「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

2016年01月

赦す

天皇陛下・皇后さまのフィリピンへの慰霊の旅はテレビでも連日報じられました。その御蔭で、第二次世界大戦におけるフィリピンでの出来ごとについて知らなかったこともいくつか知りました。

その1つが『フィリピンBC級戦犯裁判で死刑や有期刑を宣告され、刑務所に服役していた100人を超える日本人戦犯に対し、1953年7月に恩赦令を出したキリノ大統領』のことです。B級戦犯とは「捕虜虐待などの戦争犯罪」、C級戦犯とは「人道に対する罪」が対象(A級戦犯とは「侵略戦争の計画・開始・遂行など平和に対する罪」が対象。起訴されたのは全部で28名)。

調べてみると、キリノは第二次世界大戦中のマニラの戦いで、妻と5人の子のうち3人を日本兵に殺害されていることを知りました。そんなキリノ大統領がよくも「全員恩赦」などということをやったものだと思いました。

永井均・広島市立大学准教授の『フィリピンBC級戦犯裁判』(講談社)によれば、キリノ大統領が議会での承認を必要としない特赦で日本人戦犯を釈放、減刑した背景には、冷戦の世界情勢や日本との賠償交渉の行き詰まり、1953年11月の大統領選、助命嘆願運動の高まりや刑務当局の財政軽減などがあったとされます。

加えて、キリノ家関係者へのインタビューでは、キリノ政権を支えた弟アントニオ・キリノの進言が大統領の決断を促した、とのことです。キリノ大統領の実弟アントニオの娘は、「エルピディオ(大統領)の腹心として絶大な信頼を得ていた私の父、アントニオが恩赦を出すよう説得したようです」と語る。彼女によると、当時、賠償交渉が行き詰まっていたことに加え、キリノ大統領が戦犯を利用して金儲けしているといううわさが流れたこともあり、実弟アントニオは「カトリック教徒として相手を赦すべきだ」「助けられた日本は恩義を感じてフィリピンを支援するのではないか」などと、恩赦の決断を促したのだという。フィリピンの人々はカトリック教徒が多く、比較的信仰深いという印象を著者は持っています。

キリノ大統領の恩赦令について、永井准教授は「冷戦の現実を前に、キリノは対日協調の道を探り、戦犯に寛大な措置を講じた。逡巡の末の政治決断であり、将来の比日関係を見すえ、対日憎悪の連鎖を断つことの大切さをフィリピン国民に示し、日本国民にはフィリピン人の痛みへの理解を促した」と指摘しています。

娘がカトリックの宣教師をしている影響もあって、著者は、どんな打算があったにせよ、妻と5人の子のうち3人を日本兵に殺害されたキリノ大統領が恩赦に踏み切ったのは、「カトリック教徒として相手を赦すべきだ」との、カトリック教徒としての信念に最後は忠実だったからだと感じています。だからこそ、議会での承認を必要としない特赦という手を使ったものと考えます。いつまでも「赦す」ことが出来ないどこかの国もカトリックの信者が多いのですが、多分「政治」「一部の人々の思惑」が邪魔をしているのでしょう(パククネ大統領自身はカトリックの信者です)。

前置詞の色々な使い方(2)

A.Fill in the blanks with one of the prepositions or phrases from the previous lesson.

1.Franklin became a prominent citizen of Philadelphia …… his humble origins.
2.…… his interest in science, he liked to repeat experiments that other scientists had done.
3.…… other outstanding Americans, Franklin wrote the Declaration of Independence.
4.“Poor Richard’s Almanac” is a book …… many wise sayings.
5.It was largely …… Franklin’s efforts that France became a friend of the new United States.


回答:
1.Franklin became a prominent citizen of Philadelphia in spite of / despite his humble origins.
2.Because of / On account of his interest in science, he liked to repeat experiments that other scientists had done. ⇒「due to」は文頭では使えないという人たちもいます(Owing to とする)。
3.With / Together with / Along with other outstanding Americans, Franklin wrote the Declaration of Independence.
4.“Poor Richard’s Almanac” is a book with many wise sayings. ⇒Benjamin Franklin作の年鑑です。
5.It was largely due to / because of / on account of Franklin’s efforts that France became a friend of the new United States.⇒「私の友だち」は「a friend of mine」ですが「アメリカ合州国の友だち」は「a friend of the United States」(the United Statesは「人」ではありません。1語で「それのもの」 に相当する語はありません)。


B.Fill in the blanks with one of the prepositions or phrases in the previous lesson. In some cases, more than one is correct.

1.Please tell us something more …… yourself.
2.…… the newspaper, the Prime Minister has gone to Europe.
3.This is the tallest building …… the city.
4.…… rain, the meeting was held indoors rather than outdoors.
5.……. the fact that we were there only a few days, we saw a great deal of the city.
6.He is a famous actor. Perhaps he is most famous …… Hamlet.
7.This town is very much …… my hometown.
8.The hem …… her skirt is not straight.
9.She went to the market …… fresh vegetables.
10.He went to lunch …… one or two other people from his office.
11.My sister is the girl …… the blue sweater and the brown skirt.
12.You ought to come ….. us to the mountains.
13.He is a great help to me. In fact, I don’t know what I’d do …… him.
14.He decided to buy a used car …… a new one.


回答
1.Please tell us something more about/concerning yourself.
2.According to the newspaper, the Prime Minister has gone to Europe.
3.This is the tallest building in the city.
4.Because of / On account of rain, the meeting was held indoors rather than outdoors.
5.In spite of / Despite the fact that we were there only a few days, we saw a great deal of the city.
6.He is a famous actor. Perhaps he is most famous as Hamlet.
7.This town is very much like my hometown.
8.The hem of her skirt is not straight.
9.She went to the market for fresh vegetables.
10.He went to lunch with / together with / along with one or two other people from his office.
11.My sister is the girl with the blue sweater and the brown skirt.
12.You ought to come with / along with us to the mountains. ⇒ together with も文法的には正しいですが「あなたは我々と共に山に登りに来るべきだ」となり少々不自然です。「You ought to come together to the mountains.」の方が自然です。
13.He is a great help to me. In fact, I don’t know what I’d do without him.
14.He decided to buy a used car instead of a new one.


C.Pick out the preposition in parentheses that could not be used in the sentences below.
1.Mary was determined to finish school (in spite of, despite, besides) her father’s opposition.
2.I know little (about, as, concerning) his life except that his family was quite poor.
3.(Like, According to, For the purpose of) his brother, he was quite successful.
4.Please go on the trip (besides, with, without) me.
5.The dog (with, of) the long, floppy ears must be a spaniel.
6.(On account of, Because of, Instead of) the cold weather, fuel consumption has been very high this winter.
7.She seems to act (with, according to) her feelings of the moment.
8.I’ll take those shoes (without, with, concerning) the bows on hem.
9.(For, According to, Because of) that magazine article, the government official is thinking of resigning.
10.He needed money very much (for, of, for the purpose of) further study.
11.She went (along with, in order to, with) her friends to visit the museum.
12.The rivers were flooded (because of, due to, according to) heavy rains.


回答
1.Mary was determined to finish school (in spite of, despite, besides) her father’s opposition.
2.I know little (about, as, concerning) his life except that his family was quite poor.
3.(Like, According to, For the purpose of) his brother, he was quite successful.
4.Please go on the trip (besides, with, without) me.
5.The dog (with, of) the long, floppy ears must be a spaniel.
6.(On account of, Because of, Instead of) the cold weather, fuel consumption has been very high this winter.
7.She seems to act (with, according to) her feelings of the moment.
8.I’ll take those shoes (without, with, concerning) the bows on hem.
9.(For, According to, Because of) that magazine article, the government official is thinking of resigning.
10.He needed money very much (for, of, for the purpose of) further study.
11.She went (along with, in order to, with) her friends to visit the museum.
12.The rivers were flooded (because of, due to, according to) heavy rains.

甘利明元経済再生担当相辞任の背景

著者は日経しか購読していないので甘利明元経済再生担当相の辞任の本当の背景が良く分からなかった。秘書のせいにして居座ることも出来たハズだし、ある意味で政府・自民党にとってはTPPに関する国会答弁を乗り切るためには甘利氏を必要としていたハズ。余りにも「潔い」結末だったように思い、「他人のスキャンダルは蜜の味がして」ネットで調べてみた。

<毎日新聞電子版>
甘利明経済再生担当相(66)=衆院神奈川13区=は28日、自身や秘書が千葉県の建設会社から口利きを依頼されて、現金を受け取ったとする週刊文春の報道を受けて記者会見し、閣僚を辞任する意向を表明した。

甘利明氏の一連の疑惑は、千葉県白井市の建設会社の総務担当者を名乗る男性(62)が週刊文春の取材に応じる形で公になった。

甘利氏側に解決を依頼したとされるトラブルは、建設会社と都市再生機構(UR)の間の紛争だった。URは同市などにまたがる千葉ニュータウン開発を進め、建設会社の近隣で県から道路の新設を請け負っていた。

県などによると新設道路の用地は県が1970年に購入したが、元地権者が大量の産業廃棄物を不法投棄。さらに土地を借りている建設会社の施設が県の土地の一部にかかり、不法占拠状態だった。
県は工事のため建設会社に立ち退きを求めた。これに対し、建設会社は東京都内など二つの右翼団体に県側との交渉を依頼。右翼団体は5億円の立ち退き料を求めたが、県は応じないまま、URによる産廃撤去や道路新設の工事が始まった。

建設会社は都内の右翼団体の構成員の一人に交渉を依頼する。その人物が今回文春に証言した男性だ。右翼団体は、男性を除名した。

その後、URの工事により建設会社は「工事の振動で建物がゆがんだ」と主張。会社の総務担当者となった男性はURに補償を求め、2013年に入って甘利氏の秘書に協力を頼むと交渉が急に進展した。URによると、約1600万円の先行補償に加え、同年8月に約2億2000万円の補償追加で合意したが、補償額については会計検査院が問題視し、検査に入っているという。事情を知る地元の建設関係者は毎日新聞の取材に「300坪の土地が50万円でも買い手が付かない場所で、2億円以上の補償金を払うなんてどうかしている」と話す。

ところが、関係者によると、その後も建設会社は「敷地内のコンクリートにひびが入った」などと抗議してトラブルが再燃。建設会社は補償の上積みをURに求め、総務担当者は甘利氏側に再び協力を依頼した。
文春報道では、甘利氏の地元事務所長(公設秘書)はUR幹部を事務所に呼び、建設会社への補償を要求。これに対しUR側は「(甘利氏側の)これ以上の深入りは良くない」といさめたとされる。
もともと男性は神奈川県内で不動産業などを営み、交渉過程で甘利事務所との関係を深めたとみられる。一時は建設会社の社長をトップに、甘利氏の支援組織を千葉県内に作ろうと奔走。14年4月に甘利氏本人を招き、船橋市内の宴会場で設立総会を開いたという。

<夕刊ゲンダイによると>
この公設秘書は「タカリ」で永田町では有名な人物。金に対する嗅覚が鋭い。文春報道の直前から家族ともども姿をくらましているとのこと。

以上が「真実」だとすると、この公設秘書のやってきたことが公になれば、とても持たないと甘利氏(そして安倍総理)が判断したとすれば極めて分かり易い。日経でも都市再生機構(UR)の担当者が12回も甘利氏側と面会したことを紹介している。これも異常に思えるが、毎日新聞が報じるように、これにより保証金額がつり上がったとすれば問題だ。都市再生機構(UR)の役員を見てみると、URは実質国土交通省の出先機関のように思える。野党はそれこそ「蜂の味」がして攻撃するのだろうが、本当に国会で審議しなくてはならないことが沢山あろうにとも思う次第。

前置詞の色々な使い方(1)

「as」
「・・・として(の)(in the capacity of)」と言う場合は「as」が使えます。
She worked as (a) maid and cook for him. (彼女は彼のお手伝い兼料理人として働いた)⇒「as」の後の名詞は時に冠詞が省略されます。特に唯一の役職を表す語の場合、通例冠詞は置かれません。
As your family doctor, I advise you to eat less. (あなたのかかりつけの医者として、食事の量を減らすよう忠告します)
Who is going to act as chairman of the committee? (誰が委員会の議長を務めますか)

「like」
前に「・・・と同じように、・・・と同じ方法で」の使い方を説明しましたが「・・・に似た」の意でも使えます。
Her house is (very much) like mine. (彼女の家は私の家と<たいへん>似ている)
Your sister is just like you. (あなたの妹はまさにあなたそっくりだ)

「resemblance to」「resemblance between」
「・・・に似ている」の意になります。
She bears/has/shows a resemblance to her mother. = She resembles her mother. (彼女は母親に似ている)
There is a strong resemblance between the two brothers. (その2人の兄弟はよく似ている)

「of」
「所属・所有」を表します。
the leg of the table (テーブルの脚)
the courage of the hero (英雄の勇気)
a friend of the doctor’s (その医者の友人の1人)
a friend of mine (私の友人の1人)
「ビンのラベル」という時、「ビン」が「ラベル」を所有しているわけでもないし、「ラベル」が「ビン」に所属しているわけではありませんので「a/the label on the bottle」となります。

「with」
「with」は「所有・所持」を表すことができます。
a girl with blue eyes (青い目をした少女)
a man with a black coat (黒いコートを着た・持った男の人)
a can with a hole in the bottom (底に穴のあいた缶)
I want a house with a large garden. (広い庭付きの家が欲しい)

「in」
「in」は「着用」を表すことができます。
a man in a black coat (黒いコートを着た男の人)⇒「with」より「in」の方が普通。
walk in (one’s) geta (下駄をはいて歩く)

「for」
「目的(purpose)」を表すことができます。「・・・もために(の)」「・・・を求めて」「・・・を得ようとして」等の日本語が対応します。
work for one’s living (生活のために働く)
a room for sleeping (寝室)
House for sale (売り家)
run for one’s life (命からがら逃げる)
What is this used for? (これは何のために使われるのですか)
I went there for the summer. (夏を過ごすためにそこへ行った)

「with」「together with」「along with」
「・・・と一緒に(随伴・同伴)」の意で使えます。
I’ll go with you. (あなたと一緒に行きます)
The teacher, together with her pupils, has lunch in the classroom. (先生は生徒と一緒に教室で昼食を取ります)
He planned the project along with his colleagues. (彼は同僚と協力してその計画を立てた)

「without」
「with」「together with」「along with」と反対のイメージで「・・・なしに」等の日本語が対応します。
go out without a coat (コートを着ないで・持たないで外出する)
drink coffee without sugar (砂糖なしでコーヒーを飲む)
climb the cliff without any fear (少しも恐れずに岩壁を登る)
He came without his wife. (彼は奥さんを連れずにやってきた)

「because of」「on account of」「due to」
「原因」を表します。
The game was canceled because of / on account of heavy rain. (大雨のため試合は中止された)
This season is particularly nice because of the cherry blossoms. (この季節は桜の花があるので特によい)
Due to the newspaper strike, we haven’t seen a paper for a month. (新聞社のストライキでここ1カ月新聞を見ていない)

「instead of」
「・・・の代わりに、・・・しないで、・・・ではなくて」。
go instead of her (彼女の代わりに行く)
go by car instead of by train (汽車ではなく車で行く)
I stayed in bed all day instead of going to work. (仕事に行かず1日中寝ていた)
I’d rather have fish instead of meat. (肉ではなくむしろ魚が食べたい)

「according to」
「・・・によれば」。
according to my friend (友人の話によると)
According to the weather forecast, it will snow tomorrow. (天気予報によればあすは雪だ)

「besides」
「・・・のほかに、・・・に加えて(in addition to)」の意。
He drank some beer besides a bottle of whisky. (彼はウイスキーを1本あげたうえに、ビールを少し飲んだ)
There were still ten persons besides me who supported the plan. (その案を支持した者は私のほかにまだ10名いた)

「about」「concerning」
「・・・について(の)、・・・に関して(の)<with regard to>」。「concerning」の方が形式的。
He wrote a book about/on animals. (彼女は動物に関する本を書いた)
He spoke about/of his new car. (彼は買った新車の話をした)
an article concerning the financial situation (金融動向に関する記事)
Concerning his proposal, there were pros and cons at the meeting. (彼の提案についてその会議では賛否両論があった)

「in spite of」「despite」
「・・・にもかかわらず」。「in spite of」の方が普通。「spite」は「悪意」の意ですので直訳は「・・・の悪意の中にあっても」です。
She went to school in spite of (having) a pain in her leg. (彼女は脚が痛かったのに学校へ行った)
She can’t see very well in spite of her glasses. (彼女はメガネをかけているにもかかわらずよく見えない)

「計ること(measurement)」「数(number)」「量(amount)」を表す前置詞(2)

Fill in the blanks in the sentences below with phrases from the list. In many cases, more than one expression can be used.

one, two, three, etc., of
hundreds, thousands, etc., of
a number of
many of
several of
some of
(a) few of
most, more, all of
a great (large) quantity, amount, number of
by (the pound, dozen, etc.)
per (pound, dozen, etc. )
a pint, quart, gallon, pound, yard of
by the inch, foot, yard
in half, in two
divide by, into
multiply by
add to
subtract from

1.…… the girls wanted to go dancing, while …… the boys preferred to go bowling.
2.Do you sell bananas …… the pound or …… the dozen?
3.How much do you suppose this land is worth …… acre?
4.Mark drinks …… milk every day.
5.I’d like …… this red cloth, please.
6.I only want part of this piece of pie. Won’t you please divide it ……?
7.I’ve read …… Mark Twain’s stories, but not all of them.
8.Don’t get more than …… fish.
9.…… the animals in the zoo seem unhappy in captivity.
10.Would …… you volunteer to take part in an experiment?
11.If you …… 7 …… 14, the answer is 2.
12.If you …… 10 …… 20, the answer is 10.


回答(他にも可能なものがあります。一例と考えて下さい):
1.Most of the girls wanted to go dancing, while some of the boys preferred to go bowling.
2.Do you sell bananas by the pound or by the dozen?
3.How much do you suppose this land is worth per acre?
4.Mark drinks a quart of milk every day.
5.I’d like a yard of this red cloth, please.
6.I only want part of this piece of pie. Won’t you please divide it in two?
7.I’ve read some of Mark Twain’s stories, but not all of them.
8.Don’t get more than a pound of fish.
9.A few of the animals in the zoo seem unhappy in captivity.
10.Would some of you volunteer to take part in an experiment?
11.If you divide 7 into 14, the answer is 2.
12.If you subtract 10 from 20, the answer is 10.
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ