■例題
子供の頃にわたしが毎週欠かさず観たあるテレビ番組があった。その主役はどこにでもいそうな犬で、そいつがある町にぶらりとやってきては、そこで起った事件の解決に協力し、人間からほめられる前に姿を消して、また次の町に向かって旅を続けるのだ。わたしをとりこにしたしたのは、一つの場所に安住せずに、たえず動き続ける、その姿だったに違いない(京大入試の英作文問題)

(1)「子供の頃にわたしが毎週欠かさず観たあるテレビ番組があった。」は文字通り翻訳すれば「There was a TV program that I watched every week without fail / by all means when I was a kid.」です。この場合の「わたし」は、どのテレビ番組かを知っていたので「a certain TV program」とした方が「某テレビ番組」となるのでベターでしょう。「私は子供の頃に、毎週欠かさずあるテレビ番組を観た(I watched a certain TV program every week without fail / by all means when I was a kid)」とも表現できます。

(2)「その主役はどこにでもいそうな犬で、そいつがある町にぶらりとやってきては、そこで起った事件の解決に協力し、人間からほめられる前に姿を消して、また次の町に向かって旅を続けるのだ」について検討します。
 崋臾髻廚蓮leading character」
◆屬匹海砲任發い修Δ文ぁ廚蓮屬△蠅佞譴晋ぁ廚派集修任るので「an ordinary dog」、或いは文字通り「a dog you can/might find anywhere」
「ある町にぶらりとやってきては」はこの文を最後まで読むと「過去の習慣」であることが分かりますので「would」を使うとよいでしょう。「過去の習慣」には「used to」も使えますが、この場合は「しかし、今はその習慣はない」イメージを含みますので「would」の方がよいでしょう。
ぁ屬△訥にぶらりとやってくる」は「come to a town unexpectedly/suddenly」でも「appear in a town from nowhere」でもよいでしょう。
ァ屬修海乃った事件の解決に協力した」は文字通り訳せば「cooperated in solving the incident that occurred there」
Α嵜祐屬らほめられる前に姿を消した」は文字通り訳せば「disappeared before being praised by human beings」
А屬泙深,猟に向かって旅を続けるのだ」は「そして、別の町に向かって旅を続けた(and continued to travel on to another town)」がよいでしょう。

(3)「わたしをとりこにしたしたのは、一つの場所に安住せずに、たえず動き続ける、その姿だったに違いない」について検討します。
 屬鬚箸蠅海砲垢襦廚蓮fascinate」。
◆岼譴弔両貊蠅飽遜擦垢襦廚蓮settle (down) in one place」
「たえず動き続ける」は「keep moving 」
ぁ屬修了僂世辰燭飽磴い覆ぁ廚蓮屬修慮い寮犬様だったに違いない(the way the dog lived)」と意訳するとよいと思います。

■■When I was a child, there was a TV program I watched every week without fail. The main character of the show was just a dog you might find in any neighborhood. He would appear in some town from nowhere, and help (to) solve some kind of problem. Then, before people could praise him, he would be gone and (be) on his way to some other place. What attracted me was the way he would never settle down in one place but just keep on moving,(「英文表現力を豊かにする例解 和文英訳教本」小倉弘 プレイス)

子供の頃、毎週見ていたテレビ番組が必ずありました。 ショーの主人公は、あなたが近所で見つけるかもしれないただの犬でした。 彼はどこからともなく町に現れ、ある種の問題を解決するのを助けます。 それから、人々が彼を賞賛する前に、彼はいなくなって、他の場所に行く途中でした。 私が惹かれたのは、彼が1か所に定住するのではなく、ただ動き続けることでした。(Google 翻訳)

■■■When I was a child, there was one program on TV every week that I would never miss. The star was a dog, just the kind you might find anywhere. Anyway, this dog would appear, as if from nowhere, in some town and help 8to) solve some crime that had been committed there. Then, before anyone could show him any appreciation, he would leave and be on his way to another place. I guess what appealed to me so much was the way he was not happy with the way things were, but the way he would help as many people as possible.(「英文表現力を豊かにする例解 和文英訳教本」 小倉弘 プレイス)

私が子供の頃、テレビで毎週見逃せない番組が1つありました。 星は犬であり、あなたがどこでも見つけるかもしれない種類でした。 とにかく、この犬はどこからともなくまるでどこかの町に現れて、そこに犯された犯罪を解決するのに役立ちます。 それから、だれかが彼に感謝を示す前に、彼は去り、別の場所に向かっています。 私がとても魅力的だったのは、彼が物事に満足していなかった方法でしたが、彼はできるだけ多くの人々を助ける方法だったと思います。(Google 翻訳)

私なら次のようにします。
There was a TV program that I watched every week without fail / by all means when I was a kid. The leading character was an ordinary dog you might find anywhere and the dog would appear in a town from nowhere, and cooperate in solving the incident that had occurred there and disappear before being praised by human beings and then continue to travel on to another town. What fascinated me must haven the way the dog lived, that is, the dog never settled down in one place but kept moving.

私が子供の頃、必ずテレビ番組を毎週見ました。 主人公はどこにでもいる普通の犬であり、犬はどこからともなく町に現れ、そこで発生した事件の解決に協力し、人間に賞賛される前に消えてから別の町に旅を続けます。 私を魅了したのは、犬の生き方、つまり、犬が1か所に定住することなく、動き続けることです。(Google 翻訳)