(29)「・・・てください」と「please」

「・・・てください」という場合必ずしも「please」が対応するとは限りません。

「please」は次のような使われ方をします。
(1) 何かを丁寧に頼むとき(即ち「自分の利益」になる):
Please sit down.
Two coffee, please.
Quiet please.
Please could I leave early today?
(2) 強く要求したり、述べることを強調するとき(即ち「自分の利益」になる):
Please don’t leave me here alone.
Please, please don’t forget.
Please, I don’t understand what I have to do.
(3) 何かを丁寧に受け入れるとき(即ち「自分の利益」になる):
“Would you like some help?” “Yes, please.”
“Coffee?” “Please.”

「・・・てください」
(1)(道を尋ねられて)2つ目の信号を右に曲がって下さい。
この場合の「・・・てください」は「指示」です。指示は「相手の利益」になる場合と「自分の利益」になる場合とがあります。この場合は「相手の利益」になるので「please」は通例使われません。「Turn right at the second traffic light.」

(2)(プレゼントを渡して)どうぞ開けて下さい。
この場合、普通は「聞き手の利益を考えての勧め」ですので「Open your present.」

(3) この単語の意味を教えて下さい。
この場合は「何かを丁寧に頼むとき(即ち「自分の利益」になる)」に該当しますので「Please teach me the meaning of this word.」