■例題
人にものを教えるためには、教える内容の三倍以上は知っていなければならないといわれている。というのもどんな質問をされるかわからないからだ。学校の先生が教科書に書いてあることしか知らなければ、生徒の質問に答えることはできないであろう。(奈良女大入試の英作文問題)

(1)「人にものを教えるためには、教える内容の三倍以上は知っていなければならないといわれている。」
「人にものを教える」は「誰かに何かを教える(teach someone something)」と訳すのが一番自然だとは思いますが、単に「教える(teach)」でもよいでしょう。「teach someone」だけだと不自然です(「何を?」という疑問を感じさせてしまいます)。「・・・するためには」は文章のなかでは必ず「in order to …」として下さい(「to …」だけだと他の意にも取られることがあるので)。
「○のX倍」という表現は本出題のポイントだと思います。「X倍」は次のように表現できます。
1.X times + 比較級 + than
2.X times + as + 原型 + as
分かり易い例文をネット上で見つけました。参考にして下さい。
◆1の方法では、
The manufacturing cost in China are five times lower than (that in) Taiwan.
中国の製造原価は台湾の5倍低い
◆2の方法では、
The manufacturing cost in China are five times as low as (that in) Taiwan.
that in の部分は無くても構いませんが、より正確に表現する場合は必要です。
この場合、the manufacturing cost in China と the manufacturing cost in Taiwan を較べています。 the manufacturing cost を2度繰り返すのではなく、that で受けているのです。

このように比較する場合には比較する対象のレベルを一到させることが重要です。
「三倍」は「three times」。「教える内容の三倍以上」を上記1の公式に当てはめるならば「three times more than教える内容」となります。「教える内容」は「the content which you teach」ではなく「あなたが教えようとしていること(what you are going to teach)」、あるいは「あなたが教えなければならないこと(what you have to teach)」、あるいは「あなたが教えたい事(what you want to teach)」等と意訳したい。単に「what you teach」だと「いつも教えていること」の意になり「先生」に限定されます。「If you are a teacher,」のような断りがあれば別ですが。
「知っていなければならない」は「知っている必要がある(need to know)」と訳すのが1例。
「・・・と言われている」は受験英語の定番表現で「they/people say that …」「it is said that …」。著者なら次のように訳します。
It is said that in order to teach someone something you need to know three times more than what you have to teach.

(2)「というのもどんな質問をされるかわからないからだ。」
これは「というのもどんな質問をされるかは事前に知る事はできないからである(This is because it is impossible to know in advance what questions will be asked. Google 翻訳)」とするのが1例。

(3)「学校の先生が教科書に書いてあることしか知らなければ、生徒の質問に答えることはできないであろう。」
「学校の先生」は「schoolteacher」。「教科書」は「textbook」。「書いてある」は「say」を使うか(what a textbook says)、「what is in a textbook」でもよいでしょう。
If schoolteachers don’t know more than what a textbook says, they will not be able to answer students’ questions.

著者なら次のようにします。
It is said that in order to teach someone something you need to know three times more than what you have to teach. This is because it is impossible to know in advance what questions will be asked.  If schoolteachers don’t know more than what a textbook says, they will not be able to answer students’ questions.
誰かに教えるためには、教えるべきことの3倍以上を知る必要があると言われています。 これは、どの質問が尋ねられるかを事前に知ることができないためです。 教科書に書かれていること以上に学校の先生が知らない場合、生徒の質問に答えることができません。(Google 翻訳)