“little ones” は「子供たち」の意。
“How are your little ones?” のように状況がハッキリしてしていれば使えると思いますが、極めてマイナーな使い方だと思います。著者が持っている辞書には書いてありません。 “the Holy One” は「神」。 “one” は主語で使えば「人」の意になります。
“one after the other” は二つのものの交代を意味し、 “one after another” はいくつもの連続を意味する。
The elephant raised up and set down one of his great forefeet after the other. (象はその大きな前足をかわるがわる上げたりおろしたりした)
One after another all his plans have failed.(彼の計画は相ついいでみな失敗に帰した)
これは「the other」が「特定された単数」であること、「another」は「不特定の単数」であることを考えれば、理屈の通った意味であることが分かります。
“some” は数詞に結びついて「およそ(about)」 の意を表す。
There are some 1,500 students.(生徒がおよそ1500人もいます)
“a fair number of”(かなり多数)の意味に “some few” を用いることがある。
There are some few foreigners present.(外人もかなり出席した)
“a fair number of”を「かなり多数」と訳してありますが必ずしも「多数」とは限りません。「相当数の」の方が近いと思います。“some few …”は「少数の・・・、いくつかの」「相当数の」日本語が対応します。
“some” が単数普通名詞に伴う場合がある。
I want some book to read. (何か読む本が欲しい)
I will take you some day. (いつかそこへ連れて行こう)⇒「someday」も同じです。
“He works for some newspaper in Tokyo.” は「彼は東京のある新聞社に勤めている」