「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

2010年11月

「単語の面白さ(65) Mr./Mrs.」

「Mr.」は15世紀になって表れましたが、中期英語の “maister(主人、先生=master)”の省略語です。 “Mrs.” は「mistress」の省略。

省略語ですからピリオッドがあるべきですが、イギリス英語では何故か「Mr」「Mrs」でピリオッドがありません。

「マイスター」はドイツ語から来た言葉です。

「単語の面白さ(64) generous」

この単語はラテン語の “generosus(貴族の生まれ)”をルーツにしていて「gener-(種類、種族、生まれ)+-ous(・・・の特徴を有する)=種族の特徴を有する」⇒「高貴な生まれ→寛大な」のイメージになります。

現代では「気前のよい、物惜しみしない、寛大な」のような意味で使われますが、神について述べられる場合には「惜しみない」の方が適当です。

「generosity」は「物惜しみしないこと、寛大」、神について述べられる場合には「惜しみないこと」。

「gender」は「生む」の意のラテン語と同じルーツで「性」。

「engender」は「en-(強意)+-gender(生みだす)」で「・・・を生じる」。

「generate」は「gener-(産む、生み出す)+-ate(・・・させる)」で「・・・を発生させる」

「hydrogen」は造語ですが「hydro-(水素)+-gen(・・・を発生させるもの)」の構成になっています(「水素」)。

「単語の面白さ(63) contest」

この単語は16世紀に初めて表れましたが、ラテン語 「contestari(証人に呼ぶ)」をルーツにしています。

「con-(一緒に)+-test(証言する)」という構造になっており「競争、競技、コンテスト」「論争」「を得ようと争う」「に異議を唱える」等の日本語が対応します。昔から「正々堂々と戦うことを誓います」と宣誓してから競技に入ったのかも知れません。

「test」はこれよりも早く14世紀に「testum(土製のつぼ)」をルーツとして表れました。金属の選別に使用だれたことから「調べる、検査する」のイメージに発展しました。注目すべきは、昔は「(真理・忠誠の)誓い、宣誓」の意味も持っていたということです。

「testify」は「test-(証言)+-ify(・・・する)」の構造で「(法廷で宣誓の上)証言する」の意。

「testament」は「遺言(書)」「(神と人との間の)契約」「聖書」の意。

「attest」は「at-(・・・に対し)+-test(証人である)」⇒「証明する」

「protest」は「pro-(人前で)+-test(証言する)」で「主張する」「に抗議する」「抗議」「反対」の意。

「単語の面白さ(62) rainbow」

発音は [reinbou]で「rain(雨)+bow(弓)」の構成になっています。「雨で作られた弓」のイメージ⇒「にじ」。

「bow」には [bau]の発音で「おじぎをする、おじぎ」の意味もあります。

「弓」と「おじぎをする」と意味が異なるのは夫々のルーツが異なるからです。後者は古期英語 bugan((からだを)曲げる)、前者は古期英語 boga(曲げられたもの)がルーツ。「曲げる」イメージは同じですので、そのもっと前はつながっていたかもしれません。

「elbow [elbou]」は「el-(腕)+bow(弓)」=「腕が弓状になっているところ」のイメージ⇒「ひじ」。

「単語の面白さ(61) proceed」

この単語のラテン語のルーツは “procedere” で“pro-(forward)+-cedere(go)”の構造になっています。「前へ進む」イメージです。「cedere」には「yield(譲る)」の意味もあったようです。

「exceed」は「ex-(out)+-ceed(go)」の構造で「・・・から離れて行く」⇒「越えて行く」イメージとなります。「を超える」「を上回る」等の日本語が対応します。

「succeed」はラテン語のルーツは “succedere” で “come close after” 或いは “sub-(close to)+-cedere(go) と言われています。「sub-」は「c」の前では「suc-」となります。「(努力)の近く来る⇒成功する」に発展したものと思われます。

「concede」は「全く譲る」⇒「をしぶしぶ認める」イメージ。

「precede」は「前に行く」で「に先立つ」「に優先する」意。
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ