「ワーク」という言葉は「チームワーク」とか「ワークショップ」或いは「ワークシェアリング」のように日本語でもよく使われています。

「work」を英和辞書で調べてみると、最初に出てくる訳語は「仕事」です。

この「仕事」を和英辞書で引くと「work」「job」「task」「business」が挙げられています。「work」は「会社の仕事以外にも片付けのように自発的に行うもの」も含みます。「遊び」に対するものと言っていいでしょう。「He’s working.」と言ったら「彼は遊んでいないで何かやっている」イメージになります。「job」は「対価を貰って働く仕事」のイメージです。「What’s your job?」は「あなたのお仕事は何ですか?」の意。「I’m an engineer.」のような返事が帰ってきます。「task」は「やらなくてはならないこと」のイメージ。「business」は「自分の経営している仕事・商売」のイメージですので「What’s your business?」なら「業種」を尋ねられている感じがします。

「仕事」を「職業」の意味で捉えるならば「occupation」「job」「profession」「career」等も同じような意味になります。

「チームワーク」は「チームでの仕事」⇒「チームワーク、共同作業、協力」の意になります。「ワークショップ」は「仕事場、小さな工場(factory に対比されます)」「小規模の研究会、勉強会」「工作室」の意。

米では「労働組合」を「labor union」といいますが、これはアメリカの労働組合結成の歴史を踏まえた表現だと思います。即ち、アメリカでは労働者が資本家に「こき使われた」歴史があり、力の弱い「labor(労働者階級)」が「団結(union)」して出来たたという経緯があるためだと思います。日本の「労働組合」には「workers’ union」の方がピッタリだと思います。

この「work」は動詞でも使えますが、「うまくいく」「作用する」「(薬などが)効く」という使い方を覚えておくと便利です。
This method is sure to work well. (この方法はきっとうまくいく)
These pills will work on you. (この薬はあなたに効くでしょう)
Will this work? (これで旨くいく?)