「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

2018年12月

王様(king)

Concise Oxford Dictionary で「king」を調べるとゲルマン語から派生した古英語「cyning、cyng」が語源であると出ています(多分「キング」と発音されたものと思います)。両方とも「王」を意味しました。

ジーニアス英和大辞典によると「king」の由来には「kin(血族)+ ing(の人)⇒部族の子孫」「kin(高貴な生まれの)+ ing(の人)⇒高貴な生まれの人」などの説があるようです。

「kin」は今では「親族」を表します。語源は古英語「cynn」です(Concise Oxford Dictionary)。

「種、種族、種類」を意味する「cynd」「gecynd」から派生したのが「種類」を表す「kind」です。

以上から、akin=「同種の」、kind=「種類」、kindred=「親類」、king=「王」、kingdom=「王国」が親戚関係にある言葉であることは容易に類推できます。

「親切な」を意味する「kind」も同根で『gecynde(生まれつきの、特有の)。「生まれのよい」が原義』(ジーニアス英和大辞典)とあります。著者は「生まれつきの」⇒「赤ん坊」のイメージ⇒「純粋無垢の」イメージから「親切な」のイメージになったのかも知れないのではないかと想像はできても確信はありません。「kind」に「種類」と「親切な」の一見関係なさそうな2つの語も元を辿れば1つのイメージに突きあたるということだけは分かりました。

Kazuo Ishiguro: When We Were Orphans (284)

いよいよ最終章です。前回までは1937年の上海が舞台でしたが、時は20年以上経ちました。主人公の母親探しはどうなったのでしょうか。

PART SEVEN

London, 14th November 1958

Chapter Twenty-three

It was my first long trip in many years, and for two days after our arrival in Hong Kong I remained quite fatigued. Air travel is impressively fast, but the conditions are cramped and disorientating. My hip pains returned with a vengeance and a headache lingered for much of my stay, which no doubt jaundiced my view of that colony. I know of those who have made the trip out there and returned full of praise. ‘A forward-looking place,’ they always say. ‘And astonishingly beautiful.’ Yet for much of that week, the skies were overcast, the streets oppressively crowded. I suppose I did appreciate here and there – in the Chinese signs outside the shops, or just in the sight of the Chinese going about their business in the markets – some vague echo of Shanghai. But then again, such echoes were more often than not discomforting. It was as though I had come upon, at one of those dullish supper parties I attend in Kensington or Bayswater, a distant cousin of a woman I once loved; whose gestures, facial expressions, little shrugs nudge the memory, but who remains, overall an awkward, even grotesque parody of a much-cherished image.
I was in the end glad of Jennifer’s company. When she had first hinted she should come with me, I had deliberately ignored her. For even by that late stage – I am speaking of only five years ago – she was still tending to regard me as some sort of invalid, especially whenever the past, or else the Far East, reemerged in my life. I suppose a part of me had long resented this oversolicitousness, and it was only when it occurred to me she genuinely wished to get away from things for a while – that she had her own worries, and that such a trip might do her good – that I agreed we should travel together.


註釈:

It was my first long trip in many years, and for two days after our arrival in Hong Kong I remained quite fatigued.
「fatigued」は「疲れた」。

Air travel is impressively fast, but the conditions are cramped and disorientating.
「impressively」は「感銘を与える程」。「but the conditions are cramped and disorientating」
は「(空の旅は感銘を与える程速いが)窮屈な状況で旅しなければならないし、方向感覚を失わせる」の意。

My hip pains returned with a vengeance and a headache lingered for much of my stay, which no doubt jaundiced my view of that colony.
「with a vengeance」は「猛烈に」。「linger」はここでは「なかなか消えない」。「jaundice」は「を歪める」。「that colony」⇒香港は1943年からイギリスの植民地になりました(返還は1997年)。

I know of those who have made the trip out there and returned full of praise.
「full of praise」は「ほめることしかしない」

‘A forward-looking place,’ they always say.
「forward-looking」は「前向きの」。

‘And astonishingly beautiful.’
「astonishingly」は「驚くほど」。

Yet for much of that week, the skies were overcast, the streets oppressively crowded.
「the skies」は「空模様」。「overcast」は「どんよりとした」。「oppressively」はここでは「ひどく」。

I suppose I did appreciate here and there – in the Chinese signs outside the shops, or just in the sight of the Chinese going about their business in the markets – some vague echo of Shanghai.
「appreciate」はここでは「・・・のよさを味わう」。目的語は「some vague echo of Shanghai」。

But then again, such echoes were more often than not discomforting.
「more often than not」はここでは「しばしば」。

It was as though I had come upon, at one of those dullish supper parties I attend in Kensington or Bayswater, a distant cousin of a woman I once loved;
「come upon」は「偶然出会う」。「dullish」は「やや退屈な」。「a distant cousin of a woman I once loved」は「come upon」の目的語。

whose gestures, facial expressions, little shrugs nudge the memory, but who remains, overall an awkward, even grotesque parody of a much-cherished image.
「shrug」はここでは「肩をすくめること」。「nudge」は「をひじで軽くつつく」。「awkward」はここでは「落ち着かない」。「parody」は「下手な模倣」。

I was in the end glad of Jennifer’s company.
「in the end」は「最終的に」。

When she had first hinted she should come with me, I had deliberately ignored her.
「deliberately」は「故意に」。

For even by that late stage – I am speaking of only five years ago – she was still tending to regard me as some sort of invalid, especially whenever the past, or else the Far East, reemerged in my life.
「invalid」はここでは「病人」。「or else」はここでは「あるいは」。「reemerge」は「再び現れる」。

I suppose a part of me had long resented this oversolicitousness, and it was only when it occurred to me she genuinely wished to get away from things for a while – that she had her own worries, and that such a trip might do her good – that I agreed we should travel together.
「resent」は「に憤慨する」。「oversolicitousness」は「心配しすぎること」。「it occurred to …」で「・・・の心にふと浮かんだ」。


『今日のイデイオム』

「with a vengeance」
「猛烈に」

「full of praise」
「ほめることしかしない」

「more often than not」
「しばしば」

「come upon」
「偶然出会う」

「in the end」
「最終的に」

「or else」
「あるいは」

「it occurred to …」
「・・・の心にふと浮かんだ」

「-ject-」を持つ言葉

projector」は誰でも知っています。「projectする人・物」の意で「プロジェクター、映写機、投射機、投光器」「計画者、企画者」等の日本語が対応します。

「project」の「pro-」はここでは「前に」の意を付与する接頭語。「ject」の語源はラテン語で「投げる」の意でした。『「前に」「投げる」』⇒「プロジェクター、映写機、投射機、投光器」。『「前に⇒未来に」「投げる」』⇒「計画する」。更に「未来に投げ出されたもの」から「企画、計画」の意を作ることになりました。

「object」の「ob-」は「・・・に反対して」「・・・に向かって」等の意を付与する接頭語。前者なら「に反対する」、後者なら「に向かって投げる」⇒「向かって投げられたもの」⇒「物」「対象」。

「reject」の「re-」は動詞に使われると「再び、新たに、繰り返して、・・・し直す、元に」の意になります。『「元に」「投げる」』⇒「投げ返す」⇒「拒絶する」。

「subject」については『「下に」「投げる」』⇒「服従させる」の意の動詞としての意は素直に納得できます。形容詞としての「従属している、服従している、支配下にある」の意も同じイメージです。名詞の「臣民、家来、臣下」も形容詞のイメージから容易に理解できます。「主語」の意の「subject」は上記の「object」に対比されます。「object」は「向かって投げられたもの」、「subject」は「向かって投げる」側という捉え方をすれば納得できます。「題目、主題、話題、議題」は「皆の前に議論して下さいと投げられた物・事」。一方で「sub-」は「分割、細分」の意味を付与することもあります(例えば「subregion(小区域)」)。「学科、科目、教科」の意はここからきたものと推察します(「これを勉強しなさいと分割されて投げられたもの」)。

「inject」は「中に投げる」⇒「注入・注射する」。

「deject」の「de-」は「下降」の意を付与する接頭語ですので「(気分を)下の方に投げる」⇒通例「be dejected / feel dejected」で「がっかりする」の意。

「ジェット機」とか「ジェットエンジン」の「jet」も実は「投げる」が語源です。「液体・ガス・炎を投げる」イメージです。

Kazuo Ishiguro: When We Were Orphans (283)

For a long time, I went on standing in the darkened part of the room, my back to him, listening to his breathing. Then I turned to him again and said, quite quietly:
‘You said earlier you believed my mother was still alive. Is she still with Wang Ku?’
‘Wang died four years ago. His army, in any case, was disbanded by Chiang. I don’t know where she is now, Puffin. I honestly don’t.’
‘Well. I shall find her. I shan’t give up.’
‘It won’t easy, my boy. There’s war raging through the country. It’ll soon engulf the whole of it.’
‘Yes,’ I said. ‘I dare say it will soon engulf the whole world. But that’s not my fault. In fact, it’s no longer my concern. I mean to start again, and this time to find her. Is there anything else you can tell me to help with my search?’
‘I’m afraid not, Puffin. I’ve told everything.’
‘Then goodbye, Uncle Philip. I’m sorry not oblige you.’
‘Don’t worry. No shortage of people willing to oblige the Yellow Snake.’ He gave a quick laugh. Then he said in a weary voice: ‘Goodbye, Puffin. I hope you find her.’


註釈:

For a long time, I went on standing in the darkened part of the room, my back to him, listening to his breathing. Then I turned to him again and said, quite quietly:
‘You said earlier you believed my mother was still alive. Is she still with Wang Ku?’
‘Wang died four years ago.

His army, in any case, was disbanded by Chiang.
「in any case」はここでは「どんな事情にせよ」「少なくとも」の意ではなく「それに加えて(and also)」の意。「disband」はここでは「を解隊する」。「Chiang」は「蒋介石」のこと。

I don’t know where she is now, Puffin. I honestly don’t.’

‘Well. I shall find her. I shan’t give up.’
「shall」はここでは「極めて強い意思」を表します。

‘It won’t easy, my boy.

There’s war raging through the country.
「rage」は「荒れ狂う」。

It’ll soon engulf the whole of it.’
「engulf」は「を飲みこむ」。

‘Yes,’ I said. ‘I dare say it will soon engulf the whole world. But that’s not my fault. In fact, it’s no longer my concern.

I mean to start again, and this time to find her.
「mean」はここでは「・・・する積りである」。

Is there anything else you can tell me to help with my search?’
「help with …」で「・・・を手伝う」。「with」はここでは「対象」を表します。

‘I’m afraid not, Puffin. I’ve told everything.’
‘Then goodbye, Uncle Philip.

I’m sorry not oblige you.’
「oblige」はここでは「を喜ばす」。

‘Don’t worry. No shortage of people willing to oblige the Yellow Snake.’ He gave a quick laugh.

Then he said in a weary voice: ‘Goodbye, Puffin. I hope you find her.’
「weary」は「疲れた」。


『今日のイデイオム』

「in any case」
「どんな事情にせよ」「少なくとも」「それに加えて(and also)」

「help with …」
「・・・を手伝う」

「mini」に関係ある言葉

「ミニ」という言葉は「ミニカー」「ミニスカート」等すっかり日本語になっています。

この「mini」という言葉はラテン語の「minuere(小さくする)」が語源だそうです。

「メンチカツ」「ミンチカツ」は「fried cake of minced meat」と訳している辞書もありますが「minced meat cutlet」の方がイメージしやすいと思います。この「mince」は直接的には古期フランス語の「mincier(小さくする)」を語源としていますが、元を辿ればラテン語の「minuere(小さくする)」に行きつきます。

「minute」は「分」を意味し「second」は「秒」を意味しますが、「minute」は「1時間の最初の1/60」を意味し、「second」は「次の1/60」を意味した歴史があります。

「minister」は元々ラテン語を語源としていますが「召使」を意味しました。「召使」は「取るに足らない小さな存在」だったのです。それが「大臣」を意味するようになったのは「queen」が「女性⇒妻⇒女王」と「出世」したのと同じ現象で「召使⇒(仕える・世話をする・聖職者の務めを果たす⇒執行する⇒)大臣」のように格上げされたものという説明もあります。「administer」は「ad-」が「方向」の意を付加しますので「(国政など)に仕える」⇒「を統治、管理する」に発展。「administration」はその名詞形。「ministry(内閣)」は「minister」+「-y(集合体)」。

「diminish」は『「di-(離して)」+「小さくする」』⇒「減らす、小さくする」。

「minus」はラテン語の「minus(より少なく)」から。

「minor」「minimum」はラテン語と全く同じスペルですし、「minority」「miniature」も全部ラテン語の「minuere(小さくする)」と関係した言葉です。
Archives
記事検索
livedoor プロフィール

eigoakahige

Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ