著者は最近 Amazon の prime 会員になった。昨年、家内が脳梗塞になり効き腕の右が不自由で1人では普段の買い物に行けなくなってしまった。生協を活用して宅配してもらっているが、生協では購入できないものもある。そこでインターネットによる購入が増えた為、配送料を節約するのが目的。prime 会員になると映画・テレビドラマが無料で観ることが出来る。時間つぶしに時々視聴している。今、『沈まぬ太陽』(WOWOW)を鑑賞中。

『沈まぬ太陽』は、1995年から1999年に週刊新潮で連載された山崎豊子による3編に亘る長編小説である。日本航空と、実在する同社社員で同社の労働組合役員である人物の体験に基づいて脚色、再構成されたフィクション社会派作品 。単行本・文庫本は700万部を売り上げ、2009年には、映画化された。さらに2016年、WOWOWにてテレビドラマ化された。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

作品概要
日本のナショナル・フラッグ・キャリアである国民航空の社員で同社の労働組合委員長を務めた恩地元と彼を取り巻く人々の描写を通して、人の生命にかかわる航空会社の社会倫理を表現した作品。日本航空とその元社員である小倉寛太郎、単独機の事故として史上最悪の死者を出した日本航空123便墜落事故(御巣鷹山に墜落)などがモデルとされている。実在の複数の人物が登場人物のモデルとなったとの推測があるが、山崎豊子は公式には認めていない。

本作は、<アフリカ篇><御巣鷹山篇><会長室篇>の3編からなる。著者は現時点では<アフリカ篇>のみ鑑賞済み。

<アフリカ篇>
作中の現在は1971年(昭和46年)11月13日午後(ケニア時間)より。
国民航空ナイロビ(ケニアの首都)営業所に勤務する恩地を中心に物語は進行する。国民航空の労働組合委員長として経営陣と対立した結果、カラチ、テヘラン、そしてナイロビの足掛け8年に亘る「現在の流刑」にも等しい左遷人事に耐える中で、母親と死別し、家族と別れることになった経緯と作中の現在に至るまでが、回想形式で描かれる。一方、大学の同輩であり組合の副委員長として恩地を蔭ながら支えてきた行天四郎は、堂本常務の言葉によって恩地と袂を別ち、出世街道を歩むこととなる。

カラチ(パキスタン)、テヘラン(イラン)、そしてナイロビは何れも日本企業が多く進出していた場所でもある。日本のナショナル・フラッグ・キャリアである国民航空とは現在の「JAL」。著者も始めて渡米した1968年(昭和43年)も勿論羽田からJALだった。帰国時、空港に行ってみると、荷物が制限重量を大幅に超過していた。JALは規定通り制限オーバーの部分について支払えと譲らなかった(超過1キロにつき1等航空運賃の3%!!)。ナショナル・フラッグ・キャリアとしての矜持だったのであろう。仕方なく、あるアメリカの飛行機会社と空港のカウンターで交渉したところ、こちらは異常に「flexible」で、「目をつぶる」ということだったのでJALのカウンターで航空券に「endorse」してもらってアメリカの飛行機で帰ってきた。

当時JALのスチュワーデスといえば「高嶺の花」的存在だったが、アメリカの国内便に乗って日米の落差にビックリした記憶がある。ドラマの中でもスチュワーデスが待遇に嘆く場面が出てくる。

著者が海外人事課長の時には、英語が不得手な人が海外出張する際には「英語で困ったら飛行場のJALのカウンターに行け」とアドバイスした。「JAL」の「地位」は高かったのである。

<アフリカ篇>で日本からの出張者を迎えて現地で働く日本人社員全員と食事を共にする場面では昔の何とも言えない様々な記憶が甦った。一言で言えば、当時の大半の駐在員は「孤独」と「様々な思い」を抱えつつ戦っていた企業戦士だったのである。