「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

英語

カネオクレタノム

電話が未だ普及していない頃は緊急の通信には電報が使われました。

標題の電報を受け取ったら、常識的には「カネオクレ タノム」と理解すると思いますが「カネオクレタ ノム」とも解釈できます。

「カネオクレ タノム」と理解したとしても「金遅れ 頼む」とも「金送れ 頼む」とも「金送れた 飲む」等とも解釈可能です。現実にはこの電報を受け取った状況があるので「誤解」することはないと思いますが、「理屈」をこねるとこういうことになります。

何が言いたいかというと、次の2つです。
(1) 日本語には「分かち書き」をする習慣がない。
(2) カタカナ(ひらがな)は表音文字で意味は持たない。「金送れ頼む」なら漢字という表意文字が使われているので、極端な話、漢字が音的に読めなくても意味は通じます(最低「類推」できます)。

英語では
(1)「分かち書き」をしなければならない。即ち「語」と「語」との間には1スペースを入れなければならない。
(2)アルファベットを使って書かれた「語」は何も意味を持たない。発音されて始めて意味を持ちます。

(1) について著者は学校で習った記憶はありませんが、先生が黒板に書く英語を見て自然に習得したのだと思います。著者の娘がアメリカで始めて学校に行った頃、ノートを見せてもらいましたが、「分かち書き」をしなければならないということを知らなかったのでしょう「There’sabookonthedesk.」 の様に語と語がどこで切れるのかひと目では分かりませんでした。
(2) について不思議に思う方がいるかも知れませんが「stone」を見て「石」の意だと分からない英語を母語とする人はいます。しかし[stoun] と発音して「石」の意だと分からな人はいません。即ち「stone」→ [stoun] →「石」なのです。「表意文字」と「表音文字」の差です。

(1) からは、我々は常に「語」についての意識を強く持たなければならないということが言えます。長年英語を教えていて、初心者は「形容詞と副詞の区別が弱い」「必要な前置詞を抜かす」傾向があると感じています。
(2) からは、英文を読む時は常に「心の中で」発音し、その音に脳が反応するようにするクセをつける必要があるということが言えます。

He’s sleeping. / He’s asleep.

例えばHe’s sleeping.は『「現在進行形」であるから動作が進行中であることを示す』と大抵の方は理解すると思います。そして「彼は眠っている」と訳す場合があるかも知れません。その訳を聞いた人の中には「眠っているのなら動作は進行していないではないか?」という疑問を持つかもしれません(例えば英語を習い始めたばかりの生徒)。

上記のプロセスを先生と生徒の間で行ったら、きっと迷路に入ってしまうでしょう。

「sleep」は日本語対応では「眠る」ではなく「寝る」を当てるとよいと思います。あるいは「睡眠をとる」でもいいでしょう。「寝る」とは「横になる、臥す」と動作を表します。「He’s sleeping.」は「眠っている(意識がない状態)かどうか」は問題にはしていないのです。英英では「to rest with your eyes closed and your mind and body not active」と説明しています。「横になる、臥す、睡眠をとる」は動作を表しますので、その動作が継続しておれば「現在進行形」を使って表現できます。

He’s sleeping.を「彼は寝ている」と訳せば大抵は理解して貰えるでしょうが、それでも「寝ているのなら動作は進行していないではないか?」という疑問を持ち続ける人もいるかもしれません。ですから教師は細心の注意を払って説明をする必要があります。もし「現在進行形」を説明するためなら、こんな例文は選んではいけません。

「彼は眠っている」という状態を現すには、英語ではHe’s asleep.と形容詞を使います。

これと似た例が、可算名詞と不可算名詞を説明する際に「お金(money)は数えられるのに何故不可算名詞なのか?」という疑問があります。これは「不可算名詞→数えられない」ではなく「不可算名詞→1つ2つと数えられない」と注意深く説明すれば問題は起きません。

著者は英語を教え始めて30年以上経過しますが、英語を生徒に教えるのは非常に難しいと感じることがあります。そして、時として、「思い込み」から「嘘」を教えることもあります。何せ英語は私達日本人にとって母語ではありません。英語教師は常に「誤った思い込み」をしていないかを自分に問いかけながら進む必要があります。

副詞 wellの難しい使い方

副詞 wellの難しい使い方

副詞 wellは動詞の後に置かれた場合は「よく、満足に、申し分なく」「正しく、立派に」「うまく、上手に、すばらしく」「都合よく、適当に」等の意味になります。この使い方は「動詞」を修飾する使い方です。

しかし「can, could, may, might」の後(動詞の前)では「当然、道理にかなって、もっともで、正当に、適切に、容易に、難なく」等の意、「cannot, could not」の後では「どうみても・・・できない」の意になります。このため、「文全体」を修飾するように日本語を対応させると理解し易くなります。次は昔の受験に出た定番表現です。
(1) may well do
You may [get confused]. (君は混乱するかも知れない)
You may well get confused. ⇒You may [well] get confused. ⇒「君は当然get confusedするかもしれない」⇒(君が混乱するのも無理ない)
You have good reason to get confused. / You have every reason to get confused. / It is quite natural for you to get confused.でも同じような意味になりますので、自分で使う場合はこちらをお勧めします。

(2) may as well do
You may as well go home. He isn’t coming.
君がgo homeしてよいのは(少なくとも)go homeしないのと同じくらい道理にかなっている⇒君は家に帰ったほうがいいんじゃない(どうせ彼は来ないから)。「何と同じくらい」は「go homeしないのと同じくらい」ですが文脈から明らかなので省略されています。この意なら「Maybe you should go home (since he's not coming anyway)」でも同じ事が言えます。「(少なくとも)」としたのは「as A as B」には、そのようなニュアンスがあるからです。日本の英文法解説書では言及されていることが少ないです。

(3) may as well A as B
You may as well throw your money away as waste it on gambling.
あなたはwaste it on gamblingと(少なくとも)同じくらい道理にかなってthrow your money away してもよい⇒ギャンブルに金を浪費するなら捨てたほうがましだ(If you're going to waste your money on gambling, you might as well throw it away.)

類語辞典では「You may well be right.」における類語として「quite possibly」「conceivably」「probably」「certainly」「unquestionably」を挙げています。

「well」のところを我々のよく知っている「naturally」「reasonably」「rightly」「justly」に置き替えても同じような意味になります。


「勘弁してよ」を英語で何というか?

私の手元には朝日出版社が1977年に出版した「日米口語辞典」が置いてあります。和英辞典です。当時ベストセラーになり朝日出版社はこの1冊で本社ビルを建てたとか。

編集に携わった方から直接聞いた話ですが、十数名の執筆者の方々が毎晩集まり「ああでもない、こうでもない」と議論し合って作られたそうです。その所為か普通の和英辞典と異なり、格段に日本語のニュアンスがよく出ています。

今般「決定版」が出たらしく新聞に広告が出ています。それが標題です。

「勘弁する」とは「他人の過失や要求などを許す」の意ですが、元々は「 物事のよしあしをよく考える」の意であったようです。「 やりくりする、算段する」の意もあります。

現代の日本語で「勘弁してよ」という言葉は色々な文脈で使われます。

■「自分の過失や失敗などを勘弁してよ」「こちらの要求を(勘弁して)受け入れてよ」の文脈の場合は「Have a heart」(命令形)がピッタリです。
Have a heart.
直訳すると「心を持て」ですが,この心とは同情する心,情け深い心のことです.
例文:
Police Officer: You must be fined $100 for speeding.「警察官:スピード違反で100ドルの罰金だな。」
Lucy: Have a heart, officer. 「ルーシー:お巡りさん,おおめに見てよ。」

Have a heart. We have to turn a profit, too.「勘弁してよ。私たちも利益を出さないといけないので。」

■失敗した時に「勘弁してくれ!」「許して!」なら「Give me a break.」でも表現できます。
この表現は映画等でよく耳にする台詞です。直訳すると「休みをください」「ちょっと休ませて」になり、もちろんそのような意味としても使われますが、状況によって下記のように臨機応変な使い方もできる便利フレーズです。ネイティブは Give me を「Gimme」と砕けた言い方をします。
Give me a break.
o Come on, give me a break! That was my first time being late.(勘弁してくれよ。遅刻したの始めてじゃん)
o He didn’t mean it. Give him a break.(彼は悪気はなかったんだ。許してあげな)
この使い方は上記の「Have a heart.」とほぼ同じニュアンスになります。

■「いい加減にして」(うんざりした時)
o Give me a break you guys. Stop it!(いい加減にやめてくれ!)
o Give me a break! Stop complaining.(愚痴るのいい加減にして)

■「よく言うよ」「そんな馬鹿な」「冗談だろ」(あきれた時)
o You’re running a marathon? Give me a break.(君がマラソン?冗談だろ)
o Give me a break. You don’t know anything about him.(よく言うよ。彼のこと何も知らないくせに)

do well to do

ジーニアス英和大辞典には「(通例 will[would]と共に)・・・するのがよい(であろう)」と解説があり、例文として次が載っています。
You did well not to follow his advice. 君は彼の忠告に従わなくて賢明だったよ。

何故このような訳語になるのか検討します。

英語は前置詞の前で絵(イメージ)が一旦中断されます。従って、上記英文は「You did well / not to follow his advice.」の2段構えで絵(イメージ)を送ってきています。
「あなたは正しく行った」「not=否定」「to ...⇒指差す」「彼の忠告に従う」⇒「君は彼の忠告に従わなくて正しかった」のイメージになります。我々が学校で習った英文法に当てはめて説明すれば「不定詞の副詞的用法」です。You did wellで「あなたは正しく行った」⇒「何をしたのが?」と反応するハズです。これを「to」で受けています。⇒「(あなたが)not to follow his adviceだったのが」。not to follow his adviceは(You did) wellを修飾していると言ってよいでしょう。その意味で「不定詞の副詞的用法」です。She’s old enough to know that. も「不定詞の副詞的用法」です。

英辞郎では「do well to」に対し「〜するのが良い、〜するのが賢明である、〜すれば良い方である」「〜してよかった[正解だった]◆過去形のdid well toで」という解説をしています。

「君は彼の忠告に従わなくて賢明だったよ」なら「You were wise not to follow his advice.」で簡単に表現できます。これも「不定詞の副詞的用法」です。

「to 」が「⇒」(「指差す」)イメージの言葉であると覚えておくと応用が効きます。
Archives
記事検索
livedoor プロフィール

eigoakahige

Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ