本定番表現集の表示方法と使い方

音読の手助けのために、2音節以上の単語は、音節の切れ目を表示してありますので、まず音節で切って発音してみて下さい。次に、強勢(アクセント)のある音節が下線で表示してありますので、必ず他の音節に比べて相対的に強く発音して下さい。まず、単語レベルで自信を持って発音出来るようにして下さい。次に定番表現の音読に入りますが、英語では、代名詞・冠詞・be 動詞・have 動詞・助動詞・前置詞・文頭の there 等は、息の量を押さえて弱く読む傾向があり、名詞・動詞・形容詞・副詞等は強く読まれる傾向にあります。この定番表現集では、著者なら、普通こういう風に強弱をつけて、読むだろうなというもので表示しました(従って、最終的には、皆さんは皆さんのリズムでよいのです)。皆さんは下線のところを強く、他は弱く(下線のある音節で息の7−8割を使ってしまう)音読してみて下さい。次に、きちんと読めるようになったら、弱く読む音節が続いたら、自分の息が続く範囲で、これらの音節を一まとめにして読むようにして下さい。このやり方で何回も何回も音読して、自分のリズムで自然に言えるようになるまで練習して下さい。
尚、第1アクセントと第2アクセントがある語については、両方共下線で表示し第1アクセントの方の文字を太字にしてあります(米語発音によります)。これらの定番表現が使われる場面を、1つ1つ順に想像しながら、正しい音読を繰り返すことにより身につけて下さい

10。感嘆の気持ちを表わす時の表現
(01)なんとすばらしい
Won-der-ful!
How won-der-ful!

(02)なんてきれいなのでしょう
How love-ly!

(03)とっても素敵
How nice!

(04)なんておもしろいのでしょう
How in-ter-est-ing!
How ex-cit-ing!

(05)すごい
That's great!
That's fan-tas-tic!

(06)なんていい眺めなのでしょう
What a love-ly view!
Is-n't it a love-ly view?

(07)そのスーツとてもいいね。気にいったよ
What a nice dress! I real-ly like it.
That suit is ver-y nice. I real-ly like it.

(08)そのスーツとても似合いますね
You look ver-y nice in that suit.
That suit suits you ver-y well.

TOEICでも、suit[su:t] は、良く使われる単語です。

(09)よくやったね
You did a good job.
You did it!

両方とも、よく使われる便利な定番表現です。

(10)彼に大きな拍手を送りましょう
Let's give him a big hand.(TOEICでも、表彰・皆の前で感謝を表わす場面で
使われています)

(11)ほめていただいて有難う
Thank you for your com-pli-ment.

11。驚いた時の表現
(01)びっくりした
I'm sur-prised!
What a sur-prise!

結婚記念パーテイ等を、当事者に事前には言わないでやるのを a sur-prise par-tyと言います。

(02)その知らせを聞いてびっくりしました
I was sur-prised at the news.
I was sur-prised to hear the news.

(03)おどろかせないで
Don't scare me.
You scared me.
You fright-ened me.

(04)まさかそんなことないでしょう
It can't be true.
I can't be-lieve it.
It's in-cred-i-ble.
It's un-be- liv -a-ble.

(05)ご冗談でしょう
You must be jok-ing.

(06)おや、おや
Well, well, well!
Oh, my!
Oh my good-ness!

映画等を観ているとよく使われていますが、我々が適切に使うのはなかなか難しいので、ヒアリング用として覚えて下さい。