「パネラー」は「パネリスト」と並行して使われているようです。「パネラー」は本来「パネルを取り付ける人」の意ですが「パネリスト」より「短くて」「使い易い」から使われるようになったものと思います。その意味で「ナイター」「OL」等と同じ範疇に属する「和製英語」です。この「和製英語」には次のような背景があるものと思います。

■掲げられたテーマについて、異なる意見を持った複数(3人以上)の討論者によって行われる公開討議のことを英語では「panel discussion」といいます。

■名詞に「-ist」をつけると「・・・する人」の意になります(cyclist/lobbyist/guitarist等)。

■動詞に「-er」をつけると「・・・する人・物」の意になります(player/speaker/burner等)。