[57] エンパワーメント

日本では「権限移譲」と訳されています。

動詞は「エンパワー(empower)」で『「em-(・・・を与える)」+「power(力、能力、権限」』で「(人)に[・・・する]権限(機能、能力)を与える」「(少数派集団など)に政治権力(自立心)を与える」「(従業員)に自由裁量権を与える」の意になります。
The police are empowered to search any suspicious person.(警察はどんな容疑者にも所持品検査をする権限を与えられている)。他の語に置き替えるなら「authorize」です。

[58] キャリア

日本語では「キャリアを積む」とか「(公務員について)彼はキャリア組だ」のように使われています。

英語の「キャリア(career)」は「(一生の)経歴、生涯、履歴」の意で「have a long career in politics(政治家として長い経歴がある)」「She started her career as an actress.(彼女は女優として人生のスタートを切った)」のように使われます。「career woman」は「(生涯の職を持つ)職業婦人」の意。

「職業的な、専門職の」意で形容詞的にも使われます。「a career military man」は「職業軍人」の意です。ですから日本語の「(公務員について)彼はキャリア組だ」が持つ「エリート」のイメージはないと思って下さい。人を紹介するような場合は気をつけた方がよいでしょう。

同じ「キャリア」でも「carrier」は「運ぶ人」「運送屋」の意です。但し「キャリア(career)」は後ろにアクセントがあるのに対し「carrier」は前にアクセントがあります。