「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

英語

イギリス英語とアメリカ英語

所謂「イギリス英語」と言われるものはイングランドの、しかもロンドンを中心にして使われているものでイギリス英語全体を表すものではありません。同様に「アメリカ英語」と言われるものは、東はニューヨーク・ワシントンから始まってシカゴを通り西はサンフランシスコ・ロサンジェルスに至るアメリカ中西部で使われている英語を指し、ニューイングランド地方(中心都市はボストン)で使われる「ニューイングランド英語」や所謂「南部英語」までを代表している訳ではありません。

イギリス英語とアメリカ英語の違いについては沢山の本もでていますので、ここでは取り上げませんが「r の発音」についてのみ触れます。

世間に流布している「イギリス英語は r の後に母音がなければ発音しない」「アメリカ英語は全てのr を発音する」というのは一種の誤解です。イギリスのスコットランドやイングランドの南西部の方言では全ての r は発音されます。一方アメリカのニューイングランド地方ではr の後に母音がなければ発音しません。英語を母語とする国でもr を発音するところと、しない所に2分されるのです。

イギリス英語から分離・独立したアメリカ英語の発展を外観します。

英語が最初にアメリカ大陸に持ち込まれたのは1607年。主にイングランド西部出身者が南部のバージニアにたどりつきジェイムズタウンと名付けた植民地を開拓しました。次に1620年、主にイングランド東部・南部を出身地とする清教徒たちが宗教的な迫害を逃れるべくメイフラワー号に乗って北部のマサチューセッツ州のプリマス付近に辿りつき植民地を作りました。

17世紀の後半以降、イングランド中部・北部出身者が多かったクエーカー教徒(キリスト教プロテスタント)がペンシルベニアにやってきました(ペンシルベニアでは今もクエーカー教徒が多い)。こうして17世紀にはイングランド各地からアメリカ大西洋岸の各地へと移民・移住してきました。

18世紀の半ばになると、スコットランド系のアイルランド人がアメリカ中部に渡りました。彼らは持ち前の進取の気性により更に西の辺境地に分け入って、後の西部開拓の推進力となりました(スコットランドの標語は「我に触れて無事に帰るものなし」)。アメリカの植民地時代は1790年の独立宣言をもって終わりました。ここまでがアメリカ英語の形成期と言えます。

1861−1865が南北戦争。19世紀半ばにはアイルランドのジャガイモ飢饉(この飢饉でアイルランド人口の少なくとも20%が餓死および病死、10%から20%が国外へ脱出ました)、ドイツの革命(1848年。ウイーン体制の崩壊)を契機に両国からの移民がアメリカに殺到しました。

19世紀後半からは北欧、中欧、南欧からの移民が大量にアメリカに押し寄せ、英語も他民族の言語と混合しながら内陸部へと広がっていきました。著者はニューヨークで下宿していましたが、大家さんの出身はアイルランドでした。移民当時食べていくためには警官になるか裁判官になるかしかなかったと言っていました。また、ウイスコンシン州の工場をお邪魔したことがありますが、ドイツ出身者が多く非常に真面目で皆定年まで働くようでした。

第一次世界大戦以降は国力を増したアメリカの言語であるアメリカ英語が世界各地へと広がり、現在に至っています。

イギリス英語とアメリカ英語との違いは発音・語彙の違いに加えて「アメリカ英語の方が合理的」と言えそうです。例えば「through」を「thru」で済ませる。発音と綴字をできるだけ一致させるのも合理主義の現れとみることもできます。

イギリスにおける規範文法の誕生

昔渡部昇一氏が「規範文法はイギリス人の英語に対するコンプレックスから生まれた。拠って立ったのが理性と慣用である」という趣旨のことを書いておられたことを覚えています。

初期近代英語期と言われる時代(1500年―1700年)はイギリス・ルネッサンス期と重なります。1588年にイングランドがスペインの無敵艦隊を破ったのを皮切りに、1607年にはイングランド人によるアメリカの植民地ジェイムスタウンが建設されました。この時期シェイクスピア(1564年−1616年)が現れエリザベス朝の文芸の絶頂期を体現しました。

このように国威が発揚されてくると自国語である英語を誇らしげに思うようになると同時に、歴史的には夫々勝手に使われてきた英語の「正しさ」みたいなものが意識され始めます。1066年のノルマン征服以降フランス語の影響を受けてフランス語からの借用語は大幅に増えましたが、彼らが文法的に意識したのは主としてラテン語でした。この時期の復興趣味に合わせて教養ある人たちを引きつけたのは、英語に比べて文法的に洗練されたラテン語の威信は高まっていたのです(ラテン語は既に完成された言語でした)。裏を返せば彼らには自国語に対する自信がなかったのです。これが、渡部昇一氏が言うところの「規範文法はイギリス人の英語に対するコンプレックスから生まれた」ということでしょう。

しかし、当時の英語は既に屈折が衰退し、ほとんど消滅していたのでラテン語の文法をそのまま真似する訳にはいきませんでした(ラテン語は屈折語)。ここから「英語の文法はどうあるべきか」の大論争が200年も続きました。英語の「あるべき姿」をめぐっての大論争です。

「あるべき姿」=「規範」の拠り所は何か?考え方は,大きく二つに分かれました。

一つが「理性」です。18世紀は秩序と規範を重んじる「理性の時代」でもあったことが背景にあります。例えば「between」の語源は「by two」だから「2つの間」にしか使えない、という主張です。また、二重否定によって否定を強調するのは「マイナスXマイナス=プラス」で論理的には肯定になるので駄目というものです。これには国王が,場合によっては英語もろくに話せない外国人だったこともあり、時の知識人の多くが社会の上流階級がしゃべる英語の「慣用」に頼ることはできないと判断せざるをえなかったという事情もあるようです。

一方で,それでも「慣用」を拠り所にした文法学者たちもいました。彼らはシェイクスピア等の大文豪の書いたものや社会の上流階級の人々が使う英語を参考とし、粘り強く著作によって世の人々にアピールを続け,18世紀後半は両陣営の出版合戦となりました。

その競争の中から生まれてきたのが,いわば「理性」と「慣用」の折衷案でした。そして現代の慣用文法の祖となったのがリンドリー・マレー(1745−1826)の文法書でした。出版は200版を重ねているそうです。皮肉にも彼は文法学者ではなく和解調停を得意とした法律家でした。イギリスでは1800年頃になってようやく現代英語の基礎となる文法が確立したのです。英文法に「例外」が多いのは、このように「理性」と「慣用」の妥協物だからです。

一方アメリカではノア・ウエブスターが「言語にせよ政府にせよ、自分たち独自のものが持てるという事はこの上なく名誉なことだ」という信念でアメリカ語の辞書編纂を続けました。これが下敷きになって語彙だけでなく、発音・文法でもイギリス英語から独立して独自の進化を遂げています。現在は国力の差もあってアメリカ英語がイギリス英語に逆に随所で影響を与えている面もあると言われています。

イギリス人が最も忌まわしいと思っている文法の間違いベスト5

著者のような年配者にとって我慢ならない日本語文法の誤りNo. 1 はコンビニ用語の「1000円からお預かりしました」であろう。

同じようにイギリス人にも忌まわしいと思っている文法の間違いがあるようだ。
1986年にBBCが行った視聴者アンケートで最も忌まわしいと思っている文法の間違いベスト5をご紹介する(「英語史で解き起こす英語の誤解」 p127)。

1. between you and I ⇒I ではなく me とすべし。
2. to suddenly go ⇒to と動詞の原形の間に副詞を入れてはいけない。
3. 「彼女だけを見た」をI only saw Jane. ⇒I saw only Jane. とすべし。
4. none of the booksを複数で受ける⇒単数で受けるべし。
5. different to ⇒different from とすべし。

英語を母語とする人達のかなりの人が日常このような「誤り」を冒しているのかと思うとほっとするところもあります。著者なりに「誤り」の原因を探ってみます。
1. betweenは前置詞。前置詞の後には名詞・代名詞の目的格を持ってくるべし、というのが規範文法。しかし、「you and I」(あなたと私)は主語として頻繁に用いられるのでセット化されていて「between you and I」という「誤り」を生んでいるのではないでしょうか。
2. は「分割不定詞」と呼ばれているものであり、権威あるイギリス人が書いた英文法書でも「好ましくはないが」としているが許容しています。話者にとっては「suddenly go」は心理的には切り離せません。著者は生徒に教える時は注意もしません。
3. 何故だか著者には分かりません。
4. 直前に「the books」が出てくるので複数で受ける心理はよく分かります。
5. differentの反対語は similar。この場合の前置詞は「to」。different⇒何と違うの?という意識が働き「指差すイメージ」の「to」で違和感がないのでしょう。因みに米語では「than」。

英語の語彙構造

我々の日本語の語彙構造は次の様に層別することができます。
1. 和語(日本本来のことば)
2. 漢語(漢字音からなる語)
3. 外来語(漢語を除く外国語で日本語に用いるようになった語)

例えば「女の子―女子―ガール」「髪の毛―毛髪―ヘアー」「昼飯―昼食―ランチ」「薬屋ー薬局―ドラッグストア」「宿―旅館―ホテル」。

英語は歴史的に非常に多くの言語と接触する内に、その言語たちから借用する形で語彙を増やしてきましたので日本語のように綺麗には分けられないと思いますが、今まで取り上げて来たように、 ̄儻賈寨茲慮贏叩即ち古英語に遡るもの■隠娃僑暁のノルマン征服によって以降多大な影響を与えたフランス語を語源とするものルネッサンスを契機に古典が見直された結果取り入れられたラテン語・ギリシャ語をルーツにもつものの3つに分けることができます。

類義語辞典(thesaurus)というものがあります。アメリカの秘書たちはボスのために沢山の手紙のドラフトを作りますが、その際参照するのが類義語辞典(thesaurus)です。英語では同じ単語を繰り返し使うのを嫌う傾向があるため他の言い回しを検討するためです。著者の手元にあるthesaurusで「ask」(「尋ねる」の意で)を引いてみました。次のように出ています。
ENQUIRE (INQUIRE)
query
want to know
question
interrogate
quiz

上記の語源と初出を調べてみました。
ask:古英語、12C以前
ENQUIRE (INQUIRE):ラテン語、13C
query: ラテン語、17C
(want to know)
question :古フランス語、14C
interrogate: ラテン語、15C
quiz:語源不詳、18C

次に「inquire」を「尋ねる」の意で類義語辞典(thesaurus)を調べると、
ASK
make inquiries
question someone
request information
と出ています。ここから「ask」「inquire」「question」間ではほぼ代替が可能であることが推察されます。

「英語史で解きほぐす英語の誤解」では次の例を挙げています。 ̄儻賈寨茲慮贏叩即ち古英語に遡るもの■隠娃僑暁のノルマン征服によって多大な影響を与えたフランス語を語源とするものルネッサンスを契機に古典が見直された結果取りいれられたラテン語・ギリシャ語をルーツにもつものの順です。辞書によっては△吠類された語の起源をラテン語としているものもありますが(例えばvolume)、それらはフランス語を経由して英語になったものです。
尋ねる:ask – question – interrogate
本:book – volume – text
美しい:fair – beautiful – attractive
しっかりした:fast – firm – secure
敵:foe – enemy – adversary
助け:help – aid – assistance
王の:kingly – riyal – regal
上がる:rise – mount – ascend

大雑把に言うと、昔からの英語は我々に取って易しく且つ短音節が多い、フランス語経由のものは2音節以上が多い、ラテン語・ギリシャ語をルーツに持つ言葉は威厳がある感じです。

英語話者は様々

従来、学術の世界では英語話者について次のような区分をしてきました。
1. 母語としての英語話者
2. 第二言語としての英語話者
3. 外国語としての英語話者

1の主なのは英米人。
2は歴史的な経緯(例えば、かって植民地だった国)で母語と共に英語が公用語の1つとして使用されている国で英語が中級程度でしゃべれる人。インド、パキスタン、バングラデシュ、フィリッピン、ナイジェリア、ケニアなど。詳細は昨日のブログに書きました。
3は戦略的言語として英語教育を位置づけている国で英語が中級程度でしゃべれる人。日本、韓国、中国、ロシアなど。

人口的には1+2+3で約16億人であることは前に書きました。そして1がその25%、2が25%、3が50%です。3が圧倒的に多いことに注目です。世界の凡そ4人に1人が英語を操るのです。英語話者は様々ですが、話者の数だけでなく地域の広がりをかんがえれば、やはり英語は世界共通語だと著者は思います。中国語はまだ使用国が30程度で英語の100以上に比べれば未だ世界共通語だとは言えません。

しかし、上記モデルは英語、米語が中心で英語、米語の価値が一番上という思いを持たせます。

1でも英語しか話せない人もいれば他の言語も同等に操れる人もいます。2は英語を含めて2カ国以上操れる人達のグループですが、英語は母語ではありません。そこで最近は次のようなモデルも提示されています。
(1) 英語以外の言語を話さない英語話者。最近のアメリカ人は知りませんが、昔のアメリカ人の大半はこのグループに属します。禁止用語ですが「アメリカ人は乞人でも英語をしゃべる」です。
(2) 英語を含めて2つ以上の外国語を母語並みに操る人々です。私の息子と娘はこのグループに属します。
(3) 母語ほどは堪能ではないが英語を用いる話者。著者はこのグループに属すると思います。
従来のモデルよりポジテイブな印象を与えます。著者はこのモデルの方により親近感を感じます。
Archives
記事検索
livedoor プロフィール

eigoakahige

Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ