「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

英語

英語―徒然なるままに(43)

if が「譲歩」を表す場合

I gave a slight bow and began to move away. This clearly took her by surprise, and if she had ready some strategy for my failing to co-operate, she was for the moment unable to act on it. (Kazuo Ishiguro : When We Were Orphans)

上記の英文を Google 翻訳にかけてみました。
「私はわずかにお辞儀をして移動し始めました。 これは明らかに彼女を驚かせました、そして、彼女が私が協力しないことに対する何らかの戦略を準備していたならば、彼女は今のところそれに対して行動することができませんでした。」

下線部の訳は明らかに変です。「if」を「もし・・・だったのなら」(ここでは if 節の中の動詞が過去形)と認識して訳しているからと想像できます。英和辞典で「if」を調べると「たとえ・・・としても(even if)」の意味もあることが分かります。これをそのまま上記の日本語訳に当てはめると「彼女が私が協力しないことに対する何らかの戦略をたとえ準備していたとしても、彼女は今のところそれに対して行動することができませんでした」となりGoogle 翻訳よりは違和感は少なくなりますが、やはりしっくり行きません。

著者の持っている電子辞書に入っている英英では「used to admit that something is possible, but to say that is not very important」の使い方があると説明しています。このニュアンスを汲んで上記の下線部の意味を日本語にすれば「私が協力しなかった場合に備えて予め何らかの策を持っていたとしても、彼女は当座それを行動に移せなかった」ということでしょう。

以上から「たとえ・・・としても(even if)」よりも「たとえ」を省いて「・・・だとしても」の訳語の方がしっくり行きそうです。「もし・・・ならば」の意になるか「・・・だとしても」になるかは文脈によります。

英語―徒然なるままに(42)

function

‘Well, Miss Hemming, it was very good to see you again. But now I must leave you and go up to this function.’ (Kazuo Ishiguro : When We Were Orphans)

著者は「function」=「機能」としか思いつきませんでしたので「?」となってしまいました。そこで辞書を引いてみたところ「function」には「機能、働き、作用、効能」の意の他に「儀式、祭典、行事、大会合、宴会」の意もあることが分かりました。

それでも「機能、働き、作用、効能」と「儀式、祭典、行事、(公式の)大会合、宴会」とのイメージの共通性を思い付くことができませんでした。そこで語源を調べたところ、元々はラテン語で「perform」を意味したことが分かりました。「perform」は「(何か)を行う」の意です。「(何か)を行う」⇒「行うこと」⇒「機能、働き」、「(何か)を行う」⇒「行うこと」⇒「行事(そして昔の最大の行事は儀式、祭典)」というイメージなら共通点がありますね。

英語―徒然なるままに(41)

sort of

Well, I suppose that sort of clinches it. (Kazuo Ishiguro : When We Were Orphans)
この文で出くわした時、著者は一瞬「that sort of clinches」で1塊りの意味になると考えました。That’s just the sort of thing I want.(そういったものがちょうど欲しい)的な文をイメージしてしまいました。しかし、その後で「it」ですから変です。

英辞郎には次のように解説してあります。
〈話〉多少、いくらか、幾分、ある程度、やや、少し、ちょっと◆【用法】動詞・形容詞の前に置かれる
・I sort of dislike those guys. : あの連中はあまり好きじゃない。
・I'm sort of tired. : ちょっと疲れた。
・He sort of got it right. : 彼は、ある意味ではそれを正しく理解しました。/彼の理解は、ある意味当たっています[あながち見当外れでもありません]。
〈話〉まあ言ってみれば〜みたいな、〜のようなもの、〜みたいな、〜めいた、一種の、いわば、どちらかといえば◆【用法】はっきりと断定できない場合や、ぴったりの言葉が見つからない場合に言葉をぼかすために用いられる。

ここでは,琉嫐で「clinch」は「に決着をつける」。

この表現は時として「sorta」「sorter」とも綴られるように完全に1語として捉えられるべきものです。これは知らなければ面食らうと思います。

英語―徒然なるままに(40)

副詞が前置詞を修飾する場合

副詞は「動詞」「形容詞」「副詞」を修飾すると覚えた記憶があります。しかし、実は、副詞は「名詞」以外は修飾することができます。

After months, perhaps years of planning, she had succeeded in being at this place at this time, and having achieved her goal, she had – much like, so we are told, a woman who has just given birth – consigned to oblivion all memories of the pain she had endured along the way. (Kazuo Ishiguro: When We Were Orphans)

「much like …」の「like」は前置詞で「much like …」は「・・・によく似ている」の意になります。

上記以外の副詞が前置詞を修飾する例(Net 上から拾ってきました)
You can use a cell phone only in this area.
My father was standing just behind me.
It is cold even in summer.

「副詞」は原則として置く場所は自由ですが、「前置詞」を修飾する場合には修飾する前置詞の直前に置く必要があります。

英語―徒然なるままに(39)

「in time」に2つの意味

「in time」を使った表現で我々に馴染みがあるのは日本の誇る「just in time」方式でしょう。この場合は「丁度 間にあって」の意です。「in time」だけでは「何に」間に合うのか分からないので、そのあと「for …」とか「to do」を伴います。
Will we be in time for the six o’clock train?
I’ll be home in time to watch the TV program.

「for …」とか「to do」を伴わない場合は「そのうちに」の意になります。
In time we were ushered into the banqueting hall and seated around a vast, long table under bright chandeliers. (Kazuo Ishiguro: When We Were Orphans)
これは「in」が「所要時間」を表して「・・・したら」「・・・の後に」の意で使われることがありますが(I’ll be back in time.)、この使い方だと思います。「特定しない時間の後に」⇒「そのうちに」。
Archives
記事検索
livedoor プロフィール

eigoakahige

Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ