「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

英語

英語―徒然なるままに(12)

以下は Kazuo Ishiguro の When We were Orphans の一節。読み返してみて、ふと目がとまったのが下線部です。「It’s time he looked forward.」の「he looked forward.」の部分は文法的には所謂「仮定法過去」。「仮定法過去」とは「現在の事実と異なることを仮定する場合に使われる」ことは知っています。しかし、ここでの使い方は「現在の事実と異なることを仮定する場合に使われる」ということを知っているだけでは不十分だと思います。‘It’s time’ の後に文が来る時は「もう〜していてもよい時だ」の意味になることを知っている必要があります。文法解説書には「(実際にはしていないが)」の注がついていますが、著者にはピンときません。以下の文では最初「He has to start looking ahead.」と言う表現があり同じことを言っています。著者は「仮定法過去」は「現在の事実と異なることを仮定する場合に使われる」だけでなく、話者の「心の揺らぎ」がある場合にも使われると理解しています。即ち、ここでは「もう前を向いていてもよさそうなものなのに」のイメージかと思います。このようなことを頭に入れて次を読むと「It’s time he looked forward.」がより生き生きとイメージ化されるでしょう。

Such precautions, however, had proved inadequate. For one morning I had overheard from the little attic room I had been given, my aunt talking with some friends down the drawing room. It was the sudden lowering of their voices that had first aroused my curiosity, and I soon found myself creeping out on to the landing and leaning over the rail.
‘He’s gone for hours,’ I could hear her saying. ‘It’s hardly healthy, a boy his age, sunk in his own world like that. He has to start looking ahead.’
‘But it’s only to be expected, surely,’ someone said. ‘After everything that’s happened to him.’
‘He has nothing at all to gain by brooding,’ my aunt said. ‘He’s been well provided for, and in that sense he’s been lucky. It’s time he looked forward. I mean to put a stop to all this introspection.’

「It’s time」は「単純不定詞」を伴うこともありますが、この場合は「単に・・・する時だ」の意味で「心の揺らぎ」はありません。映画 RIO BRAVO の主題歌「My Rifle, My Pony, And Me」の中に「It’s time for a cowboy to dream」という箇所がりますが「カーボーイが夢見る時だ」の意。

英語―徒然なるままに(11)

「a」か「the」か

皆さん、もし試験で次の(…)に「a」か「the」かのどちらかを入れよ、という問題が出たらどちらを選択しますか?

In fact, I cannot remember at all what came before and after this particular moment. What I have is (…) memory of walking into a classroom — Room 15 in the Old Priory — where the sun was pouring through the narrow cloister windows in shafts, revealing the dust hanging in the air.

ジーニアス英和大辞典によれば「memory」は可算名詞として「(・・・の思い出(of))」「記憶に残っているもの(人、経験)」の意で使えます。ですから上記の(…)には「a」も「the」も入る可能性があります。

形から「a」か「the」を検討すると「of walking into a classroom」が「memory」を修飾していますので「特定」の意識が働き「the」ではないかという気持ちになってきます。

しかし「the」をつけると「ある教室に入っていった思い出・記憶」がどの思い出・記憶なのかを共有できると思われる十分な環境があるかと言われれば、チョット無理です。ならば「a」が正しいということになります。上記の英文は Kazuo Ishiguro の When We Were Orphans の中の一節ですが「a」が使われています。「memory」という言葉はここで初めて使われています。ジャンケンする時「最初はグー」といいますが、基本的には「最初は a/an」と意識した方がよさそうだと思いました。

因みに「What I have is a memory of walking into a classroom」を Google 翻訳させたら「私が持っているのは教室に入ったという思い出です」でした。「the」の場合は「私が持っているのは教室に入っていく記憶です」。後者の場合は「記憶には色々な記憶があるが、その中で誰でも分かる教室に入っていく記憶」のイメージでしょうか。

英語―徒然なるままに(10)

「quite」

「quite」は結構やっかいな言葉です。「全く」の意になることもあり「かなり」の意のこともあり、或いは「quite a few」のように「かなり多数の」の意の成句として覚えなくてはなりませんでした。今日は下記の下線部に(出典はKazuo Ishiguro: When We Were Orphans)「根本的に」対処すべく、徒然なるままに取り組んでみましょう。

A magnifying glass may not be quite the crucial piece of equipment of popular myth, but it remains a useful tool for the gathering of certain sorts of evidence, and I fancy I will, for some time yet, carry about with me my birthday gift from Robert Thornton-Browne and Russell Stanton.
ジーニアス英和大辞典には詳しく解説してありました。

1.<wrong, perfect など絶対またはそれに近い概念を表す非段階的形容詞・副詞・動詞などを修飾して;修飾する語(句)に強勢を置いて>まったく、完全に、すっかり(completely, entirely)
⇒「絶対またはそれに近い概念を表す」とは、比較することができない二者択一(是か非か)的なニュアンスを持つ強いニュアンスを持つ語のことでしょうから、形で見定めるなら「比較級」がない言葉だと推測されます。例えばfull, perfect, true, wrongなど。emptyは形としては比較級・最上級はありますが「通例比較変化なし」と注がついています。上記の「crucial」は「more crucial」「most crucial」と変化しますので、ジーニアス英和大辞典に従えば非段階的形容詞ではなさそうです。しかし「the」がついていているので修飾する語に強勢を置いて発音される可能性は大であることを留保して次に進みましょう。

2.<good, rich など程度を表す段階的な形容詞・副詞・動詞などを修飾して;通例否定文では用いられない>
a. <主に英・米略式>(quiteに強勢を置いて)かなり、なかなか(fairly);
まあまあ、ほどほどに、多少(more or less)
b. (quiteの次に来る語に強勢を置いて)非常に、とても。米ではこの意味で用いるのが普通。英ではしばしば控え目な表現として用いられる。「実際に、本当に(actually, truly)」
⇒しかしアメリカでは「非常に、とても」は「quite」でなくて「very」を使うことが多いとおもいます。

3.「quite (so)」で「まったくその通り」⇒この使い方

4.事実上、ほとんど、・・・も同然。He is quite a grown-up. (もうおとなだといってよい)

上記3はカテゴリーとしては1に属し、4は名詞を修飾していて或る意味で「特殊」な使い方ですので1と2をザックリ纏めるならば『書き言葉ではどこに強勢を置くか分からないので究極的には文脈でしか quite の意味は分からない』『しかし、「非段階的形容詞・副詞・動詞」を修飾する場合にはcompletely, entirely の意味になる。段階的な形容詞・副詞・動詞などを修飾する場合は「fairly」または「actually, truly」の意味になる』『アメリカ英語とイギリス英語で使い方に特徴があるのでそれも考慮する必要がある』

上記によれば、この2の使い方は「通例否定文では用いられない」とありますので、「quite the crucial piece」は例外的な使い方なのか、或いは「crucial」は「more crucial」「most crucial」と変化するものの Ishiguroは「非段階的形容詞」として捉えているかのどちらかになります(彼は「非段階的形容詞」なるものの概念は持ち合わせていないと思いますが)。ここでは文脈からは「非段階的形容詞」として分類できる形容詞と考えて「entirely」で置き直せそうです。

次に「quite the crucial piece」の語順については同上の辞書によればこの語順が「正式」。[a]の場合もこの語順の方が多いようですが「a quite …」もあり得るようです。例えば「a quite unique view of language(全く異なる言語観)」。本当にややこしい!!

「quite few」は「たいへん少ない」の意ですが「quite a few」は「かなり多数の」意になります。これは「a few」は「少しはある」のイメージで「quite」はこの「ある」のイメージが強調されたものと解説は出来ますが、本当のところは「言語習慣」でしょう。

英語―徒然なるままに(9)

「for all …」

「for」の基本的なイメージは「・・・に向かって」です。そして著者の経験からも「for」が使われていた場合、このイメージを当てはめると英文を「正しく」理解できます。しかし「for all …」はこの「方程式」が一時的にはあてはまりません。

英和辞典で取り上げられている「for all …」の例文:
For all her ninety years, she is still hale and hearty.
この方程式を当てはめると『「彼女の90歳に向かって」「彼女はいまだ頑健で旺盛である」』となります。人間が「90歳」になれば「頑健で旺盛」であることは普通無理なので「彼女は90歳に拘わらず」の意味になると類推は出来ますが、「for all …」が「・・・に拘わらず」の意を知らないとすんなりと理解するのは難しいでしょう。後付けで納得するには「彼女が90歳であるということのあらゆる面(all)に向かって考えてみて」ということでしょうか。

Kazuo Ishiguro の When We Were Orphans に出てくる例文:
However, for all my caution, I can bring to mind at least two instances from school that suggest I must, at least occasionally, have lowered my guard sufficiently to give some idea of my ambitions.
ここでは「それほど用心していたのに」の意。

「for」が接続詞として使われる場合は「(理由を表して)というのは」の意になりますが、これも知らないと「正しい」日本語を対応するのが難しいです。
For nothing is impossible with God. (というのは神には不可能なことはないからです)。

「・・・にも拘わらず」の「・・・」の部分に「名詞」を使う場合には「despite …」「in spite of …」「after all …」「notwithstanding …」も使えます。「despite」は「軽蔑」、「spite」は「悪意」の意もあります。「despite」の語源は「looking down on」ですから「軽蔑」の意で使われるようになったのはよく理解できます。しかし何故「・・・にも拘わらず」の意になったのでしょうかね。

最後に前置詞としての「for」の使われ方を辞書から抜粋してみました。
a train for Osaka(大阪行きの汽車→厳密には「大阪の方に向かう汽車」)
start for Kyoto(京都に向かって出発する)
What is this knife for? (このナイフは何に使うのか)→目的・用途
I’m waiting for the bus. (私はバスを待っているんです)
Milk is good for your health. (ミルクは健康によい)→(…のために)利益
What can I do for you? (何にいたしましょうか)
Let’s save some money for emergencies. (非常時に備えてお金を貯めよう)→準備。 emergenciesを否定的なイメージで捉えるならforでなくてagainst。
Are you for or against the plan? (その計画に賛成か反対か)→支持
Can I make an appointment for 5 o’clock? (5時に予約できますか)→特定の日時に
What will you give me for my birthday?(誕生日には何をくれるの?)→…を祝って
stay for a month(1ケ月滞在する)→「...の間」(時間の流れを指差している)
I’m speaking for my classmates. (クラスメイトを代表して話をしています)→代理
exchange yen for dollars(円をドルに交換する)→交換
a good place for (a) camp(キャンプに向いた場所)→適合
one divorce for every four marriages(4件の結婚に対して1件の離婚)→割合
It’s too early for supper. (夕食には早すぎる)→…にしては
不定詞の意味上の主語を表わす→ It is very important for him to be more patient.(彼がもっと辛抱強くなることは非常に重要である)
known for .... (…で知られている)→…の理由で
For that matter, I apologize. (その件に関しては誤ります)→…については
for all ..... (…にもかかわらず)

英語―徒然なるままに(8)

「much」という語は日本語を対応させようとすると苦労する語の1つだと思います。

(1)「much better」は殆ど日本語化しています。意味は「ずっとよい」。
(2)「much the best」は「the very best」と語順が異なっていますが意味は「断然一番よい」です。しかし、著者は「much the best」という表現をアメリカで聞いた記憶はありません。小さな子供は時として「the bestest」と口にします。著者も意識的に使ってみましたが気持ちは伝わるようです。「much the best」は一種の成句として捉えるのがベストかも知れません。

以上(1)(2)のように「much」が形容詞・副詞の比較級・最上級を修飾する場合は「ずっと、はるかに」の意味になります。

(1) ところが「much the same」はどうでしょう。E-Gate によれば「(muchは) like, the same, as … など似ているあるいは同一であることを表す語句の前につける」、意味は「殆ど」。「much」は普通「多くの、たくさんの、多量の(形容詞)」「非常に、とても(副詞)」の意だと理解されているでしょうから、「much the same」を「殆ど同じ」と日本語に置き直すのは難しいものがあるでしょう。

In much the same bold spirit, I rapidly absorbed the other gestures, turns of phrase and exclamations popular among my peers, as well as grasping the deeper mores and etiquettes prevailing in my new surroundings.
上記は Kazuo Ishiguro の When We Were Orphans の一節です。「殆ど」は「almost」「nearly」「practically」「about」「virtually」等でも表すことができます。ですから、ここは「almost the same bold spirit」と表現することもできそうですが、作者が「much」を選択したのは何故でしょうか。著者にはそれを解説できるだけの英語力はありませんが、これらの語達に比べて「物凄さ」の度合いが大きいように感じます。

訳すのに難しい「much」の使い方例:
make much of … : ・・・を重大であると考える
So much for today. : 今日はこのくらいにしておきましょう
much as … : ・・・であるけど
much less … : (否定文を受けて)ましてや・・・でない
not so much A as B : A というよりはむしろB
Archives
記事検索
livedoor プロフィール

eigoakahige

Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ