アメリカで仕事をしているとよく聞く台詞です。

「自分の責任範囲は自分で処理せよ」の意です。アメリカ人は、一般的にみて、日本人に比べて自分の非を認めがらない傾向があります。多分、非を認めることによって自分の首が飛ぶ心配をしているからだと思われます。

昔、アメリカの会社で日本流の品質管理の手法を導入しようとしたことがありましたが、現場の抵抗は強かったです。日本流の品質管理のスタートは「問題点の洗い出し」から出発します。彼らは「問題はない」といいます。問題があること=自分の非の図式で捉えていたからです。

ですから、一般的に、色々な場面で、上手に「言い訳」もします。そんな時に怒った相手が「That’s not my problem. / That’s your problem.(私の知ったことではない)」という台詞をいうことがあります。こんな台詞を言われたくないものです。