「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

2016年02月

先立つものは「語彙」

今、鳥飼玖美子氏の「本物の英語力」(講談社現代新書)を読んでいます。そのなかでこんなことを言っておられます。

『海外旅行目的なら中学レベルの語彙で何とか間にあう。
仕事で英語を使おうとすると8000語は必要。
何かの問題について議論するならば1万語は欲しい。
北米の大学や大学院に留学して学ぶのにも同程度必要。
英語母語話者の語彙サイズは2万語くらいと言われている。

日本の中学・高校で学ぶ語彙数はたったの3000語。
残念なことに日本の大学生の英語力は、受験の頃が最も高く、入学後の半年で語彙の四分の一近くが失われるとされる。
大学四年間で増える語彙は個人差があるが、増えても1000から2000。つまり大学卒業時での語彙数は4000−5000。
学校で文法訳読ばかりやって会話をやらないから仕事に使えないのではなく、そもそもボキュブラリーがまるで足りないのです。』

これは「語彙」を「数」の面から見たご意見です。著者は「語彙」研究の専門家ではありませんので、あまり深くコメントすることは出来ませんが感想を述べてみたいと思います。

著者はTOEFLを受験ししたことがありますが、北米の大学や大学院に留学して学ぶのにも1万語程度必要というのは納得が行きます。

英検「準1級」必要最低語彙数は6800〜7000で「1級」はその倍は必要だとネット上に書いている人もいます。鳥飼さんの基準とは違う基準で計算されているかも知れません。しかし「準1級」と「1級」との間のギャップはこのくらいあっても不思議はありません。著者は先に「1級」を取得し(その当時は「準1級」はなかった)、随分後になって「準1級」を受験してみましたが、あり得ないくらい偏差値が高かったのを覚えています。

著者は社会人を相手に「英語回路構築トレーニング」を約30年間行っていますが、TOEICのスコアは「(使える)語彙」に比例することは身をもって経験しています。TOEICの出題形式が近く変わるようですが、今までの出題形式では600点未満の方は間違いなく「語彙」不足です。

「日本の大学生の英語力は、受験の頃が最も高く、入学後の半年で語彙の四分の一近くが失われる」だけでなく、社会人になって仕事を始めると半年後には大幅にTOEICのスコアが落ちる現象も長い間見てきました。ある会社で年齢とTOEICのスコアをグラフにしてもらったところ綺麗な右肩下がりの直線でした。「(一時的に)覚えた語彙」は忘れるが「身についた語彙」は忘れないものです。次回は「語彙の身に着け方」について書いてみたいと思っています。

「in + 名詞」を使った慣用句(12)

「in + 名詞」を使った慣用句(12)

「in + 名詞」を使った慣用句の最終回です。次回からは今までやってきた「前置詞+名詞」を使った慣用句のおさらいを兼ねて「テスト」です。

(57) in time
「時・時間・予定時間の中に、の中で(の)、において、で」⇒「そのうちに、早晩、結局は、ついに」「(・・・するのに)間に合って」「(・・・の)時に(は)」
In time, he became a kinder husband. (やがて彼はよりやさしい夫になった)
I didn’t send my application in time. (願書を出すのが間に合わなかった)
I’ll be home in time to watch the TV program. (そのテレビ番組を見るのに間に合うように家に戻ります)
in time of peace (平和な時には)

(58) in turn
「回転・順番の中に、の中で(の)、において、で」⇒「(2人が)交代で、(3人以上が)順番に」「今度は、同様に」
My children and I caught cold in turn. (子どもたちと私は次々にかぜをひいた)
You dislike others and you are disliked by them in turn. (人を嫌うと、今度は自分が嫌われますよ)

(59) in use
「使用の中に、の中で(の)、において、で」⇒「使用されて(いる)」
That car is still in use. (あの自動車は今なお使われている)
The Pill has been in general use here since 1950. (ピルはここでは1960年から一般に使用されている)

(60) in view of …
「・・・の眺め・視野・見方の中に、の中で(の)、において、で」⇒「・・・の(から)見える所に」「・・・を考慮して、・・・から考えて、・・・のために」
He finally came in view of the bridge. (彼はついにその橋の見えるところにやって来た)
In view of your efforts, I’m sure you’ll pass the examination. (君の努力から考えて、きっとその試験に通ると思う)

(61) in tune
「曲・正しい調子の中に、の中で(の)、において、で」⇒「正しい旋律で、調子があって」「(機械・エンジンなどが)調整されて」「調和して、仲良く」「かみ合って」
This piano is in tune. (このピアノは調子が合っている)
His parents are just not in tune with the times. (彼の両親はまったく時流に合っていない)

(62) in the way of …
「その道・行く手の中に、の中で(の)、において、で」⇒「・・・の点で、・・・としては」「・・・の行く手をふさいで、邪魔になって」
There isn’t much in the way of entertainment in this place. (娯楽という点では、ここには沢山はない)
The chair is in the way here. Let’s move it. (ここではその椅子は邪魔だ。動かそう)

(7) in other words
「他の言葉たちの中に、の中で(の)、において、で」⇒「言いかえれば」「つまり」。話を要約するときによく使われます。
In other words, we are broke. (言いかえれば、私たちは文無し・破産したということです)

「in + 名詞」を使った慣用句(11)

(51) in spite of …
「・・・の悪意・意地悪の中に、の中で(の)、において、で」⇒「・・・にもかかわらず、・・・を無視して、・・・を物ともせず」
She went to school in spite of (having) a pain in her leg. (彼女は脚が痛かったのに学校へ行った)
She can’t see very well in spite of her glasses. (彼女は眼鏡をかけているにもかかわらずよく見えない)
The boy went out in spite of his father’s orders. (その少年は父親の命令を無視して出かけた)

(52) in good/bad/poor taste
「良い・悪い・劣る好みの中に、の中で(の)、において、で」⇒「上品な・下品な」「儀礼に合った・儀礼に反した」
in good taste (趣味よく、上品で)
in bad/poor taste (悪趣味で、下品で)
Do you think his remark was in good taste?(彼の所見は儀礼に合ったものだったと思いますか)

(53) in style
「様式・流行型の中に、の中で(の)、において、で」⇒「流行して(いる)」
Her dress is in style. (彼女のドレスは流行ものだ)
Long hair is in style this year. (今年は長い髪が流行っている)

(54) in tears
「涙の中に、の中で(の)、において、で」⇒「涙を浮かべて、泣いて」
He broke down in tears when he learned that his father had died. (彼は父が亡くなったと分かった時泣き崩れた)
When Bob went home, he found his wife in tears because she had burned the steak. (ボブが家に帰ったとき、奥さんがステーキを焦がしてしまったと涙を浮かべていた)

(55) in touch
「接触の中に、の中で(の)、において、で」⇒「(人と)連絡して、接触して」「(・・・の)事情に通じて」
He put me in touch with the landlord. (彼は私が家主と連絡できるようにしてくれた)
I keep in touch with my parents by mail. (両親とは手紙のやり取りを続けています)
Keep in touch. (またお便り下さい)
It is important to keep in touch with the latest research. (最新の研究に通じ続けることは重要です)

(56) in trouble
「面倒の中に、の中で(の)、において、で」⇒「困っている」「(警察などと)ごたごたを起こしている」「(未婚の女性が)妊娠している」
She is in great trouble. (彼女はとても困っている)
He was in trouble with customs. (彼は税関でごたごたを起こした)
He was in trouble with the police. (彼は警察の取り調べを受けていた)

暇つぶしの脳活性化

昔の電車内の暇つぶしは「数字合わせ」だった。目に入る数字の最初の2つの後に「=」(イーコル)を入れ次の2つの数字で切る。そして加減乗除等の数学記号を使って左右の数字がイーコルになるよう瞬時に考えるものである。例えば「1234」と並んでいれば「1−2=3−4」「12=3X4」のようにする。「√(ルート)」とか「!(階乗)」を使えばもっと沢山できる。

電車内の広告を見て英語では何と言うだろうというのもよくやった。これは結構難しい。日本語の発想と英語の発想の違いがイヤになるほどよく分かる。

つい最近、日本語の中で極めて自然に使われているカタカナ語(英語が語源)を純粋な日本語で表すとするとどうすればよいかをやっている。易しいものもあれば、どうやってもシックリこないものもある。「baseball(ベースボーール)」を「野球」と訳した先人たちに感服している。

パソコンで「ヤフー」を「ホームページ」に使っておられる方も多いと思うので、そこで使われているものを一緒にやってみませんか(上から5行のみ)。

(1) ホームページ
「ウエブサイトの最初のページ」のことであるが「ウエブサイト」も語源は英語で純粋な日本語ではない。敢えて訳すなら「電子情報網」か。「ページ」は「画面」と訳せばこれはピッタリ。そうすると「電子情報網の最初の画面」と訳せば純粋な日本語にはなる。
(2) ヘルプ
「コンピューターのソフトウエアの使用法を教える機能」のことである。「ソフトウエア」は「プログラムやその作成技術などの総称」で、「プログラム」は「コンピューターへの命令を記述すること(したもの)」。そうすると「電子計算機への命令、その作成技術の使用法を教える機能」で一応純粋の日本語になりますが、ここでは実際にパソコンを開いていて「ヤフー」の「ホームページ」を見ているという「文脈」がありますので「困ったら」と意訳してみました。
(3) アプリ
「アプリケーションプログラム」の略で「ワープロ・表計算などの実務処理プログラム」のことであるが「便利機能」と訳してみました。
(4) トラベル
「旅行」
(5) ヤフオク
「オク」は「オークション」のことですので「ヤフーの競売」
(6) ショッピング
「買い物」
(7) カード
「クレジットカード」のことです。色々考えましたが上手い訳がみつかりませんでした。「掛け売り用身分証明名詞」。
(8) メール
「電子手紙」
(9) リアルタイム
「即時応答」

これを電車の中でやっていたら時間はあっという間に過ぎてしまいます。

「in + 名詞」を使った慣用句(10)

(46) in a rush
「あわただしさ・急ぎの中に、の中で(の)、において、で」⇒「急いで」
I’m in a rush. (私は急いでいる)

(47) in school
「(制度としての)学校の中に、の中で(の)、において、で」⇒「在学中で」。英では「at school」。
She is still in/at school. (彼女はまだ在学中です)
She’s not in/at school today. (今日は彼女は学校に行かないでいる)

(48) in search of …
「・・・の捜索の中に、の中で(の)、において、で」⇒「・・・を捜して」
We went in search of the enemy destroyer. (敵の駆逐艦を求めて出撃した)
He emigrated to Brazil in search of a better life. (彼はよりよい生活を求めてブラジルへ移住した)

(49) in sight
「見ること・見えることの中に、の中で(の)、において、で」⇒「見えて、期待して、実現間近で」
There was a beautiful lake in sight. (美しい湖が見えた)
nowhere in sight (どこにも見当たらないで)
with no alternative in sight (代案も期待できず)
Our success is just in sight. (我々の成功は間近だ)

(50) in high/good/low spirits
「高い・良い・低い気分の中に、の中で(の)、において、で」⇒「高揚した気分で・落胆して」
The students were in high spirits just before vacation. (生徒たちは休暇の前で気分が高揚していた)
She is in low spirits today. (彼女は今日は意気消沈している)
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ