私の好きな歌の1つに「アメージング・グレース」があります。

『作詞者はジョン・ニュートン (John Newton,1725–1807)。作曲者は不詳。アイルランドかスコットランドの民謡を掛け合わせて作られたとしたり、19世紀に南部アメリカで作られたとするなど、諸説がある。
ジョン・ニュートンは1725年、イギリスに生まれた。母親は幼いニュートンに聖書を読んで聞かせるなど敬虔なクリスチャンだったが、ニュートンが7歳の時に亡くなった。成長したニュートンは、商船の指揮官であった父に付いて船乗りとなったが、さまざまな船を渡り歩くうちに黒人奴隷を輸送するいわゆる「奴隷貿易」に携わり富を得るようになった。
当時奴隷として拉致された黒人への扱いは家畜以下であり、輸送に用いられる船内の衛生環境は劣悪であった。このため多くの者が輸送先に到着する前に感染症や脱水症状、栄養失調などの原因で死亡したといわれる。
ニュートンもまたこのような扱いを拉致してきた黒人に対して当然のように行っていたが、1748年5月10日、彼が22歳の時に転機は訪れた。イングランドへ蜜蠟を輸送中、船が嵐に遭い浸水、転覆の危険に陥ったのである。今にも海に呑まれそうな船の中で、彼は必死に神に祈った。敬虔なクリスチャンの母を持ちながら、彼が心の底から神に祈ったのはこの時が初めてだったという。すると流出していた貨物が船倉の穴を塞いで浸水が弱まり、船は運よく難を逃れたのである。ニュートンはこの日を精神的転機とし、それ以降、酒や賭け事、不謹慎な行いを控え、聖書や宗教的書物を読むようになった。また、彼は奴隷に対しそれまでになかった同情を感じるようにもなったが、その後の6年間も依然として奴隷貿易に従事し続けた。のちに、真の改悛を迎えるにはさらに多くの時間と出来事が必要だったと彼は語っている。
1755年、ニュートンは病気を理由に船を降り、勉学と多額の献金を重ねて牧師となった。そして1772年、「アメイジング・グレイス」が作詞された。歌詞中では、黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨と、それにも拘らず赦しを与えた神の愛に対する感謝が歌われている。
この曲のほかにも、彼はいくつかの賛美歌を遺している。』(ウイッキペデイア)

上記のウイッキペデイアでは「黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨と、それにも拘らず赦しを与えた神の愛に対する感謝が歌われている」という解説には、多分、宗教専門家からは異論が出ると思います。凡そ、長年生きながらえてきた宗教に「過去に悪いことをしたから神は許してくれない」という「因果応報的な思想」はありません。

「歌詞」の最初の部分は以下の通りですが、注目すべき「私のようなwretchを救った」「私はかってlostであったが今はfoundされている」「blindであったが今はI see」という部分です。「wretch」という言葉の語源は「国外追放された人」を意味しました。英和辞典では「気の毒な人」「見下げはてたやつ」の訳語が当てられていますが、この歌詞の中では「(人間社会の基準からではなく神の国の基準ではwretch」と解釈すべきです。語源の「国外追放された人」も「神の教えに背いたので国外追放された人」の意であったと推察します。そうすると「found」は「found by God」であることが理解できます。神は人を見捨てることは決してありません。「Was blind but now I see」は、そのことが分かったということです。

「黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨」も「黒人奴隷貿易は神の目から見れば『悪いこと』だと悟った」ので「懺悔」していると解釈すべきでしょう。この歌詞は「信仰告白」の歌です。

Amazing grace how sweet the sound
That saved a wretch like me.
I once was lost but now am found,
Was blind but now I see.