人の性格・特徴は個人差が大きいので「アメリカ人は・・・」「日本人は・・・」という割り切り方は危険ですが、今世間を騒がしているカルロス・ゴーンはレバノン人ですので、彼に関するニュースの理解度を深めるために「レバノン人」についてネットで調べてみました。

(1)レバノン人ってどんな人々?
レバノンは中東に属しており、95%はアラブ人です。公用語はアラビア語ですが、レバノンはフランスの統治を受けていた時代もあり、フランス語は教育・商業活動・テレビなどでも日常的に触れられるものとなっており中東に位置していながらフランス語圏です。
さらにアルメニア語、ギリシャ語、クルド語なども話されており、多くの国民が3か国語以上(英語を話す国民も多い)話せるのが一般的です。カルロス・ゴーンもレバノン人の例にもれず、アラビア語・フランス語・英語・スペイン語・ポルトガル語の5言語を話します。
人口は400万人ほどで、日本の四国の人口をやや上回る程度です。そのうちのおよそ55%がイスラム教徒、40%がキリスト教徒、残りのおよそ5%ではユダヤ教徒が多くを占めているようです。

(2)レバノン人の性格・特徴
 複数言語を話せる
レバノン人をはじめアラブ人は複数の言語を話せることが多いです。レバノンは中東の国土の小さな国であるため、自国以外の言語も必要なようです。
◆美男美女が多い
中東の人は彫りが深く、アジアと西洋が融合したような顔立ちで、日本人からすると美男美女だらけに見えることもあるでしょう。レバノン人も例にもれず、美男美女が多いといわれることがしばしばあります。
レバノンは古代より貿易の要所として栄え、地中海に面していますし、海・陸両側から様々な民族が流入してきました。それにより、あらゆる民族の血が混ざってきたので、それも現在の美男美女の理由に繋がっているのでしょう。
:祖国喪失者がいる
レバノン人は世界各地に離散しています。各地で2世3世と、暮らしが根付いており、レバノン人であるという事実を持ちながら、母国には暮らしておらず、祖国喪失感を持っている方が多いようです。その複雑な過去を隠すためか、反面、陽気な方が多いという話もよく聞かれます。
ぁД咼献優江綣
レバノン人は古代より商売上手です。レバノンの国旗にはレバノン杉が描かれていますが、杉は古代、船の材料として用いられており、この国旗は交易が活発だったことを表していると言えます。
レバノンは古代より、土地が貧しく、農業に向いた土ではありませんでしたが、西は地中海に面しており、交易により繁栄することに成功しました。
その商売のセンスは古来磨かれたものなのか、非常に優れており、1900年年代、内戦が始まる前までは首都ベイルートは「中東のパリ」と呼ばれ、交易の中心地でした。
ァ知能レベルが高い
商売上手と繋がる部分でもありますが、レバノン人は知能レベルが高いといえるでしょう。レバノン出身の世界的有名人は経済などの点で優れた成果を多く見せています。

(3)レバノン人は世界中に点在している?
レバノン国内在住のレバノン人は400万人程度ですが、ブラジルにはなんと1000万人近くのレバノン人が暮らしており、世界各国に暮らすレバノン人を合わせると、国内人口を遥かに上回る数が海外居住しています。
このレバノン人離散のことを『ディアスポラ』と呼び、その原因は、紛争などにあり、昔からアメリカ大陸、ヨーロッパ、アフリカなど世界中に離散しているのです。
しかし、前述したようにレバノン人は非常に優秀でビジネスの面で優れた成果を見せている方がたくさんいます。ディアスポラで世界各国に離散した分、レバノン人は世界中に影響を与えているともいえるでしょう。
逆に国内にはレバノン人以外の人もかなり流入しています。中東は情勢不安定がしばらく続いており、総勢100万人ともいわれるシリア難民が流れ込んできました。
もちろんレバノンに来たのはその一部ですが、やはりそれは大量といえる人口で、難民流入によりレバノンの人口は一時的に10%も増えたことがありました。

(4)レバノン人は世界中で活躍している
人口は400万人ほどで、日本の四国をやや上回る程度で、1人当たりGDPもおよそ1万ドルと、日本の25%に満たない程度です。しかし、世界中にレバノン人は点在しており、今後意識してニュースを見ると、案外身近なテーマにレバノン人は関わっているかもしれません。

上記を読んで、著者の頭の中では、カルロス・ゴーンが「悪知恵」を働かせた中東舞台、豪華ヨットを乗り回した地中海、豪華な邸宅を日産の金で買わせたブラジル(ポルトガル語)、息子がアメリカで事業をやっていることなどがつながってきました。