日本語でも「フィールド競技」とか「インフィールド・フライ」という言葉はよく耳にします。

「陸上競技」は「track and field」といいますが「走る」ところは「track」で、その「track」に囲まれた内側が「field」です。「インフィールド・フライ」の「インフィールド(infield)」は「内野」のこと、外野は「outfield」。「農家の周辺の畑、耕地」は「(infield)」、「農家から離れたところにある畑、土地」は「outfield」。

「field」は「広々とした野原」の意の他、「垣・溝などで仕切られた畑、田、牧草地」を意味します。後者はフェンス等で「仕切られた」イメージがあります。このイメージを応用して「flying field」は「飛ぶための地面」⇒「小飛行場」、「landing field」は「発着場」の意になります。

「研究などの分野、領域」も「field」ですが「境界」を伴ったイメージです。

米では「囲いのない放牧場」は「range」といいます。ゴルフの「打放し練習場」のことを「driving range」といいますが、本来は「囲い」のない、だだっ広い野原がイメージされます。日本では「鳥かご」式の「打放し練習場」もありますが「driving range」本来のイメージではありません。

「range」は動詞で「歩き回る」の意がありますが「Texas Ranger」は昔の「テキサス州の騎馬パトロール隊」のことです。西部劇によく出てきます。