英作文をする時、形容詞の訳語を辞書で探す場合は必ず「限定用法」「叙述用法」という言葉に注意を払って下さい。「限定用法」とは名詞を修飾する使い方で、「叙述用法」はbe動詞(+1部の動詞)の補語とする使い方。

例えば「酔った」を和英で調べると「drunk」「drunken」「sick」が出てきます。「sick」は「(乗り物に)酔った」の意ですので、ここでは置いておきます。

「drunk」は「限定用法」「叙述用法」の両方で使えますが、「drunken」は「限定用法」のみです。「a drunken brawl(酔った上でのけんか)」はOKですが「Are you drunken?」は不可で「Are you drunk?」としなければなりません。

いくつかの例:
(1)「有能な(able)」:通例「限定用法」。He is an able man. はOK。He is able. だと何が出来るか分かりません。He is able to swim. はOK。
(2)「責任のある(responsible)」: 常に「叙述用法」。日本語では「担当者」という言葉がありますが、英語では状況に応じて訳語を使い分ける必要があります。辞書には「person in charge」と出ていますが、「charge」という言葉から「責任ある人」のイメージになりますので要注意。
(3)「heavy」は「限定用法」か、それとも「叙述用法」かで意味が異なります。「限定用法」では「(量・程度・力などが)大きい」の意。a heavy drinker は「大酒飲み」。「a heavy wound(ひどい傷)」「a heavy cold(重いかぜ)」「a heavy schedule(ぎっしりと詰まったスケジュール)」。「叙述用法」では「重さのある」の意。How heavy is this parcel? / This is heavy. / The traffic is heavy on Sundays. (The street is busy on Sundays.)。「大酒飲み」の意で「The drinker is heavy.」とするのは間違い(「その酒飲みは体重が重い」の意)。
(4)「warm」は「暖かい」の意では「限定用法」「叙述用法」の両方で使えます。
(5)「utter」は「完全な、全くの」の意ですが「限定用法」のみ。
(6)「present」は「限定用法」では「現在の」の意。「叙述用法」では「出席している」の意。
(7)「awake」は通例「叙述用法」ですが「the fully awake patient」のように修飾語を伴った時は「限定用法」も可。「waking」は「限定用法」のみ。
(8)「alike」は「叙述用法」のみ。「similar」は両方で使用できます。
(9)「afraid」は「叙述用法」のみ。「frightened」は「a frightened cat」のように「限定用法」も可能。

いずれにしても、どの語も同じですが、単語の意味だけではなく、どんな場合に使われるか例文も含めて確認しておく必要があります。