新幹線では、”Ladies and gentlemen, welcome on board the Tohoku Shinkansen”のように「Ladies and gentlemen」が使われていたように記憶しています。最近は新幹線に乗らないので今どうなっているのかは分かりません。

2017年にニューヨークとロンドンの地下鉄の案内では「Ladies and gentlemen」は「禁止用語」になったそうです。LGBT(lesbian, gay, bisexual, transgender)に配慮してのことと解説されています。代りに「passengers」「everybody」などのジェンダーに関係のない言葉が使われているようです。

東京オリンピック・パラリンピックは開催されるかどうか現時点では不透明なところがありますが、開催されれば「皆さま、・・・です。お立ち下さい」的な場面があると思います。この場合「Ladies and gentlemen」を使うのかどうかは検討しておいた方がよいと思います。

交通機関に関しては「Ladies and gentlemen」は、個人的には「仰々しい」感じがしますし、子供も乗っているので「passengers」がいいのではないかと思います。