最近の文科省を巻き込んだ汚職事件に「コンサルティング会社」の役員が絡んでいるようです。

「consulting」は「consult」に「ing」がついたものです。

「consult」は「(人が)専門家・権威者に意見を求める、助言・情報を求める」が基本的な意味です。「コンサルティング会社」は「助言・情報を求める」人にそれを提供する会社です。会社ではなくて個人を指す場合は「コンサルタント」です。著者は「language consultant」を名乗っています。

医者も専門家の一種ですから「医者に意見を求める、助言・情報を求める」場合には「診察して貰う」意になります。「consult a doctor」で「医者に診てもらう」。

辞書とか本も専門家・権威者が執筆したものですので「consult」が使えます。「consult a dictionary」は「辞書で調べる、辞書を引く」の意。

専門家・権威者ではなく、対等の人・同僚に意見を求める、助言・情報を求める場合には日本語では「相談する、協議する、話し合う」の意になります。「consult with a friend about a matter of study」は「勉強のことで友人に相談する」。

似たような語で「consul」がありますが、こちらは「領事」の意。「領事館」は「consular office」。