something of a …

It was then, something of a surprise when my father came striding through the library that afternoon, oblivious of our presence, and went into the dining room, closing the doors firmly behind him. (Kazuo Ishiguro : When We Were Orphans)

英和辞書で「something of a …」を調べると「ちょっとした・・・」「かなりの・・・」の訳語が当てられています。
・She is something of an artist now that one of her paintings was sold. : 絵が1点売れて、今や彼女はちょっとした芸術家です。
・Bob is something of an artist. : ボブはちょっとした芸術家です
・something of a celebrity:ちょっとした名士
・something of a culture shock:かなりのカルチャー・ショック
・His life is something of a mystery.:彼の生活はかなりのミステリーだ

「something」には「a thing that is thought to be important or worth taking notice of(重要である、または注意を払う価値があると考えられるもの)」の意もあります。英和辞書では「価値のある人・物・こと」の訳語を当てています。
・There’s something in what he says. = There’s some truth or some fact or opinion worth considering in what he says.
・It’s quite something to have a job at all these days. = It’s a thing that you should feel happy about to have a job at all these days.

<「something of a …」=「ちょっとした・・・」「かなりの・・・」となる理屈>
「A of B」は基本的には「AはBの一部」であることを意味します。これを上記の「something of a surprise」に当てはめると「驚きの一部を構成する注意を払う価値があると考えられるもの」となります。もう少し自然な日本語なら「注意を払う価値がある驚き」⇒「かなりの驚き」。