「post」には色々な意味がありますが、発音は「ポウスト」と「二重母音」です。日本人が区別するのが難しい発音の1つです。というのは「エイ、エイ、オウ」という掛け声以外に日本語では「二重母音」を使わないからです。「サラダボール」は「サラダで出来たボール」の意味になってしまいます。「サラダボウル」と発音して下さい。

昔「電信柱が高いのも郵便ポストが赤いのもみんな私が悪いのよ」という台詞が流行ったことがありましたが「電信柱」は「post」です(語源は「側柱」)。日本に最初にポストができたのは、今から約150年前の1871年。このころは、まだポストは木で作られており、今のように赤い色はしていませんでした。つまり、ポストは最初から赤かったわけではなかったのです。ポストが赤くなったのは1908年。この年はじめて鉄でできた赤い郵便ポストが町に置かれました。このとき郵便ポストを赤くぬった理由は、赤が一番目につくからだったということのようです(イギリスの郵便ポストは赤色ですので、これを真似たという説もあるようです)。アメリカの郵便ポストは青です。「郵便ポスト」は「mailbox」。サッカーの「ゴールポスト」は「post/goalpost」。

「post」には語源が「置かれた場所」の意から発展した「地位」の意もあります。

葉書は「post card」ですが、この「post」は「郵便」の意。

「post」はラテン語で「・・・のあとで」を意味し、最近は「ポスト5G」のようにも使われています。午後11時は「11 p.m.」ですが「post meridiem」の略です(「午前」は「ante meridium」。「anticipate」は「ante」の同族語)。「postwar」は「戦後の」。