「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

日常のこと

英語ができなければ国が危い

古い書類を整理していたら「平成9年6月8日」の日経の社説の切り抜きが出てきた。

「使える英語、役に立つ英語を身につけたい」。これは日本人の国民的願望といっても過言ではない。しかしもはや願望だけではすまなくなりつつある。グローバル化する世界で国の将来が国民の英語能力に左右されるかもしれないのだ。」で始まって「失われるチャンスの大きさ」を説き、「目的意識を明確にせよ」と述べています。

今は「平成29年」ですから、この記事から20年が経ちました。この間の日本の世界における「地位」は定義にもよりますが、下降気味であることは間違いないようです。英語力も相変わらずのようです。

しかし、この20年間のAI(artificial intelligence)の発達は目覚ましいものがあり、将棋も囲碁も人間はコンピューターに勝てなくなりました。言語間の翻訳能力も格段に進歩し、東京オリンピックの頃にはスマホで各国語間の通訳ができ、会話出来るようになるとの報道もあります。無料で使える「Google 翻訳」で上記の日本語を英語に翻訳してみると下記の通りです。「完璧」とは言えないかもしれませんが、十分に「実用的」です。なお且つ、英語の発音は「完璧」です。著者はコンピューターの音声認識機能がどのレベルにあるのかを知りませんが、東京オリンピックの頃には十分に「実用的」レベルに到達しているものと思われます。ザックリ言えば、スマホを持っていれば各国語の個人通訳を雇っているのと同じになるということです。学校の外国語教育も、我々個人も、外国語習得に関しては「目的意識を明確にする」ことが求められているようです。

"I want to acquire useful English, helpful English." It is no exaggeration to say that this is a national desire of the Japanese. But aspiration is no longer going to be sorry. In the globalizing world, the future of the country may be influenced by the English ability of the people.

大学入試に英語民間試験 合否判定には適さず

野口裕之 名古屋大学名誉教授が10月9日の日経朝刊に下記の趣旨のことを書いておられる。   

『大学入試改革で英語の4技能(聞く・話す・読む・書く)を測るために民間試験の利用が検討されているが、異なる試験の結果を比べても合否の判断資料には使えない。
各試験団体のテストは目的も異なれば、テストの仕様もことなる。英語のどの能力を何のために測定するのかが、試験によって異なる。そこで文科省は、複数の試験の測定結果を相互に対応付ける「CEFRの能力レベル対応表」を公開しているが、この「CEFR」は「テスト間の得点の対応関係」は保証していない。従って合否判定には利用できない

そもそも「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能のバランスが大切なことは確かだが、大学入試で4技能全てを問う必要があるのか、もっと議論すべきではないか。

どうしても英語の4技能が必要ならば、民間の知恵や技術も導入しながら大学入試センターが新テストを開発すべきだ』

日本人はストイックなまでに「入試」に「公平性」を求めているように思えるので「公平性」という面では野口名古屋大学名誉教授が言われるように「大学入試に英語民間試験 合否判定には適さず」だと思う。

これとは別に、著者にとって青天の霹靂(a bolt out of the blue)だったのは、文科省の14年度調査で、この「CEFR(A1=学習を始めたばかりの者・初心者からC1=母語話者と遜色のない熟練者の6段階評価)」で評価すると、全国から無作為抽出した国公立高校の3年生約7万人の英語力は、日本人が得意なハズの「読むこと」でB2=0.2%、B1(英検2級レベル)=2.0%、A2=25.1%、A1=72.7%だった。「聞く」「話す」「書く」はさらに低い水準にとどまる(⇒中学・高校6年英語をやっても、ほとんどの生徒が英検2級レベルのことが出来ないという意味で、英検2級を持っている生徒は多いハズなのでこのギャップには驚いた)。AIの急速な進歩によって東京オリンピックの頃には、スマホで各国の言語を自由に、瞬時に翻訳し、しゃべってくれるようになるらしいので、「実用的な英語」「費用対効果」という観点からすれば、従来の学校の英語教育はパラダイム・シフトをすべきだ。先ず従来の英語を必須科目にするのはやめて、若い時にやらないと大人になってはかなり難しい「英語の音を聞きわける耳」作りのみ必須とするのも一案。英語をやりたい生徒は自習なり、塾・スクールに行けばよい。

首相、9条に「文民統制」明記検討

選挙が近いですが、憲法改正に関する主な党のスタンスは以下のようです。

安倍晋三首相(自民党総裁)は7日夜のインターネット番組での党首討論で、憲法9条への自衛隊明記を巡り、文民が自衛官を指揮監督する「文民統制(シビリアンコントロール)」も合わせて明記することを検討する考えを示した。自衛隊の明記により、自衛官が文民より上位に立ちかねないとの懸念に配慮したとみられる。
首相は9条に自衛隊を明記しても「防衛省と自衛官の関係は変わらない」と強調。「シビリアンコントロールをしっかりと明記していけばよりすっきりしたものになる」と答えた。

新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事はこれまでの改憲論について「9条の議論ばかりにエネルギーがそそがれてきた」と指摘。「それだけに憲法全体を見直す中で、そうはいっても避けられない部分だろうと考える」と述べ、改憲の対象としての議論を認める考えを示した。

公明党の山口那津男代表は「希望の党は民進党出身を100人以上公認予定だ。安全保障法制を容認することを条件に公認したが、かつて『廃止せよ』といった人が一夜にして変わってしまった」と批判した。⇒今は憲法改正論議に触れたくないように思われます。

立憲民主党は憲法改正については、安全保障関連法を前提とした「憲法9条の改悪」に反対。

共産党は、自衛隊は違憲だが政権とったら「当面は自衛隊を容認」。

憲法第9条(1)日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。(2)前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

以上から判断すると、共産党を除いて自衛隊そのものの存在を否定する党はないように思われます。その上で安倍首相が「シビリアンコントロールをしっかりと明記していけばよりすっきりしたものになる」と言っていますが、本当に「すっきりしたものになる」でしょうか。憲法9条の条文は上記の通りですが、純粋に言葉の上だけで解釈すれば「自衛隊は合憲」とは言えないように思えます。しかし現実の国の安全保障面から、賛否は別にして、現在の安全保障法制に至っているのが実情です。ですから『「自衛隊容認」+「シビリアンコントロールだけ」』とすれば、時の政権(「シビリアンコントロール」そのもの)は今まで以上に「制約」を取り払った運用が可能になるであろうことは容易に想像できます。国民は安倍政権をどう判断するでしょうか?

「二重のアイデンテイテイー」

ノーベル文学賞が決まったカズオ・イシグロさん(62才)について内外のメデイアが一斉に報じた。米紙ニューヨーク・タイムズの電子版は『日本生まれ、英国育ちという「二重のアイデンテイテイー」が作品世界にも影響している』とも指摘しましたが、長崎市で生まれ、5歳まで日本で育ったイシグロさんは、自身のアイデンテイテイーについては「明確な答えはない。英国の作家や日本の作家であることがどういう意味かもわからない。いつもただのひとりの個人として書こうとつとめてきた」と語っておられます。

著者も2人の子どもをアメリカで育てた経験があるので「アイデンテイテイー」の問題には関心があります。著者の娘も丁度イシグロさんの年齢で初めてアメリカで生活しました。彼女を見ているとイシグロさんの「自身のアイデンテイテイーについては明確な答えはない。英国の作家や日本の作家であることがどういう意味かもわからない。」という部分は分かる気がします。彼女より4歳年上の息子は、その後大学卒業までアメリカで生活しましたが(その間短い間日本でも生活しましたが)、『自分のアイデンテイテイーは「夕焼け小焼け」だ』と明言しています。個人差もありますが、最初の異文化との出会いの時の「年齢」が大いに影響しているのではないかと著者は思っています。

いずれにしても、イシグロさんのご両親は家では日本語で話し、子どもに色々と語っておられたものと思いますので、イシグロさんの意識に残っているかどうかは分かりませんが「日本的なものの見方」は間違いなく影響を与えているものと思います。早速アマゾンで原書を注文しましたが取り寄せまで3週間かかります。読後何かアイデンテイテイーについて感じるものがあれば本ブログに掲載したいと思っています。

何はともあれ、イシグロさんの受賞おめでとうございます。

ラスベガス・ストリップ

今日の日経朝刊の「ラスベガス乱射」事件の記事で、地図を見て一瞬「?」となった。
そこには『縦書き』で「ラスベガス・ストリップ」と書いてあり、一瞬「ストリップ劇場」が浮かんだからだ。その下にGoogle の映像写真に、『横書き』で、通りに沿って「ラスベガス・ストリップ」と書いてあり納得した。『縦書き』と『横書き』でこんなにイメージが変わるのかとビックリもした。

名詞としての「strip」には「strip show」の意味もあるが(語源は「覆いを取り除く」)、語源が異なり「革ひも」の意から「a long narrow area of land, sea, etc」の意で「the Gaza Strip」「The islands are separated by a narrow strip of water.」のように使われる。アメリカでは更に「a street that has many shops, stores, restaurants, etc. along it」の意で使われます。有名なのは「Sunset Strip」。「サンセット77(原題:77 Sunset Strip)」は、1958年から1964年にかけてアメリカ・ABCにて放映されたテレビの私立探偵もので冒頭の歌は余りにも有名。「Sunset Strip」はロスのビバリーヒルズに通じる通りです。アメリカでは通りの名前は通例「Avenue」「Street」「Boulevard」で表されます。「Sunset Strip」も「Sunset Boulevard」の一部の名称。

「ラスベガス・ストリップ」は日本語にすれば「ラスベガス通り」が無難でしょうか。「ラスベガス・ストリップ」はロスの「Sunset Strip」に因んでつけられたとか。


記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ