ヨハネが訪れてきたイエスに畏れながらも洗礼を授けたことは前に書きました。イエスが洗礼を受けて水の中から上がると、神の霊が鳩のように自分の上に降ってくるのを見ます。その時「Then a voice said from heaven, “This is my own dear Son, with whom I am pleased.(「『これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者』という声が天から聞こえて来ました。」

それから、イエスは「霊」に導かれて悪魔の住処といわれるユダの荒野に行きます。ユダの荒野は死海の西に広がる荒涼とした砂漠地帯ですが、その多くに緑が見られ1年のある時期には放牧も可能な地帯だったようです。

そこで悪魔の誘惑を受け、ことごとく聖書の言葉を引用して退けます。「40」日間の絶食の後です。最後の場面は手塚治虫の「ファウスト」にも出てきます。

“If you are God’s son, order these stones to turn into bread.(「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ」)” → “The scripture(聖書)says, ‘Human beings cannot live on bread alone, but need every word that God speaks.(「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」’”

それから悪魔はイエスをエルサレムに連れて行き、神殿の屋根の端に立たせます。

“If you are God’s son, throw yourself down, for the scripture says, ‘God will give orders to his angels about you; they will hold you up with their hands, so that not even your feet will be hurt on the stones.(「神の子なら、飛び降りたらどうだ。『神があなたのために天使たちに命じると、あなたの足が石に打ち当たることのないように、天使たちは手であなたを支える』と書いてある」)” → “But the scripture also says, ‘Do not put the Lord your God to the test.(「『あなたの神である主を試してはならない』とも書いてある」)

最後に悪魔はイエスを非常に高い山に連れて行き、世の全ての国々の繁栄ぶりをみせて言います。

“All this I will give you, the Devil said, “if you kneel down and worship(拝む)me.”(もし、ひれ伏してわたしを拝むなら、これをみんな与えよう)→”Go away, Satan! The scripture says, ‘Worship the Lord your God and serve only him!’”(「『退け、サタン。あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある。」

ここで悪魔は遂に退散したのです。