「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

自習帖

Set ‘national knowledge’ goal(17)

いずれにせよ金の要る改革だが、高校授業料の無料化にかかる予算を転用すれば、まったくむりな話でもないだろう。何ごとにも抜本的な改革を標榜する新政権に期待して、これは私が夢見るささやかな提案である。

My proposals for education reform would be costly. Nevertheless, they should not be too difficult to realize if the proposed initiatives were financed by what would otherwise be appropriated for eliminating high school tuition. I made these proposals due to my expectations for the new government, which advocates fundamental reforms in just about everything.

日本語の「金の要る改革だが」という表現には主語が明示されていませんが、英語では主語が欠かせません。そのため「私の教育改革に向けての要求」を主語としています。このシリーズの最後に「日本語」と「英語」の極めて大きな違いの一つが明確な形で出てきました。

語彙説明:
reform: 改革
costly:高価な、費用のかかる
nevertheless:にも拘わらず
otherwise:さもなければ
appropriate:を充当する
eliminate:を取り除く
tuition:授業料
due to :・・・のために(because of, owing to の意味でも使われる)
expectation:期待
advocate:を擁護する、を支持する、を主唱する


「日本語」と「英語」の表現方法の違いに焦点を当てた今回の自習帖シリーズは今回で終了です。明日から1月4日までは毎日「昭和史」を取り上げ、英語の教材については1月5日から掲載を再会します。

今日はクリスマス・イブ、そして明日はクリスマス(主の降誕)です。幼な子イエスを最初に見たのは、昼も夜も羊の世話をしていた(社会的な地位は低い)羊飼いたちでした。救い主が生まれたと聞いて「あとで見に行くよ」といわないで、すぐかけつけました。人のために何かできますように。

Set ‘national knowledge’ goal(16)

そのうえで義務教育段階で、そのすべてを習得することを生徒に文字通り義務づけることである。習熟度別のクラス編成も不可避だろうし、到達度試験を大学ではなく中学で行う必要もあるだろう。いまの世の中で落第や卒業不許可は乱暴だというのなら、仮進級、仮卒業後に生徒が落とした教科を取りに戻る制度をつくることも考えられる。

Based on a newly set national minimum criterion, students should be obliged to completely master all courses of mandatory education. Inevitably, students would have to be separated into classes in accordance with their achievement levels. Furthermore, middle schools instead of universities would perhaps be required to conduct placement tests. If people consider it too harsh in today’s world to have failing students stay on in the same classes or withhold graduation certificates, it is conceivable to adopt a system in which failing students will be allowed to move to new grades or graduation conditionally upon their taking the required units afterward.

日本語の「そのうえで」は、英語では「新しく設定された国の最低基準に基づいて」と内容を説明しています。

語彙説明:
criterion:基準、尺度
be obliged to :・・・する義務がある
mandatory:必須の
inevitably:必然的に
in accordance with:・・・に従って
achievement:達成、業績
placement test:クラス分けテスト
harsh:厳しい、残酷な
failing:欠点、失敗
withhold:を差し控える、を与えずにおく
graduation certificate:卒業証書
conceivable:考えられる、想像できる
adopt:を採用する
conditionally:条件付で

Set ‘national knowledge’ goal(15)

必要なのは専門家の検討と、国民合意の結集を急いで、今日のナショナル・ミニマムが何であるかを、あらためて決めることである。それがたぶん「読み書き、算術」であることは、ギリシャ以来の伝統から見てほぼ確実に推察できる。

It is necessary for us to determine anew what “national minimum” of knowledge the nation ought to acquire. To that end, we should expedite debate among experts and reach a national consensus. Looking at history as far back as the ancient Greeks, it can be presumed with a measure of certainty that such a national minimum will probably be reading, writing and arithmetic.

日本語の「必要なのは専門家の検討と、国民合意の結集を急いで、今日のナショナル・ミニマムが何であるかを、あらためて決めることである」は、英語では「専門家の検討と、国民合意の結集を急いで、今日のナショナル・ミニマムが何であるかを、あらためて決めることが必要である」という表現になっています。

語彙説明:
anew: 新たに
acquire:を手に入れる、を習得する
expedite:を促進する
consensus:(意見などの)一致
the ancient Greeks:古代ギリシャ人(全体)
presume:推定する
a measure of certainty:ある程度の確かさ
arithmetic:算数

Set ‘national knowledge’ goal(14)

それにしてもすべての前提になるのは、国民の基礎学力の充実である。常用漢字の読み書きがおぼつかなく、分数の足し算ができない大学生がいるというのは、議論以前の問題だろう。すでに新聞のトップ記事を読み通す根気がなく、そのことを恥ずかしげもなくテレビで口にする社会人もいる。いわゆる活字離れも読書離れも、多くは国語能力の不足に起因しているように見えるのである。

Above all, the prerequisite for all possible approaches is an improvement of this country’s basic scholastic ability. While the case of students who can hardly write common kanji characters or calculate fractions are the exception, we occasionally see some adults saying on TV with no touch of shame that they no longer can be bothered to read through major newspaper articles. Obviously, the lack of Japanese-language proficiency is largely to blame for a growing tendency among people to lose interest in reading materials.

日本語の「それにしても」は英語では「even so」が当てはまる場合もありますが、ここでは文脈から「なによりも、とりわけ」と訳されています。

日本語の「すべての前提」は英語では「すべての可能性のあるアプローチのための前提」と内容を詳しく述べています。

「議論以前の問題」は、英語では「例外」と訳されています。

語彙説明:
above all:なによりも、とりわけ
prerequisite:必要条件、必須条件
basic scholastic ability:基礎(の)学力
fractions:分数
occasionally:たまに
a touch of:わずかの
shame:恥
no longer:もはや・・・ない
can’t be bothered to do:・・・する気になれない、わざわざ・・・したくない
obviously:明らかに
lack:不足
proficiency:熟達、技量
largely:大いに、主として
blame:とがめる
tendency:傾向

Set ‘national knowledge’ goal(13)

しかし勉強は嫌いだが勤勉であり、各種の手仕事に優れている若者を国が援助しないのも、同じく不公正ではないか。現にほとんどの手仕事の職場は後継者を切望しているし、料理や美容ファッション関係など、若者の側が憧れる手仕事も多い。不景気で経営者に養成の余裕のない状況下では、国がこの分野に教育クーポンを出すのも一案だろう。

However, it is equally unfair for the state to do nothing in support of those youngsters who are not enthusiastic about school studies but diligent and excellent in various arts. In fact, almost all workplaces seeking people who are good with their hands are seriously looking for young workers capable of learning from veteran craftsmen. There are many manual labor-based professions, such as cooks, beauticians and fashion designers, that young people yearn for. As employers find it difficult to spare the time to train young people due to the recession, why doesn’t the state offer certain educational coupons for them?

日本語では「不公正ではないか」と一応疑問形を採っているが、英語では「不公正である」と断定しています。

「後継者」は英語では「ベテランの職人から習う能力のある若い労働者」と意訳されています。

「教育クーポンを出すのも一案だろう」という日本語は、英語では「教育クーポンを出したらどうか」という表現になっています。

語彙説明:
enthusiastic:熱狂的な
diligent:勤勉な
art:技術
in fact:事実
workplace:仕事場、職場
seek:求める
look for:を探す
capable:有能な
craftsman:職人、熟練工
manual labor:手仕事
profession:職業
yearn:あこがれる
spare:を割く
recession:不況
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ