「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

2014年03月

[o:]と[ou]の発音

先日のある授業で「[o:]と発音する単語にどのようなものがあるか」との質問を受けました。

日本語では母音が2つ続く所謂「二重母音」は、現在では「エイ、エイ、オウ」という掛け声以外は聞かれません(昔は日本語でも「二重母音」が日常的に使われていたという研究者もいます)。そのため「オー」なのか「オウ」なのか迷うのだと思います。

(1)[o:]の音は、日本語の「オー」よりも唇に力を入れて「ヒョットコ」のような口の形を作って発音します。日本語の「オー」の発音より唇の緊張を続ける必要がありますが、我々日本人は唇の緊張を続けきらないで「オーウ」のようになってしまい[ou]と混同される恐れがあります。唇の緊張を切らさないで「長く」「最後までオー」と発音しましょう。

一方[ou]は通常の日本語での生活では発音されませんので無意識に「オー」と発音することが圧倒的に多いようです。日本語のカタカナ表示が「オー」となっている時には疑ってかかりましょう(下記参照)。

[o:]と発音する単語例(英音の場合):
all, August, autumn, ball, bought, call, caught, door, daughter, draw, fall, fought, fault, hall, law, roll, saw, sought, taught, water, walk

[ou]と発音する単語例(「強形」発音の場合):
boat, bowl, coat, coke, cold, doughnut, don’t, focus, goat, hole, joke, low, most, only, open, photo, role, so, sew, toe, told, woke, won’t,
(日本語:順に「ボート」「ボール」「コート」「コーク」「コールド」「ドーナツ」「ドーント」「フォーカス」「オンリー」「オープン」「フォト」「ロール」「ソー」「ソー」「トー」「トールド」「対応する日本語なし」「対応する日本語なし」)

次を対比して練習してみて下さい。
[ball] vs. [bowl]
[bought] vs. [boat]
[called] vs. [cold]
[caught] vs. [coat]
[hall] vs. [hole]
[law] vs. [low]
[saw] vs. [sew]
[walk] vs. [woke]


話すための「1日1動詞」(try)

.灰△箸覆襯ぅ瓠璽検Г笋辰討澆
一番近い日本語:「やってみる」
A庵峪譟ι詞を伴う使用例(E-Gate 等から転載)
try (out) for …: 「(地位・賞など)を得ようとする、・・・を志願する」。
try … on: 「(衣服・靴など)を身につけてみる」。Can I try it on? (試着してもいいですか)
try… out : 「(機械など)を実際に試してみる」。
ぁtry」は「古フランス語」を語源にしており、ラテン系の動詞ですので意味の広がりは少ないです。従って所謂「句動詞」も少ないです。

「try to do」は「やろうと努める(実際にやるかどうかは分からない)」。一方「try doing」は「実際にやってみる」意になります(I tried opening the window.は「窓を開けてみた、そして窓は開いた」)。

話すための「1日1動詞」(throw)

.灰△箸覆襯ぅ瓠璽検А覆垢个笋)(さっと)投げる
一番近い日本語:「投げる」
A庵峪譟ι詞を伴う使用例(E-Gate 等から転載)
throw … away: 「(不要なもの)を捨て(去)る」。We threw the old TV and bought a new one.(古いテレビを捨てて新品を買った)。
throw … back: 「を投げ返す」「(頭など)を後ろにそらせる」。
throw … in : 「・・・を投げ入れる」。「(無料で)・・・をつけ加える」。The car salesman threw in the radio (for) free.(その自動車のセールスマンはカーラジオを無料で付け加えてくれた)。「(ことば)を(咄嗟に)差し挟む」。
throw A into B: 「AをBに投げ入れる」。throw stones into the river(石を川の中に投げ込む)。「(事業・企画など)に投入する」。throw a lot of money into the project(その企画に大金を投入する)。
throw … off: 「・・・を投げ捨てる、をさっと脱ぐ」。He threw off his jacket. (彼は上着をさっと脱ぎ捨てた)。「(制度・慣習など)を(ふり)捨てる」。throw off the old-fashioned customs(古い慣習を捨てる)。「(追っ手)を振り切る」。The robbers threw off the police.(強盗が警察をまいて逃亡した)。
throw … on: 「(服など)をさっとかぶる(はおる)」。He threw on a hat and went out.(彼は帽子をさっとかぶって出て行った)。
throw … out: 「・・・を処分する」。「(法案など)を否決する」。The city council threw out the proposed water-recycling plan.(市議会は提出されていた水リサイクル計画を否決した)。「(人)を追い出す」。His father threw him out on the street.(父は彼を家から追い出した)。「(煙など)を吐き出す」。
throw A out of B: 「AをBから放り出す、投げ捨てる」。throw a cigarette butt out of the car window.(車の窓からたばこの吸い殻を投げ捨てる)。「AをBから追放する」。The mayor was thrown out of office for taking a bribe.(市長は収賄のために職務を追われた)。
throw … over: 「・・・を投げてよこす」。「(計画など)をやめる、を見捨てる」。throw over one’s old friends(旧友を見捨てる)。
throw … together: 「・・・を急いで作る」。She threw the meal together for the children.(彼女は子供たちに食事をさっとこしらえた)。
throw … up: 「・・・を投げ上げる、(腕)を宙に投げ出す」。throw up the ball and catch it(ボールを投げ上げてキャッチする)。「・・・をもどす、吐く」。She threw it up after drinking six beers.(彼女はビールを6本飲んだ後(それをすべて)もどしてしまった。
ぁthrow」は「(すばやく)(さっと)(→英語ではquickly)投げる」イメージですが、「(すばやく)(さっと)」のイメージを伴うことに留意下さい(上記の日本語訳にニュアンスが出ています)。「pitch(「ほうり投げる」)」「toss(ひょいと投げる)」には「quickly」のイメージはありません。

「Going My Way」と「強引 マイ・ウエイ」

「Going My Way」と「強引 マイ・ウエイ」

「Going My Way」は「我が道を行く」意で、著者が生まれ育った山口県出身のまど・みちおさん(童謡「ぞうさん」の作詞家。先日104歳で他界)のような生き方であろう。

一方「強引」は『抵抗や反対を押しきって無理に物事を行うこと。また、そのさま。「―なやり方」「―に事を進める」』の意。安倍さんのやり方が目に浮かびます。

著者も来年は「後期高齢者」。せめてこれからは健康で「Going My Way」で行きたいものだ。

話すための「1日1動詞」(think)

.灰△箸覆襯ぅ瓠璽検С鞠亜Ρ覗を頭に見えるようにする
一番近い日本語:「思う」
A庵峪譟ι詞を伴う使用例(E-Gate 等から転載)
think about …: 「・・・のことを考える」。「・・・について熟考する、検討する」。
think ahead: 「先(将来)のことを考える」。
think back to/on/over … : 「・・・を思い出す、振り返って思う」。He thought back on his life in Thailand.(彼はタイでの生活を振り返った)。
think of …: 「・・・を思いつく、考えつく」。The researchers thought of a new way to produce microchips.(研究者たちはマイクロチップの新しい製造の仕方を思いついた)。「・・・を思い出す」「・・・のことを思う」「・・・を予期する」等の意にもなります(文脈で意味が決まってきます)。
think … out: 「・・・を考え抜く」。Let’s think things out carefully before we decide to take this drastic action. (この思い切った行動をとる決心をする前にいろいろ考え抜いてみよう)。
think… apart: 「・・・を見分ける、・・・の違いが分かる」。
think… over: 「・・・をよく考える」。I’ve thought it over and decided not to take that new job after all.(よくよく考えてみて今度のその仕事には結局つかないことにした)。
think … through: 「・・・をきちんと考え抜く」。John thought it through and then decided to marry her.(ジョンはきちんと考えた上で彼女と結婚することに決めた)。
think … up: 「・・・を考え出す」。Let’s try to think up a new advertising campaign that will really impress people.(人に強い印象を与えるような新しい広告キャンペーンを考え出そう)。
ぁthink」は「概念・映像を頭に見えるようにする」イメージですが、「見えるようになった概念・映像」を見て「I see.(なるほど、わかりました)」、もしまだ十分には見えないと「Let me see.(ええと、そうですね)」となるわけです。概念・映像が見えたら、人間はそれに反応しますが、その反応も絵(イメージ)になります。この絵(イメージ)を言葉で伝えるのが「しゃべる」ということです。
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ