これまで、十数回にわたって、ゲルマンの小民族によってブリテン島で話されていた英語が、その語1500年の歳月をかけて、どのように歩んで来たかを見てきたが、このシリーズは今回が最終である。

1900年以降の英語に影響を与えた背景は、
科学技術の進歩(含む核兵器)が著しいこと
2つの世界大戦を経験したこと
若者文化
差別用語の撤廃
性のオープン化
インターネットの普及
環境への関心の高まり
等が挙げられよう。

新しく作られた言葉は余りにも多いので、上記夫々の項目毎に例を挙げるにとどめる。

20世紀の最初の30年間は、自動車、航空機、ラジオ、テレビ、映画に関する新語が多い。世界で最初の実用的な自動車を設計・製作したのはドイツの技術者であるカール・ベンツ(1886年)。アメリカのヘンリー・フォードがガソリン自動車を発明したのは1896年。今日「自動車」を表す英語は “car” “automobile” “auto” であるが、“car” は既に14世紀からある言葉で当初は「二輪の荷馬車」を意味した。「電車」「ゴンドラ」等にも使える。“automobile” “auto” は勿論19世紀末に出来た言葉である。「auto(自ら)mobile(動く)」から作られた。フロントガラスを意味する “windshield” は20世紀に入っての言葉(「風の盾」のイメージから)。

アメリカのライト兄弟が世界最初の動力飛行をおこなったのは1903年。”airplane” は「air+plane」 で「空を水平に飛ぶ板」の意。

ラジオ(radio)は、初出は1910年。”radiotelegraphy”(無線電信)の短縮語。

テレビ(television)は、初出は1907年。「tele(遠い)vision(像を見ること)」。

cinema(映画)の初出は20世紀に入ってから。既にあったフランス語の短縮語。なお、日本語の「キネマ」は同じ意味であるが “kinematograph”(活動写真)から。

1910 / 1940年代には戦争用語が顕著(genocide=初出は1944年 「集団殺戮」等)。

1920年代には “boogie-woogie(ブギウギ)” “teenage” などの若者文化を示す言葉が現れ、50年代には “rock and roll” “hippie” などの言葉が流行った。

女性について既婚・未婚の区別をしない “Ms”。「スチュワーデス」は「フライト・アテンダント」。”chairman” は “chairperson” に。「マンホール(manhole)」の代わりに “personhole” を使うことも辞書には載っているが、ここまでくると馬鹿馬鹿しい。身体が不自由な人を表現するのにも、配慮が行われることが多い。”cripple” は「はう」を意味する creep と同系語なので避けた方がいい(the handicapped 等を使う)。これはアメリカで実際にあった話であるが、知人がthe handicapped のための駐車場に誤って駐車してしまい、警官にとがめられたので “I’m language-handicapped.” と言ったら、笑って許してくれたそうだ。

”sexy” のようなそれまでタブー化されたような語も現れた。

インターネットの普及は目覚しいものがある。Eメールでは省略語や感情語(所謂絵文字)が頻繁に使われる。省略語の一部を紹介する。ある高校の教科書から抜粋。

ASAP: as soon as possible(出きるだけ早く)
BCNU: Be seeing you.(それでは、また)
F2F: face to face(面と向かって)
FYI: for your information(ご参考までに)
IDK: I don’t know.(わかりません)
PLS: please(お願いします)
KIT: Keep in touch.(またお便りください)
TTYL: Talk to you later.(また連絡します)

“global warming”(地球温暖化)等。