■例題
この夏、わたしは友人達と共に琵琶湖一周の旅をした。琵琶湖とその周りの山々の景色はとても美しかった。ところが、湖岸にたくさんの空きかんやゴミが散乱しているのには驚かされた。琵琶湖の汚染が叫ばれる昨今であるが、公共の場に平気でゴミを残していく人間の心の汚染の方がよほど深刻だと思う。(滋賀大入試の英作文問題)

(1)「この夏、わたしは友人達と共に琵琶湖一周の旅をした」
「琵琶湖一周の旅をした」は「琵琶湖をひとまわりして(around …)旅した」と訳せばよいでしょう。This summer I traveled around Lake Biwa with my friends.

(2)「琵琶湖とその周りの山々の景色はとても美しかった」
「その周りの山々」は「周囲の山々」「取り囲んでいる山々」ということで「surrounding mountains」。もしこの言葉を知らなければ「the mountains which are all around Lake Biwa」。「景色」は「scenery」「scene」「landscape」「sight」「view」。
The scenery of Lake Biwa and the surrounding mountains was very beautiful.

(3)「ところが、湖岸にたくさんの空きかんやゴミが散乱しているのには驚かされた。」
「湖岸に」は「on the shore of the lake」「on the lakeshore/lakeside」「on the lake front」。「空きかん」は「empty can」。「ゴミ」は「rubbish」「litter」「trash」。「garbage」は「生ごみ」。「散乱している」は「scattered」。「・・・に驚かされる」は「be surprised at …」「be surprised that …」。
However, I was surprised that a lot of empty cans and trash were scattered around on the lakeside.

(4)「琵琶湖の汚染が叫ばれる昨今であるが、公共の場に平気でゴミを残していく人間の心の汚染の方がよほど深刻だと思う。」
「汚染」は「pollution」。「contamination」でも可(放射能・毒物による汚染の場合は、こちらを使って下さい)。「昨今」は「nowadays」。「琵琶湖の汚染が叫ばれる昨今である」は「昨今は、多くの人々が琵琶湖の汚染を止めるべきだと主張している(Nowadays, a lot of people insist/assert that the pollution of Lake Biwa should be stopped.)」と意訳したい。
「公共の場に」は「in a public place」。「平気でゴミを残していく」は「ゴミを残していくことを気にしない(don’t mind leaving trash)」と意訳したい。「心」はここでは「mind」。
「深刻な」は「serious」。「共の場に平気でゴミを残していく人間の心の汚染の方がよほど深刻だと思う。」は「I think that the pollution of the mind of people who don’t mind leaving trash is much more serious.」

全部をつなぐと次のような訳が一例です。
This summer I traveled around Lake Biwa with my friends. The scenery of Lake Biwa and the surrounding mountains was very beautiful. However, I was surprised that a lot of empty cans and trash were scattered around on the lakeside. Nowadays, a lot of people insist that the pollution of Lake Biwa should be stopped. But I think that the pollution of the mind of people who don’t mind leaving trash is much more serious.