(28)「・・・てから」

日本語の「・・・てから」は「前後関係」または「継続」を表します。

(1)お酒は20才になってから飲めます。
「英語教師が知っておきたい日本語の本」(大修館書店)に載っている例文です。著者なら「お酒は20才になったら飲めます」と言うと思いますが、このことはここでは論じません。意味は「お酒は20才になるまでは駄目で、20才になった途端飲んでもOKで、その後も死ぬまでOK」ということです。これを文字通り訳せば「You can drink alcohol as soon as you are/become/turn 20 years old. Then you can drink until you die.」

Google 翻訳では「お酒は20才になってから飲めます」は「You can drink alcohol when you are 20 years old.」です。しかし、これでは「お酒は20才の人に限る」意味になってしまい兼ねません。「You can drink alcohol after you become/turn 20 years old.」と「前後関係」を表す「after」が使えます。

(2) 起きてから何も食べていません。
この場合の「てから」は「継続」を表します。「継続」には英語では「since」がピッタリです。「I haven’t eaten anything since I got up.」

(3)「次の列車は何時ですか?」「5時間後です」
「after A」は厳密にいえば「A」を含みません。上記を「When’s the next train?」「After 5 hours.」とすると「これから5時間は来ません」の意になります。「丁度5時間後に(来ます)」は「in 5 hours’ time」で表現します。