(40)「すみません」

広辞苑によると「済まない」の丁寧語が「すみません」。「済まない」の意は「相手に悪く、自分の気持ちが片づかない。申しわけない。謝罪や依頼の時にいう。」とあります。しかし実際の使われ方はもう少し広いと思います。

(1)「恐縮」を表す。
コンビニから出ようとした時、前に出た人がドアが閉まらない様に開けたドアをそのまま維持してくれたときには「すみません」。英語では「Thank you.」。「お越しいただいて恐縮です」は「Thank you for coming.」。

(2)「謝罪」を表す。
英語では「Sorry」。

(3)「呼びかけ」のとき使う。
英語では大抵の場合「Excuse me.」が対応します。

(4)「依頼」の時の「前置き」
「すみませんが・・・」は「Excuse me, but …」。