「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

英語ワンポイントレッスン

Dear My Friend

我々日本人は、手紙の書き出しで「拝啓」にあたる部分は「Dear Sir [Madam; Mr. A; Mrs. A; Miss A」だと思っているフシがあります。辞書をよく読めば「米ではmy のつかないこの形が親愛の情が深く、My dear … は形式的、英では反対になる」(The New Century)と書いてありますので、正式には「My dear Mr. A」のように書きだすべきだと分かります。

しかし、余りにも「Dear …」に慣れてしまったので、これに「拝啓」を当てはめ「・・・」の部分に宛先を書けばよいと思い込んでいるのだと思います。第39回(1997年)日本レコード大賞「優秀作品賞」受賞作の1つも「Dear My Friend」のタイトルでした。

明治大学マーク・ピーターセン教授によると、Dear My Friendというのは、存在しえない英語であり(2013年4月「実践 日本人の英語」P.27)、不気味な感じさえするそうです。

「dear」は「拝啓」の意ではなく。「高価な、大切な、かわいい、いとしい、親愛な」の意を持つ「形容詞」です。一方「my」は「所有形容詞」で「代表的な限定詞(名詞の前につけて、その名詞概念の該当する範囲を限定する語)」の1つです。「a」「the」「my」「this」「these」等も皆「限定詞」です。これらの限定詞は必ず1つだけ、しかも「形容詞+名詞」の前に持ってこなければならないというルールがあります。「a my friend」は不可なので「a friend of mine」のように言う必要があります。

このルールに照らせば「Dear My Friend」は「英語的」には不可で「My Dear Friend」と言う必要があります。映画の名作「My Fair Lady」は正しい語順です。

「Dear My Friend」は、実はもう1つ日本人の気がつきにくい問題点を内包しています。「限定詞」はそれが付く「名詞の範囲を限定」します。「Friend」は単数ですから、「名詞の範囲を限定」するためには必然的に「私の友だちは1人しかいない」ことが前提になります。「My Friends」とすると「私の複数の友だちたち」の範囲を限定することになります。そうすると論理的に「私の複数の友だちたち全部」を指し示すことになります。このことをマーク・ピーターセン教授が26年前に「日本人の英語」で指摘されたときには日本中の熱心な英語学習者に衝撃を与えました。最近は英語の勉強をしている人が広く知るところとなりましたが、日本語にはないルールですのでついついミスを犯してしまう可能性はあります。「the」も「my, your, his, her, our, their 等の所有形容詞」も多少意味のニュアンスが異なりますが基本的には同じ使い方です(所有形容詞はあくまでも直接的に「所有」を意味するのに対しthe は「特定する意識」だと理解しておけばよいでしょう)。

成句

「成句」という言葉が使われている英和辞書もあるとおもいますが、「2語以上の結びつきが習慣的に固定し、ある決まった意味を表す句」のことです。日本語では「腹を割る」「目が高い」等。

今、I”VE GOT YOUR BACK というテニス関係の本を読んでいることは前に書きました。今日読んだ、原本ではたった10行の中の「成句」をご紹介します。この本の著者は “Winning Ugly(恰好悪く勝つ)” というベストセラーを書いた元プロ・テニスプレーヤーの Brad Gilbert です。彼はコーチとしても有名です。

The pro tour was a great way of making a living . I had no complaints then; I have none now. But the tour was anything but a love fest. So how did I get to be Mr. Positive?
Well, for one thing , most of the time I wasn’t playing McEnroe and Lendl. In early days as a pro, all the beginning of the eighties, I was up against guys who, like me, were just getting started. All of them were really fine players who, for one reason or another , never came close to becoming household names , for one reason: They didn’t stick around .

 make a living」:純粋な成句ではありませんが、「living」を使った例文に取り上げられています。「make」は「(材料に手を加えて)何かをつくる」イメージです。「living」は文字通り「生きていること」を意味しますが、このイメージが発展して「生活」「生計」「賃金、収入」等の日本語が対応します。この2つが合わさって「生計を立てる」の意。
◆anything but」:ここの「but」は前置詞で「・・・以外」の意。「・・・以外は何でも」→「・・・だなんてとんでもない」というような意味になります。ここの文は全体で「しかし、ツアーは愛の集いなんかでは決してない」のような意になります。
「for one thing」:「(気持ちが)1つのことに向かっては」→「(理由を説明して)1つには」。
ぁup against」:「up」は基本的には「上に」のイメージを持つ言葉ですが(ここでは副詞)、「上への運動」のイメージを応用して「出現」「動作の終了」「動作の仕上げ」などの意にもなります。「against」は「・・・に対抗して」のイメージを持つ前置詞です。「up against」は「・・・に対抗して現れる」イメージになります。ここでは文脈から「(対戦相手として)ぶっつかる」イメージとなります。
ァfor one reason or another」:上記から「どういうわけか」という意味になります。
Αhousehold names」:これも純粋な成句ではありません。「家庭の名前たち」→「有名人」のイメージになります。
Аstick around」:「stick」は「くっつく、執着する」。「around」は「・・・の周囲に」のイメージです。ここでは「ツアーの周囲にくっついている」→「ツアーに固執してツアーをやめない」イメージになります。

我々がなかなかつかえないようなネイテイヴ・スピーカーの英語の使い方

今、I”VE GOT YOUR BACK というテニス関係の本を読んでいます。今日読んだ6ページの中にも「オヤッ」という箇所が4か所あったのでご紹介しましょう。

(1)Andre played Boris Becker.
意味は勿論「アンドレ(アガシ)はボリス・ベッカーと対戦した」。この「play」を他動詞として使う場合には、我々は “play the piano” “play tennis / cards” のように目的語には「物」「事」しか使えないような気がしますが、このように「人」を持ってきて「・・・と対戦する、・・・と試合する」の意味でも使えることを辞書で確認しました。

(2)I’m tired of you being on me.(あなたが私にかまうのにうんざりした)
動名詞の使い方では、文法書では次のように書かれています。このブログの「英文法」の項でもそのように説明しました。
『動名詞の意味上の主語が、文の主語と異なる場合には表現しなくてはならない。
He insisted on my paying the check. (彼は私に勘定を払えと主張した)。
She was getting used to queer things happening. (彼女は妙なことが起きることに慣れてきていた)。
意味上の主語が代名詞の場合はその所有格、そうでない場合は目的格を取るのが普通です』
ここでは意味上の主語(you)が代名詞ですが、その目的格(you)が使われています。

(3)There were about five rain delays over two-day period.(2日間でおよそ5回の雨
による中断があった)。「前置詞+数詞」が1つの形容詞として使われています。この意味で英語の「形容詞」の並べ方は日本語と同じです。

(4)Starting and stopping is always tough on the body.(試合を開始し途中でやめるのは体にきつい)。この「on」は「対象(・・・に対して)」の意味でつかわれています(tax on cars = 自動車に対しての税、an attack on the enemy = 敵に対しての攻撃)。「on」は「・・・に接して」が基本のイメージですので何れも「直接」という意味合いになります。

「学校へ(に)行く」か「学校行く」か?

英語の基礎力が未だ十分でない人が「英作文」するときの典型的な間違いと、どのようにしてその間違いに気づかせるかの授業例をご紹介する。

「彼は学校へ(に)行った」を英語に訳す場合、”He went school.” として、間違いに直ぐには気がつかない人たちが結構いる。そういう人たちに「彼は学校行った」という日本語はおかしいか、おかしくないかと質問すると大抵は「おかしくない」と答える。彼らの頭の中は「彼は=he」「学校=school」「行った=went」だから、語順を変えて「彼は=he」「行った=went」「学校=school」という道順を辿るものと推定される。

そういう人たちに「そのペン机の上ある」という日本語はおかしいか、おかしくないかと質問すると全員「おかしい」と答える。「そのペン机の上ある」はどうかと聞くと「正しい」と答える。その上でこの日本語を英語に直させると “The pen is on the desk.” と前置詞を「机」の前に持って来る。

そこで、著者は授業の際には、この日本語の「に」に相当するのが「on」であり、この感覚は全ての前置詞に当てはまることを説明し、理解してもらう。

更に ”He went school.” は「主語+動詞+名詞」であることを確認させる(辞書でschool には「学校へ(に) 」「学校」という意味での副詞の使い方はないことを確認させる)。そして英語では、動詞の後に何も言葉がなければ「名詞を」「動詞する」という意味になるので、この文は「彼は学校行った」の意味になると説明。そうすれば「彼は学校を行った」は全員おかしいと言う。

次に “there” を辞書で調べてもらう。そうすると「そこ 」「そこ 」という訳語があり「そこ」に「に」「で」がついていることを確認。このような「に」「で」がついている単語が「副詞」であり、品詞を意識することの大切さを実感してもらうのである。

ここからが一番肝要なことであるが、「だから日頃から(品詞を意識して)日本語を大切に使って下さい」でダメ押し。独断と偏見で言わせてもらえば「国語力と英語力は比例している」のである。

昔、どこかの大学の英語の先生が、英語の大切なきまりをクラス全員が間違いなく正しく使えるようになるには全部で200回同じことを言わなくてはならなかったということを何かに書いておられた。教える立場にある者は、このこともしっかりと頭に入れて対処しなければならない。

“pick up” と “pick out”

日本人がよく間違える使い方の1つが “pick up” と “pick out” である。

WBCの候補選手33名から5名がふるい落とされ、28名が残った。原監督が「5名を落としたのではなく、28名をピックアップした」と発言し、NHKの字幕も「28名ピックアップ」の大写しだった。和製英語で通用しているから、特に問題にする必要はなかろうが、英語的には間違いである。

“pick up” は通常「を拾い上げる」「を車で迎えに行く」「景気が上向く」の意味で使われ、「選出する」意味の場合は “pick out” が使われる。

「28名ピックアップ」はバスで選手を迎えに行って、28名を乗せたイメージ。
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ