「犬小屋」は「犬が寝るからkennel」と覚えましたが、これは英での使い方です。米では文字通り「doghouse」といいます。

「in the doghouse」は文字通り「犬小屋の中で」の意にもなりますが、何かまずいことをして家を追い出され、犬小屋の中で小さくなっているところから生まれたスラングで「面目を失って」「嫌われて」の意でも使われます。

ネット上で拾った例文をいくつか挙げておきます。感じを掴んで下さい。
Dad is in the doghouse for getting drunk at the Christmas party.(父はクリスマス・パーティーで酔っぱらって面目丸つぶれだ)
Father has been in the dog house since he lost his wedding ring.(パパは結婚指輪をなくしてから、すっかり頭が上がらない)
You look stressed mate, are you in the doghouse with your girlfriend again?
(ストレスたまっているように見えるよ、また彼女と上手くいってないの?)
I couldn’t make the deadline at work so I’m in the doghouse with the boss! (仕事で期限に間に合わなかったよ、だから上司に合わせる顔がないよ)

また「doghouse」は犬小屋だけでなく「小さな構造物」を指します。「犬小屋のような小さな家」「(ヨットの)箱型の小室」「(ジャズの世界では)コントラバス」等。