中学と高校の教科書を発行する大修館書店(東京都文京区)が3〜4月、昨年度に自社の英語教科書を採択した5都県の公私立高校14校に、英語の問題集を無料で提供していたことがわかった。同社の鈴木一行社長は今月8日、文部科学省に概要を報告。文科省は「採択へのお礼ととられかねない」として、同社に詳細の調査と報告を求めた

教科書会社40社でつくる教科書協会は、自主ルールで学校など採択関係者への教材提供を禁じている。鈴木社長は同協会会長。馳浩文科相は10日の閣議後記者会見で「明確なルール違反」と指摘。高校教科書の出版社を対象に、採択に疑念が生じるような行為がないかを調査する方針を示した(その後の調査で、問題集提供は5万6千冊、無償で4年間、165校が対象だったことが判明。文科省は他の教科書会社にも調査を指示した)。

大修館書店や文科省によると、同社は3〜4月、英単語や英文法のドリルを東京、神奈川、埼玉、茨城、新潟の各都県の公私立高校14校に無料で配った。少なくとも計約1500冊で約40万円相当という。公立高の場合、各校が希望する教科書を教育委員会が選ぶ形が多く、配布先の高校はいずれも昨年度に、今年度から使う教科書として同社版を採択した。鈴木社長は文科省に「(来年度から内容を改訂する)ドリルの在庫が残っていたので渡してしまった」と説明したという。

著者は「教科書会社40社でつくる教科書協会は、自主ルールで学校など採択関係者への教材提供を禁じている。」という部分に違和感を覚えます。英語の教科書について言えば、教科書本体と英単語や英文法のドリルなどが一体となって初めて「効率的に」教えることが出来ます。教科書本体の英文本体は、著者は中学校の教科書をタイプし直したことがありますが、A4でたったの2−3枚のものです。大部分が綺麗な色の絵や写真です。

先生の立場から言えば、非常に忙しいので英単語や英文法のドリルは大変ありがたいと思います(何せプロが作るものですから平均的には先生方が作るものより質が良いハズです)。

更に、英語が得意ではない先生にとっては「発音」と「ヒアリング」を効率的に教えることが出来る「先生のマニュアル」と「ドリル」があれば重宝すると思います。結果として生徒は「良い授業」が受けられるハズです。

「この教科書を採用してくれたら・・・をおまけにお付けします」と最初から宣言して売り込み合戦をしたら、日本の英語教育も飛躍的にレベルが上がると思います(その結果英語の教科書の会社は淘汰されるとは思いますが、それは公益のために仕方がないことだと割り切るべきです)。英語の教科書の世界にも「競争」の原理を持ち込んだ方が先生・生徒のためになると思いますが、みなさんはどのように思われますか。