色々な「American English Idiom」。

(92) If the shoe fits, wear it.
直訳は「その靴が合うなら、それを履きなさい」で、米では「その評言が思い当たるなら自分のことをさしていると思え」の意になります。「If you feel that a remark applies to you, you should accept it and take it as a warning or criticism.」

「shoe」を使った成句。
「as comfortable as an old shoe」は「付き合いやすい」
「drop the other shoe」は「やりかけたことを終わらせる」
「in …’s shoes」は「・・・に代わって、・・・の立場に身を置いて」
「put the shoe on the right foot」は「責めるべき人を責める、ほめるべき人をほめる」
「step into …’s shoes」は「・・・の後がまに座る」
「wear cement shoes」は「犯罪組織によって水に沈められる」

(93) Different strokes for different folks.
直訳は「異なる人々のために異なるストローク」ですが「人それぞれ」の意のことわざです。以下も同じようなことわざです。
Every man has his humor.
Several men, several minds.
So many men, so many minds.
There is no accounting for tastes.

(94) bark worse than one’s bite
直接的なイメージは「噛みつくことよりもひどいほえる声」で「見かけほど気性は悪くない」の意で使われます。よく吠えるが噛みつかない犬が由来。「not as bad-tempered as one appears」。

Don't get upset at anything my father says. His bark is worse than his bite. (私の父の言うことに気を悪くしないで下さい。見かけほどは気性は悪くないのです)