■例題
教育とは何かを考えるときに、私が決まって思い出すのが小学校の恩師の顔である。先生は、私たち生徒に、物事に真剣に取り組むことを教えてくださった。その教えは、これまでの私の人生の指針となっている。今から考えると、先生の教えが私の心に響いたのは、先生の尊敬できる誠実な人柄によるところが大きかったように思う。教育において考慮すべきことは、教える内容だけではなく、教える側の人間性でもあるのだ。(京大入試の英作文問題)

(1)「教育とは何かを考えるときに、私が決まって思い出すのが小学校の恩師の顔である。」
文字通り訳すと「When thinking about what education is, I always remember the face of an elementary school teacher.(Google 翻訳)」ですが、「顔」だけを思い出す訳はないので、ここは「教育とは何かを考えるときに、私が決まって思い出すのが小学校の恩師である。」と訳したい。この辺りも出題者の狙いかも知れません。
When I think about what education is, I always remember my elementary school teacher.

(2)「先生は、私たち生徒に、物事に真剣に取り組むことを教えてくださった。」
「物事に真剣に取り組むこと」は「何をするにも真剣に取り組むことがいかに重要であるか」とか「我々が何かをやる場合には、いつも真剣に取り組まなければならない」等の意訳をしたい。「真剣に」は「seriously」「earnestly」「in earnest」等が対応しますが「一生懸命に(hard)」でもよいでしょう。
The teacher taught us students how important it is for us to do anything earnestly.

(3)「その教えは、これまでの私の人生の指針となっている。」
「教え」は「teaching」ですが、大げさだと考えるなら「what he taught us」でもよいでしょう。「指針」は「guide」ですが、大げさだと考えるなら「その教えが私をguideする」と動詞で使う手はあります。What he taught us has guided me in my life.

(4)「今から考えると、先生の教えが私の心に響いたのは、先生の尊敬できる誠実な人柄によるところが大きかったように思う。」
「今から考えると」は「Looking back,」が定番表現ですが、「When I look back,」でも同じ。「私の心に響く」は「resonate with me」が一番近いと思いますが、我々には馴染みが少ないので「make an impression on me」「touch my heart」「move me」でもよいでしょう。
Looking back, it seems to me that the reason why what the teacher said made an impression on me depended mostly on his sincere personality.

(5)「教育において考慮すべきことは、教える内容だけではなく、教える側の人間性でもあるのだ。」
「考慮する」は「consider」。「教える側」は、ここでは「teachers」でよいと思います。「人間性」は文字通り訳せば「human nature」ですが「personality」でもよいと思います。
What we have to consider when we think about education is not only what we teach to students but also teachers’ personality.

全部をつなげると次のようになります。
When I think about what education is, I always remember my elementary school teacher. The teacher taught us students how important it is for us to do anything earnestly. What he taught us has guided me in my life. Looking back, it seems to me that the reason why what the teacher said made an impression on me depended mostly on his sincere personality. What we have to consider when we think about education is not only what we teach to students but also teachers’ personality.
教育とは何かを考えるとき、私はいつも小学校の先生を思い出します。 先生は、私たちに何かを真剣にやることがどれほど重要かを教えてくれました。 彼が教えてくれたことは、私の人生の中で私を導いてくれました。 振り返ってみると、先生が言ったことが私に印象を与えた理由は、主に彼の誠実な性格にかかっていたようです。 教育について考えるときに考慮しなければならないのは、生徒に教えることだけでなく、教師の個性でもあります。(Google 翻訳)
更に上記の日本語のGoogle 翻訳は次の通りで、分かり易い日本語を入力すればGoogle の英語翻訳は十分に使えます。活用をご検討下さい。
I always remember my elementary school teacher when thinking about what education is. The teacher taught us how important it is to do something seriously. What he taught me led me in my life. In retrospect, it seems that the reason that the teacher impressed me was mainly due to his sincere personality. What you need to consider when thinking about education is not only teaching the students, but also the personality of the teacher.