I’m glad.」との間には殆ど差を感じません。

「happy」
「happy」は、「偶然の幸運」が原義です。日本語では「幸せな」「嬉しい」「楽しい」「満足した」「幸運な」等が対応します。同じ「嬉しい」でも「glad」に比べると、持続性があるイメージとなります。それが上記の辞書の説明の裏側にあると考えられます。
I was happy to be praised.:私はほめられて嬉しかった
happy hour:サービスタイム

「glad」
「glad」は「その場で嬉しい」イメージで、主として叙述法で使われ、限定法で使われる場合には「一時的な喜び」に用いられますので「a happy year」は可ですが、「a glad year」は不可です。「幸せな結婚」は「a happy marriage」。また「人」には使えませんので「a happy man」は可ですが、「a glad man」は不可です。
I’m glad to meet you.:お会いできて嬉しいです。
We were glad at the news.:私たちはその知らせに喜んだ
She showed me a glad smile.:彼女は嬉しそうな笑顔をみせた

以上をもって「形容詞の意味の違い」シリーズを終了します。