「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

コラム

言葉は不思議―what が人間を指すことが出来る場合がある

学校で「what は先行詞を含む関係代名詞。 the thing that の意」と習いました。

しかし「私が見たのは・・・」とか「あなたが必要としているのは・・・」という場合には、文脈さえキチンとしていれば「・・・」の部分に「人間」を持ってくることも出来ます。

(1) 家の犬が盛んに吠えているので何だろうと思って外を見た場面:
What I saw was a little boy wearing a baseball cap.

(2) 友人から愚痴を聞いている場面:
What you need is a caring wife.

(1)は「私が見た人は・・・」では使えませんし、(2)は「あなたに必要な人は・・・」という場面では使えません。(1)(2)が使えるのは聞き手が「人間以外のものを想定できる」場面だからです。(1)では他所の犬とか(2)ではお金とかです。人間しか想定出来ない場面では使えません。

関係代名詞の非制限用法では先行詞が「人」の様にみえても「which」が使われることがある

次の2つの英文では「who」「which」のどちらが選択されると思いますか?
(1)I hear that John married a blonde, who/which Mary is not. Therefore, he couldn’t have married Mary.
(2)This loan program is for first-time buyers, who/which you don’t seem to be.

正解は(1)(2)共「which」です。なお、関係代名詞の非制限用法では that は使用不可。

なぜ「who」ではなくて「which」なのかを理解するには先ず次を理解して下さい。
例えば「I was looking for a doctor.」は2つの意に解釈できます。
どんな医者でもいいから1人の医者を探していた。
自分の頭の中には特定された医者を探していた。(the が使われないのは、相手とまだその医者について情報が共有できていないと思うから)

しかし、次のように情報を追加すると,△ハッキリします。
I was looking for a doctor, and one was found in the neighboring town.なら 
I was looking for a doctor, but he was nowhere to be found.なら◆
の場合はI was looking for a doctor, and one was found in the neighboring town.と「a doctor」が「one」で受けられていて「the doctor, he, she」とすると意味が変ってきます。このような場合には「who」で受けるのは不可です。△両豺腓砲蓮he」を「the doctor」に置き替えれますので「同一の」医者になり「who」が使えます(I was looking for a doctor, who was nowhere to be found.)。即ち「同一人物」である時にのみ関係代名詞の非制限用法では「who」が使えるということです。関係代名詞の非制限用法では、関係代名詞の前に必ずカンマを入れます。カンマがあるということは、そこで一旦送られて来る絵が中断するということです。日本語では「そして・・・」が当てはまります。I was looking for a doctor, who was nowhere to be found.は「私は(特定の)医者を探していた、そして彼はどこにも見当たらなかった」のイメージになります。自然な日本語では「そして」ではなく「しかし」となるでしょう。

最初の正しい英文である「I hear that John married a blonde, which Mary is not. Therefore, he couldn’t have married Mary.」は次のように考えると納得できます。
Mary is a blonde. の「a blonde」はMaryの1つの属性を表している。この場合「a blonde」を代名詞で受ける場合「Mary is her.」と受けることが出来ず「Mary is it.」と無生物で受けることになります。 先行詞が無生物扱いになるから、関係代名詞の非制限用法では先行詞が「人」の様にみえても「which」で受ける。

I like a girl who is beautiful. は所謂「関係代名詞の制限的用法」ですので「私は特定の美しい女の子が好きだ(具体的な顔を思い浮かべています)」の意。
I like a girl, who is beautiful.の解釈は微妙です。具体的な顔を思い浮かべていれば「私は1人の女の子が好きだ、そして彼女は美しい」。単に女の子の顔を思い浮かべていれば「私は女の子が好きだ、そして女の子は皆美しい」のニュアンスとなります

疑問代名詞 who / which / what の不思議な性格

昔の英和辞書に比べて最近のそれは随分と親切になりました。

例えば、ジーニアス英和大辞典で「who」を引くと、「疑問代名詞 whoは主語として用いられる時は通例単数扱い」と書いてあります。著者が1967年に購入したコンサイス(今も後生大事に持っています)にはこのような親切な注はありませんでした。

テーブルの上に、いつもより2人分多い食器がセットされているとしましょう。誰の目にも今夜の夕食には2人のゲストが来ることは明らかです。それでも「誰が来るの?」と尋ねる場合は「Who is coming to dinner tonight?」と動詞は単数に合わせます。「Who are these people?」の「Who」は補語(主語はthese people)ですので正しい文です。

何故「who」にはこのような不思議な性格があるのでしょうか?色々な理屈をつけることは可能ですが、結局は言語習慣だと思います。上記の例の場合、日本語でも「誰と誰が来るの?」という尋ね方もあります。「誰」という言葉が「1人ののっぺらぼうの顔」を思い浮かべさせるのかも知れません。

まだ著者の英和辞典には書いてありませんが、疑問代名詞 which / whatも同じで「主語として用いられる時は通例単数扱い」です。「共和党と民主党とで、どちらが勝つでしょうか?」という場合「the Republicans」「the Democrats」ともに複数形ですが実際の会話では次のようになります。
A: Which is going to win, the Republicans or the Democrats?
B: The Democrats are.

ノーサイド!

ラグビーの試合終了の合図である。意味は「敵・味方に分かれての戦いをやめろ!」。ラグビーの世界では、戦いが終われば敵も味方もないという美しい伝統があるようだ。

しかし、英語的には、この表現は古いもので今では日本でしか使っていないそうだ。「フルタイム!」が使われているとのこと。こちらの方は「試合時間満了!」で、味も素っ気もない。

美しく響く言葉はどこでも美しい。世界ラグビー協会も「No-side!」を「閣議決定」したら?
ついでに、ハーフタイムは「撃ち方やめ!」でどうだろうか。ラグビー人気の急上昇請け合い(笑)。

同じ名詞が主語で使うなら適格で、目的語で使う場合は不適格になる場合があるのは何故か

An apple is a fruit.(適格)
I like an apple.(不適格)

An apple is a fruit.の「An apple」は所謂「総称の a/an」と言われているもので「リンゴは」の意になります。「リンゴは果物の1種類です」の意になり、違和感はありません。

しかし、同じ「an apple」でも目的語になると「総称の a/an」というルールは適用されません。単数名詞に「a/an」がつけられるのは「a/an」を「one(1つの)」で置き換えることが出来る場合のみです。I like one apple.(「私は1つのリンゴが好きです:」は一般通念上おかしいので不適格だということです。

「総称の a/an」は一般的には主語の時だけ適用できます。その理由は、主語は「・・・は」の意味になるので、その主語の恒常的な状態や、習慣的な動作を表す(「・・・は・・・です」「・・・は・・・します」)ことができるからです。「・・・は・・・です」「・・・は・・・します」は全く自然です。
Archives
記事検索
livedoor プロフィール

eigoakahige

Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ