色々な「American English Idiom」。

(95) one’s eyes are bigger than one’s stomach.
直訳は「目は胃よりも大きい」ですが「欲張って食べすぎる」の意で使われます。(take more food than one can eat)。

I can't eat all this. I'm afraid that my eyes were bigger than my stomach. (これ全部は食べられない。欲張って食べすぎてしまった)

「stomach」を使った成句。
「have no stomach for doing …」は「・・・したくない」
「make …’s stomach turn」は「・・・の気分を悪くする」
「sick to one’s stomach」は「憤慨して」
「stay one’s stomach」は「一時空腹を押さえる」
「find … hard to stomach」は「・・・を許せない」

(96) put one’s money where one’s mouth is
直訳は「口があるところにお金を置く」ですが「行動で自分の言ったことを裏打ちする」の意で使われます。「support your statements, brags, opinions, etc, with something tangible」。

I won’t believe he’s leaving until he puts his money where his mouth is and goes away. (彼が行動で示して行ってしまうまでは彼が立ち去るということを決して信じない)

(97) The early bird catches the worm.
文字通りの意味は「早めの鳥は虫を捕まえる」ですが「朝起きは三文の徳」「先んずれば人を制す」の意で使われます。「If you wake up and get to work early, you will succeed.」「First come, first served.」

If you see a job that interests you, apply as soon as possible. The early bird catches the worm.(興味のある仕事を見つけたら、出来るだけ早く応募しなさい。先んずれば人を制す)。

「a worm in the apple」は「(徐々に全体をだめにする)キズ、欠点」
「have worms for breakfast」は「じっと座っていられない」