4月15日の日経朝刊に次のような記事が出ていました。

小泉元首相が森友学園問題に関して「安倍首相が『妻や私が関係していたら首相、議員をやめる』と話した。あれに端を発している」と語った。
森友学園が建設を目指した小学校の名誉校長に安倍昭恵首相夫人が一時就任した点に触れ「なぜ関係ないと言えるのか。言い訳しているような状況だ」と述べた。

そこで「関係」という言葉をネットで調べてみると次のように出ています。

[名](スル)
1 二つ以上の物事が互いにかかわり合うこと。また、そのかかわり合い。「前後の関係から判断する」「事件に関係する」
2 あるものが他に対して影響力をもっていること。また、その影響。「気圧の関係で耳鳴りがする」「国の将来に関係する問題」
3 人と人との間柄。また、縁故。「あの人とはどういう関係ですか」「友好関係を結ぶ」「父親の関係で入社する」
4 男女間の性的交渉。また、それをもつこと。「妻子のある男性と関係する」
5 (他の名詞の下に付いて)その方面。そういう領域。「音楽関係の仕事」「アウトドア関係の雑誌」

文脈から判断して、お二人とも上記1の意味で使っているものと考えます。しかし、安倍首相は「森友学園が建設を目指した小学校の名誉校長に安倍明恵首相夫人が一時就任したこと」だけでは「関係したことにはならない」との論理としか受け取れない(即ち、敢えて言語的に意味を通そうとすると上記の2の意味で使っているとしか解釈できません)、小泉元首相は「何故そのようなことが言えるのか」という立場です。

安倍首相の論理は「奥さんに浮気がばれた」ときの例の男の言い訳(「一緒に寝たが未だ・・・」)に似ているようにも見えます。例え上記の2の意味で使ったと強弁しても、昭恵さんは首相夫人であり、名誉校長に就任していた事実を森友学園と交渉していた近畿財務局の担当者は知っていたわけですから、それだけで「他に対して影響力をもっている」と考えるのが一般人の感覚です。上記の3の意味でもアウト。国民がバカにされていると感じても不思議ではありません。今になって思えば、確かに小泉元首相が言うように『妻や私が関係していたら首相、議員をやめる』と何故不用意に言ってしまったのか凡そ政治家の発言としては理解に苦しみます。