「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

日常のこと

アメージング・グレースは信仰告白の歌

私の好きな歌の1つに「アメージング・グレース」があります。

『作詞者はジョン・ニュートン (John Newton,1725–1807)。作曲者は不詳。アイルランドかスコットランドの民謡を掛け合わせて作られたとしたり、19世紀に南部アメリカで作られたとするなど、諸説がある。
ジョン・ニュートンは1725年、イギリスに生まれた。母親は幼いニュートンに聖書を読んで聞かせるなど敬虔なクリスチャンだったが、ニュートンが7歳の時に亡くなった。成長したニュートンは、商船の指揮官であった父に付いて船乗りとなったが、さまざまな船を渡り歩くうちに黒人奴隷を輸送するいわゆる「奴隷貿易」に携わり富を得るようになった。
当時奴隷として拉致された黒人への扱いは家畜以下であり、輸送に用いられる船内の衛生環境は劣悪であった。このため多くの者が輸送先に到着する前に感染症や脱水症状、栄養失調などの原因で死亡したといわれる。
ニュートンもまたこのような扱いを拉致してきた黒人に対して当然のように行っていたが、1748年5月10日、彼が22歳の時に転機は訪れた。イングランドへ蜜蠟を輸送中、船が嵐に遭い浸水、転覆の危険に陥ったのである。今にも海に呑まれそうな船の中で、彼は必死に神に祈った。敬虔なクリスチャンの母を持ちながら、彼が心の底から神に祈ったのはこの時が初めてだったという。すると流出していた貨物が船倉の穴を塞いで浸水が弱まり、船は運よく難を逃れたのである。ニュートンはこの日を精神的転機とし、それ以降、酒や賭け事、不謹慎な行いを控え、聖書や宗教的書物を読むようになった。また、彼は奴隷に対しそれまでになかった同情を感じるようにもなったが、その後の6年間も依然として奴隷貿易に従事し続けた。のちに、真の改悛を迎えるにはさらに多くの時間と出来事が必要だったと彼は語っている。
1755年、ニュートンは病気を理由に船を降り、勉学と多額の献金を重ねて牧師となった。そして1772年、「アメイジング・グレイス」が作詞された。歌詞中では、黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨と、それにも拘らず赦しを与えた神の愛に対する感謝が歌われている。
この曲のほかにも、彼はいくつかの賛美歌を遺している。』(ウイッキペデイア)

上記のウイッキペデイアでは「黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨と、それにも拘らず赦しを与えた神の愛に対する感謝が歌われている」という解説には、多分、宗教専門家からは異論が出ると思います。凡そ、長年生きながらえてきた宗教に「過去に悪いことをしたから神は許してくれない」という「因果応報的な思想」はありません。

「歌詞」の最初の部分は以下の通りですが、注目すべき「私のようなwretchを救った」「私はかってlostであったが今はfoundされている」「blindであったが今はI see」という部分です。「wretch」という言葉の語源は「国外追放された人」を意味しました。英和辞典では「気の毒な人」「見下げはてたやつ」の訳語が当てられていますが、この歌詞の中では「(人間社会の基準からではなく神の国の基準ではwretch」と解釈すべきです。語源の「国外追放された人」も「神の教えに背いたので国外追放された人」の意であったと推察します。そうすると「found」は「found by God」であることが理解できます。神は人を見捨てることは決してありません。「Was blind but now I see」は、そのことが分かったということです。

「黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨」も「黒人奴隷貿易は神の目から見れば『悪いこと』だと悟った」ので「懺悔」していると解釈すべきでしょう。この歌詞は「信仰告白」の歌です。

Amazing grace how sweet the sound
That saved a wretch like me.
I once was lost but now am found,
Was blind but now I see.

韓国海軍艦艇が日本哨戒機にレーダーを照射したとされる件について

著者は軍事に関する知識がないので論評はできませんが、韓国側の次の説明には首をかしげざるを得ません。
曰く。
『日本哨戒機の呼び出しに答えなかった理由については「日本乗務員が『Korea South Naval Ship(韓国海軍艦艇)」と呼んだが、通信状態が良くないうえ英語の発音が悪くて「South」が「Coast」と聞こえた。海警を呼んだと考えた』

彼らは日本哨戒機の乗組員の英語の発音の悪さの所為にしていますが、もし日本哨戒機の乗組員の英語の発音が悪かったとしても「South」は「sau-su」と発音したハズです。それが「kou-su-t(o)」と聞こえることは先ずないと思います。下司の勘繰りとしては「サウス」にも「コウスト」にも文字で書いたら「ウス」が含まれることから苦し紛れに「ねつ造」した言い訳だと思います。

関係する

4月15日の日経朝刊に次のような記事が出ていました。

小泉元首相が森友学園問題に関して「安倍首相が『妻や私が関係していたら首相、議員をやめる』と話した。あれに端を発している」と語った。
森友学園が建設を目指した小学校の名誉校長に安倍昭恵首相夫人が一時就任した点に触れ「なぜ関係ないと言えるのか。言い訳しているような状況だ」と述べた。

そこで「関係」という言葉をネットで調べてみると次のように出ています。

[名](スル)
1 二つ以上の物事が互いにかかわり合うこと。また、そのかかわり合い。「前後の関係から判断する」「事件に関係する」
2 あるものが他に対して影響力をもっていること。また、その影響。「気圧の関係で耳鳴りがする」「国の将来に関係する問題」
3 人と人との間柄。また、縁故。「あの人とはどういう関係ですか」「友好関係を結ぶ」「父親の関係で入社する」
4 男女間の性的交渉。また、それをもつこと。「妻子のある男性と関係する」
5 (他の名詞の下に付いて)その方面。そういう領域。「音楽関係の仕事」「アウトドア関係の雑誌」

文脈から判断して、お二人とも上記1の意味で使っているものと考えます。しかし、安倍首相は「森友学園が建設を目指した小学校の名誉校長に安倍明恵首相夫人が一時就任したこと」だけでは「関係したことにはならない」との論理としか受け取れない(即ち、敢えて言語的に意味を通そうとすると上記の2の意味で使っているとしか解釈できません)、小泉元首相は「何故そのようなことが言えるのか」という立場です。

安倍首相の論理は「奥さんに浮気がばれた」ときの例の男の言い訳(「一緒に寝たが未だ・・・」)に似ているようにも見えます。例え上記の2の意味で使ったと強弁しても、昭恵さんは首相夫人であり、名誉校長に就任していた事実を森友学園と交渉していた近畿財務局の担当者は知っていたわけですから、それだけで「他に対して影響力をもっている」と考えるのが一般人の感覚です。上記の3の意味でもアウト。国民がバカにされていると感じても不思議ではありません。今になって思えば、確かに小泉元首相が言うように『妻や私が関係していたら首相、議員をやめる』と何故不用意に言ってしまったのか凡そ政治家の発言としては理解に苦しみます。

日英中に対応した「自動翻訳イヤホン」

総務省所管の情報通信研究機構は英語と中国語、日本語の会話を自動で翻訳するイヤホンを開発した。イヤホンを付けた人同士で会話すると、人工知能(AI)でそれぞれの母国語に訳した内容がイヤホンから聞こえる。翻訳技術などを企業などに提供して実用化を目指す。
イヤホンはマイクを兼ねており、スマートフォン(スマホ)と無線でつながる。発話者のマイクで声を拾い、スマホを通じて文字データにしてサーバーに送る。相手の母国語に翻訳し、そのイヤホンに音声を流す。日英中の3カ国に対応しており、3人以上でも母国語で話すだけで自然な会話ができる。話し終えてから約2秒後に聞こえる。
TOEICで800点以上の水準に達したという。

この情報の通りだとすると、「自動翻訳イヤホン」は近いうちに企業の「電話会議」で使われるようになるでしょう。TOEICで800点以上の水準ならば、日本語で話してもコミュニケーション上ほとんど問題ないハズです。英語が苦手な人には朗報。

片や、英語のセンター試験では今後は「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を測定するという。多分99%の受験生はこの「自動翻訳イヤホン」に負けるでしょう。「実用」という視点では「通訳・翻訳」のほとんどの部分が機械に置き換えることができるということです。小学校から英語を必須化することの意義は何なのでしょうか?

レディース&ジェントルマン、NY地下鉄で禁止

読売新聞によれば,
『米ニューヨーク交通公社(MTA)は、ニューヨーク市内などで運行している地下鉄やバスなどの乗務員が、アナウンスの際に乗客に呼びかける「レディース・アンド・ジェントルメン(Ladies and gentlemen)」という言葉の使用を禁止したと明らかにした。

 同性愛や性同一性障害など、性的少数者への配慮とみられる。

 MTAは、読売新聞の取材に「乗客とのコミュニケーションを根本的に改める取り組みとして行った」と回答した。乗務員は代わりに、「Everyone(皆さん)」や「Passengers(乗客の皆さん)」などと呼びかけている。

 MTAは過去に録音したアナウンスを流している車両でも、早急に内容を変更するという。』

著者は、この記事を読んだとき「Why?」と思いました。1968年にニューヨーク市内に滞在していました。そのため、この「Ladies and gentlemen」は毎日耳にしましたが「差別用語」だという議論はありませんでした。当時「ウーマン・リブ(英語: Women's Liberation)」華やかなりし頃で、とにかく男と女を区別するものはダメということで「スチューワーデス」は「フライトアテンダント」に変りました。男どもは「manholeは何といえばよいのか」などと女性のいないところで言っていました。今では「utility hole」「personhole」「maintenance hatch」などの言葉があるようです。

今回は、同性愛や性同一性障害など、性的少数者への配慮ということで納得。人間なかなか他人の弱みには気がつきにくいものだと実感させられました。

なお「gentlemen」が「ジェントルマン」「ジェントルメン」の両方で表記されていますが、発音的には前者の方が英語の発音に近いです。「men」は1音節の単語で強勢が置かれるので「メン」ですが、「gentlemen」は3音節で「men」には強勢が置かれませんので「gentleman」も「gentlemen」も同じ発音です。

(注)
ウーマン・リブ(英語: Women's Liberation)とは、1960年代後半にアメリカ合衆国で起こり、その後世界的に広がった女性解放運動のことをいう。
この運動の発端となったアメリカでは、ベトナム反戦運動や公民権運動に連動する形で、性による役割分担に不満を持った高学歴主婦や女子学生を中心に「男女は社会的には対等・平等であって、生まれつきの肌の色や性別による差別や区別の壁を取り払うべきだ」という考えのもとで開始された。

Archives
記事検索
livedoor プロフィール

eigoakahige

Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ