sort of

Well, I suppose that sort of clinches it. (Kazuo Ishiguro : When We Were Orphans)
この文で出くわした時、著者は一瞬「that sort of clinches」で1塊りの意味になると考えました。That’s just the sort of thing I want.(そういったものがちょうど欲しい)的な文をイメージしてしまいました。しかし、その後で「it」ですから変です。

英辞郎には次のように解説してあります。
〈話〉多少、いくらか、幾分、ある程度、やや、少し、ちょっと◆【用法】動詞・形容詞の前に置かれる
・I sort of dislike those guys. : あの連中はあまり好きじゃない。
・I'm sort of tired. : ちょっと疲れた。
・He sort of got it right. : 彼は、ある意味ではそれを正しく理解しました。/彼の理解は、ある意味当たっています[あながち見当外れでもありません]。
〈話〉まあ言ってみれば〜みたいな、〜のようなもの、〜みたいな、〜めいた、一種の、いわば、どちらかといえば◆【用法】はっきりと断定できない場合や、ぴったりの言葉が見つからない場合に言葉をぼかすために用いられる。

ここでは,琉嫐で「clinch」は「に決着をつける」。

この表現は時として「sorta」「sorter」とも綴られるように完全に1語として捉えられるべきものです。これは知らなければ面食らうと思います。