「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

2014年02月

話すための「1日1動詞」(read)

.灰△箸覆襯ぅ瓠璽検本・手紙・記号・意味などを読む、読み取る
一番近い日本語:「読む」
A庵峪譟ι詞等を伴う使用例(E-Gate 等から転載。一部著者が新規作成)
read … in: 「(データ)をコンピューターに入力する」。I read the data in.(私はそのデータをコンピューターに入力した)。
read A into B: 「Bの中にAを読みとる」。She read evil intensions into his words. (彼女は彼の言葉の中に悪意を読みとった)。
read … off: 「を読み上げる」。The teacher read off the names of the list.(先生は名簿の名前を全部すらすらと読み上げた)。
read … out: 「・・・を声を出して読む」。I’m going to read out the rules of the contest, so listen carefully.(これからコンテストのルールを読み上げますので注意して聞いて下さい)。
read … over/through: 「・・・を読み終える」。The writer read through the manuscript again and again. (作者は原稿を終わりまで繰り返し読んだ)。
read up on …: 「・・・を徹底的に研究する」。He read up extensively on the Bible. (彼は聖書について幅広く読んで徹底的に研究した)。
ぁread between the lines」は文字通り「行間を読む、言外の意味を読みとる」の意ですが、よく使われる表現です。「read」は「・・・と記されている」の意でもよく使われます。 “Absolutely no smoking,” the sign read.(その掲示には「絶対禁煙」と記されていた)。

話すための「1日1動詞」(put)

.灰△箸覆襯ぅ瓠璽検Г△襪箸海蹐飽銘屬気擦
一番近い日本語:「置く」
A庵峪譟ι詞等を伴う使用例(E-Gate 等から転載。一部著者が新規作成)
put about: 「(船が)向きを変える」。The sailboat put about inside the harbor. (帆船は港の中で向きを変えた)。「about」のイメージは「(漠然と)・・・の周辺に」です。「put」はここでは自動詞として使われていますので「船が自分自身を周辺に位置させた」⇒「向きを変えた」。
put … about: 「(うわさなど)を広める」。It’s been put about that the prime minister has a fatal illness.(首相が命にかかわる病気だといううわさだ)。
put … across: 「(考えなど)を分からせる」。He wasn’t able to put his ideas across at the meeting. (彼は会議で自分の考えを理解してもらえるように説明できなかった)。「・・・をうまくやる」。The team put the project across marvelously.(チームは計画を見事にやり遂げた)。
put … ahead: 「(時計)を進ませる」。Before I went to bed last night, I put all the clocks and watches ahead twenty minutes.(昨夜寝る前に全ての時計、腕時計を20分進めておいた)。
put … aside: 「・・・をわきへ置く、を片づける」。Theresa put aside her knitting and picked up the cat. (テレサは編み物を横に置いて猫を抱きあげた)。「・・・を取っておく」。I’ve put aside a few hundred thousand dollars to buy a house.(私は家を買うために数十万ドル貯めた)。
put … away: 「・・・を片づける」。John, put the dishes away, will you? (ジョン、皿を片づけてね)。遠まわしに「精神病院に入れる」「(病気の動物など)を殺す」の意でも使われます。
put … back: 「・・・を戻す」。Put the tools back where they belong. (道具をあるべき所に戻して下さい)。「(時計の針)を戻す」の意でも使われます。
put … behind one: 「(不快なこと)を忘れようとする」。You should put the affair behind you and get on with your life.(事件のことは忘れて人生をうまくやっていくべきです)。
put … by: 「(金など)を取っておく」。He had managed to put by quite a bit of money for his retirement. (彼は定年に備えてかなりの蓄えをすることができた)。
put … down: 「を書き留める」。She put John’s address down in her address book. (彼女はジョンの住所をアドレス帳に書き留めた)。「を寝かせる」「(価格)を下げる」「(頭金)を払う」「(議題)を出す」「(反乱など)を鎮める」「(人)をやっつける」「(病気の動物など)を殺す」の意にもなります。「置く物(目的語)」と「置く場所」によって対応する日本語が異なります。
put A down to B: 「AをBのせいに帰する」。John’s wife put his bad humor down to overwork at the office.(ジョンの妻は彼が機嫌が悪いのは会社で働きすぎたせいだと思った)。
put … forth: 「(芽など)を出す」。The camellia bush has finally started to put forth flowers. (椿の木がようやく花をつけ始めた)。
put … forward: 「(意見・案など)を出す」。The mayor put a new park plan forward to the city council.(市長は新たな公園計画を市議会に出した)。
put … in: 「・・・などを入れる、設置する」。The school put in twelve new computers for the students’ use.(学校は生徒用に新しいコンピューターを12台設置した)。
put … off: 「・・・を延ばす、延期する」。We had to put off the meeting because of the snow.(雪のせいで会議を延長しなければならなかった)。
put … on: 「・・・を身につける」。He put his coat and hat on and left the house in a hurry. (彼はコートを着、帽子をかぶって急いで家を出た)。「put on weight」は「体重が増える」。
put … out: 「(電気・火)を消す」。Please put your cigarette out; this is a no smoking area (たばこの火を消して下さい、ここは禁煙です)。
put … over: 「(考えなど)を伝える」。The speaker was unable to put his message over to the audience. (講演者は言いたいことを聴衆に伝えることはできなかった)。
put … through: 「(電話で)・・・を(・・・)につなげる」。Hello. Could you please put me through to Mr. Brown?(もしもし、ブラウンさんお願いできますでしょうか)。
put … together: 「を組み立てる」。put a machine/dictionary together(機械を組み立てる/辞書を編纂する)。
put … up: 「を掲げる」。put a notice(掲示を出す)。
put up with …: 「・・・にへこたれない、を我慢する」。You have to put up with a lot of pollution if you want to live in a big city.(大都市に住みたいのならひどい公害を我慢しなくてはならない)。
ぁ峽蠅あったら入りたい」は「(恥ずかしくて)どこに自分を置いていいか分からない」ということで「not know where to put oneself」という表現が可能です。その他「床の下に沈んでしまいたい」ということで「wish one could sink through the floor」という表現、あるいは「消えてしまいたい」ということで「I’m so ashamed I wish I could disappear.」でもよいでしょう(「日米口語辞典」より)。

「現役続行の可能性はハーフハーフ」

ソチ五輪のフィギュアスケート女子で6位だった浅田真央選手(中京大)が25日、帰国直後に東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、現役続行の可能性をパーセンテージで答えて下さいという質問に「ハーフハーフくらい」などとソチ五輪を終えた心境を語った、と報道されています。

各報道機関とも「ハーフハーフ」の後に「ハーフハーフ(半分半分)」(朝日デジタル)、「ハーフハーフ(半々)」(日経)などと注釈を入れていました。「五分五分」という表現もあります。

会見の内容を動画で見ましたが「fifty」と言いかけて「ハーフハーフくらい」と言い直していました。英語なら「fifty-fifty」という表現があります。「a fifty-fifty chance」なら「五分五分の見込み」の意。

この「分」を我々は日頃「盗人にも三分の理」とか「打率3割3分」「熱が37度2分ある」などと無意識に使っていますが、「分」は「ある物をいくつかに等分したものの一つ、特に10分の1」を意味します。

一方「half」は「半分に分けたもの」の意です。ソチ五輪で「ハーフ・パイプ」という競技がありましたが。あれは「パイプを半分に分けたような競技場」の意味だと思います。「ハーフ・マラソン」の「ハーフ」は「マラソンの距離を半分に分けた」イメージでしょう。英語にも「half-and-half」という表現があります。「半々の、中途半端な」「等分に」「混合ビール(英)」「コーヒー・紅茶用の牛乳とクリームの混合飲料(米)」「白人と黒人との混血児」等の意になります。

浅田選手の「ハーフハーフ」は勿論和製英語ではありますが「fifty-fifty」という誰もが知っている表現があるので面白いと思いました。「見込みは50−50」というより「見込みは半分半分」という方が昔からの伝統的な日本語に近く親近感があるように感じました。

話すための「1日1動詞」(push)

.灰△箸覆襯ぅ瓠璽検Я以に(あるいは自分から離すように)押す力を加える
一番近い日本語:「押す」
A庵峪譟ι詞等を伴う使用例(E-Gate 等から転載。一部著者が新規作成)
push … about/around: 「(人を押してあちこちに行かせるように)・・・をこき使う」。My boss pushes me around. (私の上司は私をこき使う)。
push ahead/forward: 「押し進める」。They pushed forward with preventive measures against the infectious disease in the region.(彼らはその地域での伝染病の予防措置を推し進めた)。
push … away: 「・・・を押しのける、を拒絶する」。I offered some money, but he pushed it away. (その少年にお金を与えようとしたが、彼はそれを拒絶した)。
push for …: 「・・・するように要求する」。The union’s pushing for a 5% raise. (労働組合は5%のアップを要求している)。
push in: 「口出しをする」。She sure pushes in everywhere/anytime/anywhere. (彼女は本当にどこでもでしゃばる)。
push off: 「自らをその場から離れるように押す→立ち去る」。It’s time for me to push off now. (もう行かなくちゃ)。
push on: 「(困難を排して)突き進む」。Despite a lot of difficulties, they pushed on to their destination. (多くの困難にもかかわらず、彼らは目的地に向かって突き進んだ)。
push … out: 「・・・を押し出す」。The snail pushed its horns out. (そのかたつむりは角を突き出した)。
push … through: 「(仕事など)をやり遂げる」。They pushed through the IT reform in the company. (彼らは社内でのIT革命をやり遂げた)。
push A through B: 「Aを(強引に)Bを通過させる」。They pushed the bill through Congress. (彼らはその法案を、強引に議会を通過させた)。
push … up: 「・・・を押し上げる」。The inflation is now pushing up the prices.(インフレが物価を引きあげている)。
ぁpusher」は「押す人・物、押しの強い人」、スラングでは「押し売りする人・麻薬密売者、売春婦」の意になります。昔アメリカの一流雑誌の表紙で、日本の駅員さんが満員電車の乗客を後ろから押しこんでいる写真が掲載され “pusher” という表現が使われていたように記憶しています。

話すための「1日1動詞」(pull)

.灰△箸覆襯ぅ瓠璽検Ъ分の方にぐいっと引く
一番近い日本語:「引く」
A庵峪譟ι詞等を伴う使用例(E-Gate 等から転載。一部著者が新規作成)
pull ahead of …: 「の前を行く」。A company is pulling ahead of the other companies in that area. (その分野ではA社は他社の前を進んでいる)。
pull … apart: 「・・・をばらばらにする、引き離す」。Father pulled the fighting brothers apart.(父親はけんかしている兄弟を引き離した)。
pull away: 「(自動車などが)発車する」。The bus pulled away. (バスは発車した)。
pull away from …: 「・・・から身を離す」。He pulled away from his rival. (彼はライバルを振り切った)。
pull back: 「後ろに退く」。The troops pulled back because of the unexpected accident. (予想外の事故のため軍隊は引き返した)。
pull … down: 「(日よけ、すだれなど)を引き下ろす」。She asked him to pull down the blind. (彼女は彼にブラインドを下ろしてくれるように頼んだ)。「(建物など)を取り壊す」。They pulled down the old buildings. (彼らは古い建物たちを取り壊した)。
pull for …: 「・・・を積極的に支持する、応援する」。We are all pulling for the Tigers. (私達はみなタイガースを応援している)。
pull in: 「(列車などが)到着する、駅に入る」。The train pulled in right on time.(列車は予定通り到着した)。「(自動車などが)片側に寄る」。I pulled in to the sidewalk because I heard an ambulance car. (救急車のサイレンが聞こえたので歩道に車を寄せた)。
pull … off: 「・・・を引張って脱ぐ」。She pulled off her boots. (彼女はブーツを脱いだ)。
pull … on: 「(衣服など)を引張って着る」。pull boots on (ブーツを履く)。
pull … out: 「・・・を抜く」。My wife pulled out the cork of the wine bottle.(妻はワインボトルのコルク栓を抜いた)。
pull out: 「車線を変更する」。The truck suddenly pulled out in front of me. (トラックが急に私の前に割り込んできた)。
pull out of …: 「・・・から出発する」。The ship pulled out of the harbor. (船は港を出ていった)。
pull over: 「車を片側に寄せる」。The police officer ordered the reckless driver to pull over. (警官は無謀な運転手に歩道に寄って止めるよう命令した)。
pull … round: 「・・・を回復させる」。The doctor pulled her round. (医者は彼女を回復させた)。
pull through: 「(危機・病気などを)切り抜ける」。The girl had about a fifty-fifty chance of pulling through. (少女の回復見込みはおよそ五分五分がった)。
pull together: 「協力する」。The family that pull together is a happy one. (力を合わせることの出来る家族はよい家族だ)。
pull … up: 「を停車させる」。She pulled up her Porsche outside the hotel. (彼女はホテルの外にポルシェを止めた)。
て本語の「引き」には「ひきたてること、つて、縁故、手づる」の意もありますが、英語でも「pull」が使えます。「She has a pull with the company.」は「彼女はあの会社にコネがきく」の意。
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ