「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

2010年12月

今週の英字新聞の見出しから(25。「drive」「OEM」「as」)

「Automakers driven to OEMs as domestic market shrinks」(The Daily Yomiuri: Saturday 25, 2010)

「drive (– drove – driven)」は「を追う」「を運転する」「を余儀なく(・・・)させる」等の意味です。

「OEM」は「original equipment manufacturing」の略で「オーイーエム」と既に日本語になっています。

「as」は「2つの並べられた物・事が等価の関係にあること」を示します。文脈によって「・・・のとき」「・・・なので」「・・・のように」「・・・であるが」等の日本語が対応します。ここでは「Automakers driven to OEMs」と「domestic market shrinks」が等価の関係にあることを示しています。文脈から後者の理由によって前者が引き起こされていることが分かります。

「自動車メーカーは国内市場の縮小によってオーイーエムを余儀なくさせられている」というイメージになります。

今週の英字新聞の見出しから(24。「suit」「settle」「runaway」)

主題:「Toyota suit settled at $10 mil.」
副題:「Lawyers for family of runaway Lexus crash victims reveal amount」
(The Daily Yomiuri: Saturday 25, 2010)


主題:
「settled」は過去分詞として使われています(文全体は現在完了「Toyota suit has been settled at $10 mil.」)。「settle」は「(ふらふら)(移動していたものが)一定の場所に落ち着く」イメージです。ここでは訴訟でもめていたものに決着がつけられたイメージとなります。

「suit」は「スーツ」の意味の他に「訴訟」の意味もあり、ここでは「訴訟」の意。

「at $10 mil.」は「$10 mil.という所で」のイメージです。「at」はある場所を「点」のイメージで指し示すイメージです。

主題は「トヨタの訴訟が1千万ドルで決着」のイメージとなります。


副題:
見出しの動作の動詞が現在形で使われている場合は過去を示しますので「Lawyers for family of runaway Lexus crash victims」が「revealした」「amountを」の構造になっています。

「runaway」は名詞では「逃亡者」、形容詞では「逃げた」「(馬・乗り物などが)制御できない」等の意味になります。「run away」は「逃げる」の意。

「crash」は「衝突」。「victim」は「犠牲者」。

「reveal」は「を明らかにする」。「amount」は「総額」。

「制御不能のレキサスの衝突の犠牲者(たち)の家族の弁護団が総額を明らかにした」。名詞の前の名詞は全て形容詞の役割をします。

今週の英字新聞の見出しから(23。「warn」「自動詞としてのmake」)

「U.S. warns China of WTO action over rare earths」 (The Daily Yomiuri: Saturday 25, 2010)

新聞の見出しの動作の動詞の現在形(ここでは warns)は過去を意味することは繰り返し申し上げてきました。

「warn」は「(人が)(人)に(危険などを)警告する」の意で「(危険などを)」の部分は [of, against, about] の前置詞を伴います。

「WTO」は「World Trade Organization」の略で「世界貿易機関」と訳されています。

「rare earths」は逐語訳をすれば「稀な土類たち(酸化されにくい金属酸化物)」となりますが「レア・アース(希土類)」のこと。

「米国 中国にレア・アースで WTO提訴を警告」のイメージとなります。


「Top Tokyo prosecutor made national chief」 (The Daily Yomiuri: Saturday 25, 2010)

「prosecutor」は「検事」。

「made」は通例「を作る」の意味でとか所謂使役動詞として使われますが、ここでは珍しく自動詞として使われ「・・・になる」の意の過去分詞として使われています(見出し全体は現在完了)。 “He will make a good husband.” は通例「彼は良い夫になるだろう」。

東京高検のトップが最高検のトップになったという記事です。

今週の英字新聞の見出しから(22。「whistle-blower」「behold」)

「Whistle-blower or spy?」 (TIME: Saturday 25, 2010)

「whistle-blower」は「(悪事などを)ばらす人、(内部)告発者、密告者、たれ込み屋」の意。この記事はネット上でアメリカの外交機密文書をリークしたWikiLeaks の創始者 Julian Assange についてのものです。


「Behold 2011, the year of sovereign shocks」 (TIME: Saturday 25, 2010)

「behold」は「を(じっくり)見る、見守る、注視する」の意の動詞。

「sovereign」はソブリン債=中央政府が発行する債券(国債や政府機関債など)の総称。

見出しの意味は「ソブリン債動揺の年である2011年を注視せよ」。

副題は「Get ready for more volatility in government bonds」で「更なる政府公債の乱高下に準備しろ」。

今週の英字新聞の見出しから(21。「OK’s」「skin」)

「Cabinet OK’s ¥92.4 trillion budget」 (The Daily Yomiuri: Saturday 25, 2010)

新聞の見出しでは過去の動作を表す動詞は現在形が使われます。

「OK’s」は「OK」の3人称現在形です。他に「OKs」の表記もあります。過去形は「OK'd」「OKed」、現在分詞は「OK'ing」「OKing」。

「内閣92.4兆円の予算を承認(した)」


「Steelers skin Panthers」 (The Washington Post: Saturday 25, 2010)

「Steelers」も「Panthers」もアメリカのプロ・フットボールのチーム名です。両方とも複数形をしており複数扱い。

「skin」は名詞では「皮膚」「皮」の意ですが、動詞では「の皮をはぐ」「だまし取る」「を打ちのめす」等の意になります。

「ステラーズ パンサーズに完勝」(因みに27-3でした)。
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ