「It’s time …(・・・する時間だ)」の「…」のところには
不定詞
「for +目的語+不定詞」
「主語+仮定法過去」を続けることが出来ます。

It’s time to start. (もう出かける時間です)
It’s time for us to start. ([我々は]もう出かける時間です)
It’s time we went. (もう出かける時間です)
It’s time we were leaving. (もう出かけている時間です)

と△蓮屬舛腓Δ匹修了間になった」という含みですがは「もうその時間は少し過ぎている」という含みです。は仮定法過去ですので「もう当然・・・するときなのに(実際はまだしていない)」と考えることもできますが、真のメッセージは「助言」です(It is time you bought a new coat. 君も新しいコートを買っていいころだね )。

「It’s time we taught him a lesson.」は「彼を懲らしめてもいいころだ」のイメージになります。

些細なことですが「It is time you bought a new coat.」を間接話法にする場合は「He said it was time I had bought a new coat.」ではなく「He said it was time I bought a new coat.」となります。英語の時制に関する文法は「事実」を述べる場合にのみ適用され「仮定」には適用されません。