子供が言葉でのいじめ(bullying)に会った時に言い返す言葉です。子供が親に「・・・から嫌なことを言われた」と泣きついてきた時などに、親が子供に言うこともあります。

こんな強い子になって欲しいと思いますが、現実的には当てはまらないことが多いように思います。

As the saying goes, “Sticks and stones may break my bones, but words will never hurt me.” But this isn't entirely true. Words can hurt us.(諺に『他人に嫌なことを言われても傷つく必要はない』とあるけれど、当てはまらないこともある。言葉が私達を傷つけることがある。)

「いじめ撲滅」は今なお叫ばれ続けていますが、減少してきているという話は聞いたことがありません。それだけ人間性とグループ性(山奥に1人で生活していたら「イジメ」はない)に根差した厄介な代物だと言えます。せめて毎日寝る前に自分の今日の言動を振り返る習慣をつけるようにすると少しは改善するかもしれません。