「社会人のための英語回路構築トレーニング自習帖」著者のブログ

Thank You for Visiting Me! 「英語赤ひげ先生」による「知っている英語」を「使える英語」にするための「理論」と「教材」を一挙に無料公開しています。

センター試験

センター試験(英語)

2011年度の文法・語彙問題および解説の後半を転載します。力試しに挑戦してみて下さい。今回も、正解だと自信がない場合の正解確率を上げるテクニックも併せご紹介します。TOEIC受験時にも応用できます。

次の問い(問6−10)の(13)−(17)に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の 臭い里Δ舛ら一つずつ選べ。

問6 The puppy at the rescue center looked happy to have been (13) by the little girl.
choice choose chose chosen

「have been (13) by the little girl」ですから現在完了で受け身と判断されますので(13)には過去分詞が来ます。最初これに気がつかなかったとしても選択肢を眺めていたら choose chose chosenと並んでいるので気がつくハズです。正解

問7 “Why did Jack quit the job?”
“He wanted to (14) his dream of opening his own café.”
come true increase make sure realize

選択肢の意味:
come true:(・・・が)本当になる
increase:を増やす
make sure:確かめる
realize:を実現する→正解は

his dreamの前に前置詞がないので、his dreamは(14)に入る動詞の目的語となり「彼の夢を(14)」となりますので、これに合った選択肢を選ぶことになります。かいと迷うことはあるかも知れませんが、「make sure」は「make sure of/that …」の形で使われます。,蓮His dream of opening his own café came true.」のように使います。△痢嵌爐量瓦鯀やす」はオカシイと感じるハズです。

問8 In my school, when a (15) teacher is absent, another teacher teaches the class instead.
common different regular retired

選択肢の意味:
common:共通の
different:異なる
regular:いつもの
retired:定年退職した→正解は

「absent」は高校学習語ですので大抵の方は意味を覚えていると思います。「・・・の先生が欠席する時は」の「・・・」の部分に合う選択肢を選ぶことになるので、△鉢い禄外出来るでしょう。,いは迷うかも知れませんが「レギュラー」という日本語は定着しているので最後には正解を選ぶと思われます。

問9 “Going through all the steps to adjust the brightness of my computer screen is a real nuisance.”
“Well, why don’t you do it the easy way? Just press this key. That’s the (16).
shortcut shortened shorthand shortsighted

選択肢の意味:
shortcut:近道
shortened:短くされた
shorthand:速記
shortsighted:近視の→正解は

(16) の前に定冠詞があるので「名詞」が来ます。↓い蓮屐ed」から「形容詞」と推定されるので除外できます。

問10 After many years of war, the country has just lost much of its power. (17), its influence should not be underestimated.
 Even so Even though So Thus

選択肢の意味:
Even so:たとえそうでも
Even though:たとえ・・・でも(従属節で使われる)
So:それで
Thus:このようにして→正解は

正しい接続詞は文脈で決まってきますので、出題文の意味が十分理解できないと正解は無理です。出題文の意味がよく分からない場合には、時間をかけることなく、神さまにお祈りをしてから選んで下さい。

センター試験(英語)

今年のセンター試験問題と解説を掲載したところ訪問者が急増。皆さまの関心が高いことが判明したので2011年度に引き続き2010年度の文法・語彙問題を2回に分けて転載します(前にも2010年度の英語センター試験全部について解説したことがありますが、文法・語彙問題シリーズとして再度取り上げました)。力試しに挑戦してみて下さい。今回も、正解の自信がない場合の正解確率を上げるテクニックも併せご紹介します。TOEIC受験時にも応用できます。

次の問い(問1−10)の(8)−(17)に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の 臭い里Δ舛ら一つずつ選べ。

問1 “Have you handed in the English assignment?”
“No, but I’m halfway (8) it.
across around over through

選択肢のイメージ(前置詞):
across:・・・を横切って(→英語の宿題を横切って)
around:・・・の周りに(→英語の宿題の周りに)
over:・・・を覆うように上に、・・・を超えて(→英語の宿題を覆うように上に)
through:・・・を通りぬけて(→英語の宿題を通りぬけて) → 正解は

「halfway」は「・・・の間の/・・・への/・・・の中間で、途中で」の意味ですので前置詞として相性がいいのは「between/to/through」です。「halfway」の意味を知らなくても「half(半分)」「way(道)」ですからイメージは湧くハズです。そうすると「途中で」の意であろうと類推出来ます。この「途中で」と上記のイメージを組み合わせれば正解になる確率は高いです。

問2 I have to get my computer pass renewed because it (9) tomorrow.
activates conceives expires interferes

選択肢の意味(自動詞):
activates:活発になる
conceives:思いつく、妊娠する
expires:期限が切れる
interferes:じゃまをする → 正解は

「expires」の意味を知らない場合には、知っている選択肢を先ず消去して、残りの中から神さまにお祈りしてから選んで下さい。

問3 Is it possible for you to postpone today’s meeting (10) next Wednesday?
by in on until

「postpone(を延期する)」の意味を知らなくても「today’s meeting」「next Wednesday」から「来週水曜日に延期する」「来週水曜日に変更する」のイメージは湧くハズです。

選択肢+「next Wednesday」のイメージ:
by:来週水曜日までに
in:曜日に「in」は使えません
on:来週水曜日に(その日に何かするイメージ)
until:来週水曜日まで → 正解は

問4 I was talked (11) buying a big car by my sister.
about away from out of to

受け身形ですから、能動態に直すと「My sister talked me (11) buying a big car.」となります。「talk」は通例「自動詞」で使われ、このように「他動詞」で使われることは少ないので難しい問題です。「talk music」なら「音楽の話をする」と類推できますが、目的語が「人」ですので「talk someone out of doing」という形で「人を説得して・・・するのをやめさせる」という意味に使われるのを知らないと苦戦するでしょう。

選択肢のイメージ:
about:・・・について
away from:・・・から離れて
out of:・・・から外に
to:・・・まで → 正解は

問5 If I hadn’t broken up with Hannah last month, I (12) going out with her for two years.
had been have been will have been would have been

選択肢から「時制」の問題だと判断出来ます。「If-節」が過去完了になっているので「もし・・・でなかったならば」のイメージになります。正解はぁこのことを知らなくても、「If-節」が過去完了ですので↓はあり得ません。,い料択なら誰でも通例い鯀択するでしょう。

センター試験(英語)

2011年度の文法・語彙問題および解説の後半を転載します。力試しに挑戦してみて下さい。今回も、正解だと自信がない場合の正解確率を上げるテクニックも併せご紹介します。TOEIC受験時にも応用できます。

次の問い(問6−10)の(13)−(17)に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の 臭い里Δ舛ら一つずつ選べ。

問6 At our local health clinics, the doctor will only see you by (13).
appointment approval reputation resolution

選択肢の意味:
appointment :指名、約束、予約
approval:承認
reputation:評判
resolution:決意、決議 → 正解は

選択肢の単語の意味を知っているかどうかの問題です。「アポを取る」は日本語になっていますので、類推は簡単でしょう。

問7 Some people find (14) difficult to economize on mobile phone costs even when times are hard.
everything it that things

「it … to …」構文を問うているなと気がつけば正解です。正解は

「it … to …」構文だと気がつかない場合の選択肢の検討:
Some people find (everything) difficult to economize on mobile phone costs :「あらゆることが難しいことが分かる、携帯電話にかかる経費を節約するために/すること」
Some people find (it) difficult to economize on mobile phone costs :「それが難しいことが分かる,携帯電話にかかる経費を節約するために/すること」
Some people find (that) difficult to economize on mobile phone costs :「あれが難しいことが分かる,携帯電話にかかる経費を節約するために/すること」
Some people find (things) difficult to economize on mobile phone costs :「物事が難しいことが分かる,携帯電話にかかる経費を節約するために/すること」
不定詞の「名詞的用法」「形容的用法」「副詞的用法」を知っていれば正解に辿りつきます。

問8 I’ve finished writing my application. Who am I (15) to give it to?
announced applied pointed supposed

「be supposed to(・・・することになっている)」の成句を知っていれば正解 → 正解は

知らない場合は消去法を使います。次の3つは常識的に不可だと気がつくハズです。
announced:アナウンンスされている
applied:適用されている
pointed:指し示されている

問9 All the children in the family will (16) for the New year’s holidays.
crowd form gather set

選択肢の意味(自動詞として):
crowd:群がる
form:形を成す
gather:集まる
set:沈む → 正解は

問10 My brother loves baseball. He’s an enthusiastic, (17) not a gifted, player.
as if or so

「if not(・・・でないとしても)」の成句を知っていれば正解 → 正解は

選択肢の日本語でのイメージ:
as:等価性を表す→giftedではないので
if:もし・・・ならば→もしgiftedでないならば
or:または→またはgiftedでない
so:それで→それでgiftedでない

通常 or soはオカシイと思うでしょう。「as」か「of」のどちらかということになります。それだけで正解の確率は50%にアップします。

センター試験(英語)

今年のセンター試験問題と解説を掲載したところ訪問者が急増。皆さまの関心が高いことが判明したので2011年度の文法・語彙問題を2回に分けて転載します。力試しに挑戦してみて下さい。今回は、正解だと自信がない場合の正解確率を上げるテクニックも併せご紹介します。TOEIC受験時にも応用できます。

次の問い(問1−10)の(8)−(17)に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の 臭い里Δ舛ら一つずつ選べ。

問1 Dad, if my grades improve by the end of the term, would you mind (8) my allowance?
raising rising to raise to rise

選択肢の意味:
raising:を上げること(他動詞)
rising:上がること(自動詞)
to raise:(これから)を上げること
to rise:(これから)上がること → 正解は

「mind」が次に「…ing」の形を取ることと「raise」と「rise」の違いを知っていれば正解になります。

このどちらも知らない場合には、先ず選択肢の形から「…ing(動名詞)」か「不定詞」を問う問題だとは極めて容易に判断できます。「不定詞」は基本的に未来志向ですので大抵「これから・・・すること」のイメージになります。「mind」が「・・・を気にする」という意味だと知っていれば「・・・」のところは未来志向の「不定詞」を持ってくるのは通例は不自然です。「raising」か「rising」かに迷ったら、「raise」か「rise」を使った語句を思い出してみて下さい。 “The sun rises in the east.(太陽は東に昇る)”「(ソフトボールの)ライジングボール」 “early riser(早起き)” 等は全て自分が動くイメージですので自動詞とその応用です。以上について全く手掛かりがなければ、「…ing」の形を選択してください。何故ならば「…ing」の形を取る動詞は極めて少ないので試験ではそこを突いてくることが多いからです。

問2 “I’ve been (9) on weight recently.”
“You should exercise more and eat better.”
carrying increasing putting reducing

選択肢の意味:
carrying:運んでいる
increasing:増やしている
putting:位置させている
reducing:減らしている → 正解は

「put on」が「を身につける、(速度・体重など)を増す」の意であることを知っていれば正解。

知らない場合には、先ず問題と選択肢から「on」が前置詞なのか副詞なのかを判断して下さい。大抵の前置詞は副詞としても使えるからです。ここでは選択肢が全て他動詞ですから次に前置詞は不要ですので副詞だと判断できます。従って、この問題は “I’ve been (9) weight on recently.”と同じです。

「eat better」は「健康に良い食事をする」イメージになりますので、「運動をして」「健康に良い食事をする」ならば通常「太る」と考え「reducing」を選択してしまうかもしれません。しかし、そうすると「on」が余ってしまうので不正解。「carrying」「increasing」を選択しても同じく「on」が余ってしまうので不正解。“I’ve been (putting) weight on recently.”ならば「私は重さを位置させている、(体に)接して」とかろうじて意味が取れるので、選択できるでしょう。

問3 Kenji told me his trip to London was wonderful. I wish I (10) in that program.
had participated have participated participate will participate

時制を問う定番問題。「過去の願望を表すにはI wishの後は過去完了形」を使います → 正解は

上記のことを知らなくても、「Kenji told」で過去の話しですから have participated participate will participateの選択は通常あり得ません。出題者の意図とは別のところから正解に容易に辿りつきますので、余り良い問題とは言えないでしょう。

問4 The house look like rows of tiny cardboard boxes when you look out of the window of a plane in (11).
flight flowing flown flyer

選択肢の意味:
flight:飛ぶこと
flowing:流れるような(形容詞)、流れること(動名詞)
flown:fly(飛ぶ) の過去分詞
flyer:空を飛ぶもの、ちらし → 正解は

「flight」は既に「フライト」と日本語になっているので、ほとんどの方が正解になるハズです。「in」は、ここでは前置詞ですから、この後には名詞または動名詞が来ます。従い、は自動的に不正解。を消去するだけで、理論的な正解率は25%から33%にアップ。

問5 The fans waited outside the door in the hope (12) catching sight of the movie star.
for of to with

選択肢の日本語でのイメージ:
for:・・・に向かって
of:・・・の
to:・・・へ
with:・・・と一緒 → 正解は

日本人の感覚から通常 to withはオカシイと思うでしょう。「for」か「of」のどちらかということになりますが、「the hope」と定冠詞が使われていることに注目。大抵、その後は「of」です(「of」は前後の語句が直接関係あることを示す語ですので、前の語句が後ろの語句で修飾されるという意識が働き、定冠詞が採用されます)。

センター試験(英語)

今年もセンター試験が始まった。英語については昨年と同様の出題形式。文法・語彙問題を転載します。力試しに挑戦してみて下さい。

次の問い(問1−10)の(8)−(17)に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の 臭い里Δ舛ら一つずつ選べ。

問1 Some companies have (8) a new policy of using English as the official in-house language.
absorbed accompanied adopted appointed

選択肢の意味:
absorbed :を吸収した
accompanied :と一緒に行った
adopted :を採用した
appointed:を任命した → 正解は

問2 Could you show me how to make my mobile phone ring differently, (9) who’s calling me?
depending on in spite of on behalf of relying on

選択肢の意味:
depending on:・・・次第で
in spite of:に拘わらず
on behalf of:に代わって
relying on:を頼って → 正解は

問3 Ms. Bell is stuck in a traffic jam. The important meeting will have finished by the time she (10).
arrives may arrive will arrive will have arrived

時制を問う定番問題。「未来を表す副詞句は動詞の現在形」を使います → 正解は

問4 We had the microwave, the toaster and the heater all (11) at the same time, and the circuit breaker switched off.
in on up with

選択肢の持つイメージ:ここでは副詞として使われています。
in:空間の中で
on:接して(→電気が器具と接して→スイッチが入って)
up:上に
with:一緒に → 正解は

問5 Mr. Brown looked over the cliff and found he was standing at the edge of a (12) drop.
circular cubic horizontal vertical

選択肢の意味:
circular:丸い
cubic:立方体の
horizontal:水平の
vertical:垂直の → 正解は

問6 You can apply for this overseas program on the (13) that you have a letter of recommendation from your teacher.
condition limitation requirement treatment

選択肢の意味:
condition:条件
limitation :限界
requirement :要求
treatment:取扱 → 正解は

問7 “I heard Daiki’s sisters are twins. Have you met them?”
“No, I haven’t met (14) of them yet.
each either every neither

選択肢の意味:
each:各々、めいめい(2つまたはそれ以上の人・物について用いる)
either:(2つのうち)いずれか、(否定文で)(2つのうち)どちらも(・・・でない)
every:あらゆる、ことごとくの(形容詞としての使い方しかない)
neither:どちらも・・・ない → 正解は

問8 You should not let your personal emotions (15) in the way of making that important decision.
stand standing to be stood to stand

「let+目的語」の後には動詞の原形が来ます → 正解は

問9 “Which girl is Shiori?”
“The one (16) had a chat with a moment ago.”
I myself that who

選択肢の検討:
“The one I had a chat with a moment ago.”: The oneの後に関係代名詞の目的格が省かれていると考えれば正しい文。
“The one myself had a chat with a moment ago.”: myselfは主語にはなれない
“The one that had a chat with a moment ago.”:that が主語になりwithの目的語がない
“The one who had a chat with a moment ago.”: whoが主語になりwithの目的語がない → 正解は

問10 After he joined the travel agency, he worked hard to improve his English in order to carry (17) his duties more effectively.
away back off out

carry+選択肢の意味:
away:を運び去る
back:を元に戻す
off:を勝ち取る、の命を奪う
out:を外に運び出す、を行う、を遂行する → 正解は
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ