初めての大学入学共通テストが17日、2日間の日程を終えた。大学入試センター試験が暗記型学習への偏りを招いたとの批判から導入が決まった共通テストは、思考力をより重視する方針を掲げた。知識だけでは歯が立たない問題は増えたものの、盛りだくさんの情報を読みこなす力も必要になり、物事を深く考える力の測定には課題を残した。(日経 18日朝刊)

同紙によれば、『英語のリーデイングは、英文が昨年のセンター試験に比べて約1千語多い約5千語となり、多くの受験生が「時間がなかった」と漏らした』とのこと。「時間がなかった」原因で考えられるのは次の2つ。
従来のセンター試験を年頭において受験対策した。
英文を読むとき、最後まで読んでから日本語に置き直し、その日本語から理解する「従来のやり方」が未だ主流。

上記△里笋衒は時間がかかるだけでなく、英語は左から右に情報が流れていく言語なので厳密に言えば邪道です。ザックリいえば、主語から前置詞が出てくるまでで1つの、しかも「一番重要な」情報で、次の前置詞までが「追加情報」です。勉強方法を是非変えて欲しい。先生方のご理解を切に願います。私見ですが、英語の試験では「物事を深く考える力の測定」よりも「盛りだくさんの情報を読みこなす力の測定」が遥かに重要。来年はさらに1千語増やすとアナウンスしたらよい。

英語リスニングでは一部で読み上げが1回になった。この対策は上記と同じ。実際の放送にしろ、会話にしろ2回同じことを言いますか?

英語を長年教えて来ている立場からは、今回の試験は「よい方向」に向かっています。