問題:
次の和文を、動詞としては want とget だけを用いて英訳せよ。
「彼女は夫とうまくいかなくて別れたいと思っていたが、実際離婚してみると、孤独感も克服できず、経済的難局も切り抜けられない」

これは「日本人の英語(岩波新書)」に載っていたものです。

「孤独感」「経済的難局」に対応する語は和英では見当たりませんので次を使いましょう。
孤独感= loneliness。経済的難局= financial difficulties。

上記の中の動詞の和訳を辞書で調べます。
■「・・・とうまくいく」:著者の電子辞書に入っている和英では「get along with …」「be / get in good with …」。
■「別れる」:「part from」「break up with」「finish with」「divorce」
■「離婚する」:「divorce」「separate」
■克服する:「overcome」「conquer」「triumph」「get over ...」
■切り抜ける:「survive」「weather through …」「get over …」「carry … through」「come through」

「別れる」「離婚する」だけが「get」を使った動詞が和英辞書にはありません。そこで取りあえず上記の出題和文を DeepL 翻訳にかけてみました。
She wanted to leave her husband because she couldn't get along with him, but when she actually got divorced, she couldn't get over her loneliness and financial difficulties.

「・・・と別れる」を「get」を使って表現しようとすると「・・・から遠く離れて行ってしまう状態をgetする」イメージで「get away from」を使って置き直し、再びDeepL 翻訳にかけてみました。
She wanted to get away from her husband because she couldn't get along with him, but when she actually got divorced, she couldn't get over her loneliness and financial difficulties.
(夫と仲良くできないからこそ、夫から離れ(る)たいと思っていたそうですが、実際に離婚してみると、寂しさと経済的な苦しさを乗り越えられなかったそうです。DeepL 翻訳)。
ということで見事に動詞としては want とget だけを用いて英訳できました。

[awayについて]
E-Gate という英和辞書では次の様に説明しています。
■(視点の置かれたところから)離れて
■距離感を伴うところが off と異なる
現在本ブログで掲載中の The Bridges of Madison County では 次の様な「動詞+away」 を使った表現が行われています。何れも「動詞のイメージ+離れて」のイメージになります。
throw away
go away
be away
carry away
put away
take away
pull away
tear away
roll away
drive away

「日本人の英語(岩波新書)」を書いたマーク・ピーターセン氏は「run, get, want の3つの動詞で聖書の現代訳ができるのではないか」とまで言っています。本当にできるかどうかは著者には分かりませんが、昔「慣用句(成句)」について解説した経験から「ほとんどの慣用句(成句)が動詞のイメージ+前置詞・副詞のイメージ」で説明出来るという実感は著者も持っています。