時は1969年。今から40年前。

シカゴ:
著者は、アメリカでの最初の滞在地をニューヨークからシカゴ(ニューヨークの下宿のおばあさんは「チカゴ」と発音していた)に移した。”Chicago” は北米先住民族語で「野生タマネギの生産地」という意味。市の愛称は “the Windy City” で、風が強いところである。著者は真冬にオヘア空港に着いたが、除雪された雪がうず高く積まれていて、風も強く本当に寒かった。「オヘア空港(O’hare International Airport)」は世界一の離着陸数を誇る(現在はアトランタにその座を譲っている可能性はある)。「風と共に去りぬ(”Gone with the Wind”)」の女性主人公 Scarlet O’hara と同じように “O’” で始まっているのでアイルランド系の名前であろう(アイルランド系の名前には他に “Mc…” があるが「・・・の子孫」という意味だそうだ)。ここには著者が勤務していた会社の連絡事務所があり、本当にお世話になった。

ミルウオーキー:
当時業務提携をしていた会社があり、そこで研修を受けさせて頂くために訪問した。ミルウオーキーは「ミュンヘン・サッポロ・ミルウオーキー」のキャッチ・フレーズで有名(北緯43度付近にありビールで有名)。ドイツ系の移民が多く、皆背が高く、勤続年数も長かった。アメリカ人は直ぐ勤務先を替えるという偏見が崩れた。従業員会館には永年勤続者の写真が並べて展示してあったのを思い出す。

コロンバス(インデイアナ州):
ここも研修のために訪れた。1492年にアメリカを発見したと言われている(本当はアメリカ本土ではなかった)航海者「コロンブス」に因んだ名前であるが「コロンブス」と発音したら通じない(英語では「コ ラム バス」と第二音節を強く発音する)。全米に同名の都市が5つあることを後で知ったが、一番大きいのはオハイオ州の州都である。インデイアナ州のコロンバスは「インデイ500」で有名。シカゴからバスで行ったが「コロンバス行きのバスは何処から出ますか」と聞いて、教えてもらった場所に行ったら確かにバスが待っていた。「石橋を叩いて渡る」性格の著者は乗るときに “Is this for Columbus, Indiana?”( 「インデイアナ州のコロンバス行きですか」)と聞いたら「違う」と言われ助かった。最初に教えてくれた人は勝手に “Columbus, Ohio” だと思ったのだ。

ここでは土地の人に教会に連れて行ってもらったり、その後食事に招待してもらったりした。文法に忠実に話そうと思っていた頃であるが「あなたの英語は崩れていなくて気持ちがいいわ」と誉めてもらったことも、いい思い出である。

道を歩いているとスクールバスが止まって、生徒たちがこちらを見ていたこともある。日本人が珍しかったのであろう。

映画「卒業(THE GRADUATE)」:
アメリカでの研修を終えて日本への帰途、ある田舎町に立ち寄った(多分本社からの依頼で何かを調べに行ったのだと思うが、詳細は思い出せない)。夕方時間があったので、ホテルの近くの映画館に入った。やっていたのがダステイ・ホフマン主演の「卒業(THE GRADUATE)」であった。ラスト近くのシーンで、エレーンが他の男と教会で結婚式を挙げている最中にダステイ・ホフマンが、2階から例の「エレーン、エレーン!」と叫ぶ青春映画である。

この映画は著者にとって一生忘れ得ない映画となった。それは「英語が全部分かった」と感じた最初の映画だからである。主題歌はサイモンとガーファンクルの「ザ・サウンンド・オブ・サイレンス」。こうして良い思い出と共に帰国した。

青春の思い出をシェアするために粗筋をウイッキペデイからそのまま紹介する。尚、英語的には、米では “graduate” は通例日本の「学士」を意味する。

大学陸上部のスターで新聞部長でもあったベンジャミンは、卒業を機に帰郷する。友人親戚一同が集った卒業記念パーティー、将来を嘱望される若者に人々は陽気に話しかける。だがベンジャミンは素直に喜べない何かを感じる。将来に対する不安なのか、それとも。パーティーで再会したのは、幼なじみエレーンの母、ミセス・ロビンソン。卒業記念のプレゼント、赤いアルファ・ロメオでミセス・ロビンソンを送ったベンジャミンは、彼女から思わぬ誘惑を受ける。
一度は拒んだベンジャミン。だが目標を失った彼に示された道は他にない。コロンビア大学院への進学を前にしたうつろな夏休みが始まる。夜ごとの逢瀬。それでもぬぐい去れない虚無感。彼の憂鬱は晴れない。心配した両親は同時期に帰郷した幼なじみのエレーンをデートに誘えという。一度きりのデートでわざと嫌われるようにし向けるはずが、ベンジャミンはエレーンの一途さに打たれる。
そして二度目のデートを約束してしまう。二度目のデートの当日、約束の場所に来たのはミセス・ロビンソンだった。ミセス・ロビンソンはベンジャミンにエレーンと別れるように迫り、別れないなら彼と交わした情事をエレーンに暴露すると脅す。焦燥したベンジャミンはエレーンに自ら以前話した不倫の相手は、他ならぬ彼女の母親と告白する。ショックを受けたエレーンは、詳しい話も聞かずに、ベンジャミンを追い出す。
夏休みは終わろうとしている。
エレーンを忘れられないベンジャミンは、彼女の住む街にアパートを借り、大学に押しかけ、エレーンを追いかける。揺れるエレーンの心。結婚しようという彼の言葉を受け入れかけたある日、しかし、彼女は退学していた。他の男と結婚するのだという。
どうにかして彼女の結婚が執り行われている教会まで駆けつけたベンジャミンは、エレーンと新郎が今まさに誓いの口づけをした場面で叫ぶ。「エレーン、エレーン!」。ベンジャミンへの愛に気づくエレーンはそれに答える。「ベーンッ!」。
ベンジャミンを阻止しようとするミスター・ロビンソン。悪態をつくミセス・ロビンソン。二人は手に手を取って教会を飛び出す。
長距離バスの後部座席に腰掛けた二人は、エレーンの花嫁姿という格好に衆人環視を受けながら、どこかへと旅立っていく。